fc2ブログ

---スポンサードリンク---

戦後、昭和30年代らしいが、評判の良い降霊師がいたので自宅に呼び、伯父を呼び出してもらった。 祖母としては一言詫びたかったそうだ。

◇ 心霊ちょっといい話VER.4 ◇

685 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :03/01/07 21:15
実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。
俺の伯父に当たるわけだが、戦前に幼くして亡くなった。
今で言うインフルエンザだと聞いたように記憶しているが、ともあれ、貧しい我が家では医者にも診せられなかった。
祖母にとっては、それが心残りでならなかったらしい。

戦後、昭和30年代らしいが、評判の良い降霊師がいたので自宅に呼び、伯父を呼び出してもらった。
祖母としては一言詫びたかったそうだ。

伯父が降りたとたん、降霊師は土下座せんばかりになり、
「親よりも早く死んだ自分はとんでもない親不孝者です」と言い、ひたすら泣き続けた。
祖母は詫びるどころか言葉を失い絶句してしまったが、一緒に居た近所のばあさんが降霊師に声をかけた。
「お前さんが亡くなって、食い扶持が減ったから、他の兄弟は病気にもならずに大きくなれたんだよ」


686 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :03/01/07 21:16
降霊師は顔を上げ、祖母に本当にそうなのかと尋ねた。
祖母は、子供を一人養子にでも出さないと食っていけないと本気で考えていたと打ち明け、申し訳ないと泣き出した。
当時、祖母は2人の子持ち。その頃としてはむしろ子供が少ない状況だったが、貧しさはそれ以上だった。
降霊師は「兄弟が養子に出ないで済んだのなら自分の命など惜しくありません」と告げ、
祖母と抱き合っておいおい泣いていたそうだ。
祖母は、伯父に対する後ろ暗さがこれで消えたと言っていた。

降霊師などというとインチキ臭いものだが、この話を聞いて以来、
インチキだから悪いとか、そんな気はすっかり無くなってしまった。
無論、この降霊師がインチキだったなどと言うつもりはない。
関連記事


---スポンサードリンク---

△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul