---スポンサードリンク---

ある日母親が九州の実家から関東の俺の家まで訪ねてきた。遠くから来た親をいたわることもせず、無愛想な俺、ホントにバカだ。掃除、洗濯・料理を作り山ほど食糧を置いて母は帰郷した。バカ息子は見送りもしない。仕事から帰宅した俺は母の手紙を見つけた。

母の泣ける話ください
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/healing/1207538844/

34 :癒されたい名無しさん:2008/05/29(木) 23:35:03 ID:rZkqVRAH

15年前の話です。

今でもそうだが人付き合いの苦手なオレは、
会社を辞め一人で仕事を始めた。
車に工具を積み、
出張で電気製品の修理や取付の仕事。

当時まだ携帯電話は高価で 
俺は仕事の電話をポケベルに転送し、留守電を聞いて
お客さんに連絡するという方法しか取れなかった。
生活さえギリギリだった。

ある日 母親が九州の実家から
関東の俺の家まで訪ねてきた。
遠くから来た親をいたわることもせず、無愛想な俺、ホントにバカだ。
俺を心配し、掃除、洗濯 料理を
作り山ほど食糧を置いて母は帰郷した。
バカ息子は見送りもしない。

仕事から帰宅した俺は母の手紙を見つけた。
「仕事頑張って下さい、少しですがこれで
携帯電話でも買って声を聞かせて下さい。」
手紙にはお金が同封されていた。
手紙を手に俺は、わあわあ泣いた。 

カメラやメールなんて出来ない。
メモリーも50件しか入らない初期の電話。
でもこの電話にどれだけ助けられただろう。
俺には最高の宝物。

母の日に電話を送った。ちゃんとお礼をいわなければ。
「おかあさん どうもありがとう」と。




---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2015/09/26 11:41 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

私と母を捨てて、新しい家庭を持って幸せに暮らしていた父が、今更になって身勝手な理由で会いたいと言って来た。

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1269921696/
265: おさかなくわえた名無しさん 2010/04/18(日) 18:51:23 ID:tACPx/dA
小学生の頃に両親が離婚して、私は母に引き取られたんだが
30歳越えた今頃になって父が会いたいとか言ってきてウザい。
もう1人暮らししてその連絡先教えてないんで、母の所に父から連絡が入る。
私は会いたくないんで母から断ってもらってると
「なんで〇〇ちゃんは僕に会いたくないとか言うんだろう?」と言うので
「そんなの、あんたが父親らしいことを何一つしてこなかったからでしょ」
と母が答えたら黙りこんでしまったそうだ。
私の武勇伝じゃないけど胸はスーッとした。ありがとう母。




---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2014/02/21 18:24 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

私が幼稚園くらいの時から浮気してる母。最低だし汚らしいと思うのに、優しい母が大好きな私

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1382503072/
親や兄弟姉妹の事で相談したいです その23
291 :名無しさん@HOME : 2013/11/10(日) 08:56:49.43
私が幼稚園くらいの時から浮気してる母。
最低だし汚らしいと思うのに、優しい母が大好きな私。
矛盾しすぎてておかしくなる
恨み辛み怒り呆れ、全部あるのに なんで好きなんだろう
大っ嫌いなのに 何で好きなんだろう
自分が分からない
辛い目にあって欲しい 一人で死んでいって欲しい
でもそんなの可哀想
美味しいお弁当 病弱な私の看病
優しい優しいお母さん
だけど 毎朝8時にする甘ったるい声の電話
クリスマスも私の誕生日も男のところに行くお母さん

笑える、自分頭おかしい
チラ裏ごめんなさい

---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2013/11/12 17:26 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

子供の頃、たまに母がおやつにフルーツサンドイッチを作ってくれた 缶詰のフルーツじゃなくて毎回旬のフルーツで、切り口もすごく綺麗だった

チラシの裏@801板 五百十二枚目
pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1374253846/

396 :風と木の名無しさん:2013/07/23(火) 23:52:12.82 ID:Vn9cDG6/0
子供の頃、たまに母がおやつにフルーツサンドイッチを作ってくれた
缶詰のフルーツじゃなくて毎回旬のフルーツで、切り口もすごく綺麗だった

でも子供の頃の自分はフルーツサンドがイマイチ好きではなく、
文句こそ言わずに美味しいと言って食べてたが、食べるスピードや作ってと
ねだる事が一回も無かったことで母には「それほど好きでは無かった」
とバレてはいたんじゃないかなと今では思う

成長するにつれ自分の味覚が変わったからかフルーツサンドが好きになって行ったが、
母がおやつを作ってくれる事自体が高校からは無くなった。部活で帰りが夕飯直前とかになるから

でも土日は作ってくれて、ごくたまーにフルーツサンドを作ってくれることも有った
そのころは大好きでバクバク食べてたのが懐かしい

もうそれから十数年経って、甘党の旦那にリクエストされてたまにフルーツサンドを作る
自分で作るようになって母のフルーツサンドが絶品だったのに三十路超えて今更気付いた

それと作ることの手間さが凄い。普通のお菓子作るより大変
果物から水分出さないようにやさしく切ったり、クリームの泡立て加減やパンに水分を
染み込ませない工夫、作成後の切り口の美しさとか…そもそも缶詰じゃないからお金も結構かかる

自分は母に愛されてたんだなあと改めて思った

で、毎回毎回自分の作るフルーツサンドはイマイチで、夫は
美味しい美味しいと言って食べてくれるが、作るたびに試行錯誤だ
母に聞くにもとっくに鬼籍でレシピとか見様見真似だったし

でも今日作ったのはかなり母の味に近かった!
パンに水分対策で薄ーく塗ってたのを、バターからヌテラに変えてみたらまさにこの味
一番最初に湯銭で柔くしたチョコにしたら甘すぎて違かったんで、ずっとバターだったんだよね

これからももう少し試行錯誤してみよう
お母さんいい思い出をありがとう

---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2013/09/30 18:15 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

お母さん、お姉ちゃんと30年ぶりに親子水入らずで楽しく過ごしてますか?

嗚咽
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=973086841


634: 大人の名無しさん 2001/06/21(木) 21:44
私には、私が生まれる前に亡くなった姉がいます。
写真と位牌でしか会ったことのない姉。
両親と姉の墓参りのついでに母の実家に寄った。伯母が
「あなたのお母さん、あなたのお姉ちゃんが亡くなってから
 あなたが生まれるまで一度も里帰りしなかったんだよ。
 同じ年に生まれた私の子を見るのが辛いって電話で言ってた」
と言った。はじめてきいた話だった。
帰り道、高速を走っている最中とつぜん泣けてきた。
路肩に止めてわぁわぁ泣いた。
お母さん、お姉ちゃんと30年ぶりに親子水入らずで
楽しく過ごしてますか?
お父さん、お母さんとお姉ちゃん、よろしくね。
私と弟はこっちでがんばってます。

---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2013/08/14 17:50 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

数年前、第二子を流産した。悲しくて母に気持ちを吐き出したら衝撃的な告白をされた

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1371342293/
今までにあった最大の修羅場 £86
709 :名無しさん@HOME : 2013/07/31(水) 21:52:11.15
数年前、第二子を流産した。
初期の初期だったから医学的にはよくあることだと頭ではわかっていたけど、
ものすごく悲しかった。
母(実家遠距離)に電話して気持ちを吐き出していたら、母がいきなり泣き出して
「私も流産経験あるから気持ちがわかるわ。
あんたにはお兄ちゃんがいたのよ。六か月だった。

 お 父 さ ん と 結 婚 す る 前 の 話 だ け ど 」

って言われた時の自分の脳内が修羅場。
母が実はバツイチだったのか、それとも未婚の母になりかけていたのか、
怖くて確かめられない・・・

---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2013/08/01 19:30 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)

夫がハライタだのごはんだのとふいふいいなくなっていたのに、母はずっと付き添ってくれてて、医師らが体に悪いと叱るまでトイレにも立たなかった

陣痛の最中言ってしまった言葉!【15言目】

762: 名無しの心子知らず 2010/03/29(月) 02:10:29 ID:dNQOGGip
微弱陣痛で42時間苦しんだ。

最初はよくある雄叫びをがおーっとあげてたけど、なんだかどっかを境目に急に冷静になった。

夫がハライタだのごはんだのとふいふいいなくなっていたのに、母はずっと付き添ってくれてて、医師らが体に悪いと叱るまでトイレにも立たなかった。

それで突然偉大なる母親の愛情みたいなものを見ている気がして頭が冷えたのね。

---スポンサードリンク---

Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
[ 2013/07/18 15:20 ] お母さん | TB(0) | コメントする(0)
最新記事
スポンサードリンク
毎日更新


a href=/ul