FC2ブログ

---スポンサードリンク---

私たち女3、男3のグループは近所の幼なじみで、周囲の同級生がすでに男女の隔たりを感じていて壁を作っていたなかでも最後まで男女混合で遊んでいたグループだった。それが男子のたわいない嘘をきっかけに完全崩壊した。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395364489/
友達をやめる時 inOpen
877 :名無しさん@おーぷん : 2014/12/14(日)20:17:31 ID:8en

友達をやめたと言うか、
男女の間に壁ができたきっかけという話をさせてください。

当時仲のよかった私たち女3、男3のグループは
いわゆる近所の幼なじみで、
周囲の同級生がすでに男女の隔たりを感じていて
壁を作っていたなかでも
最後まで男女混合で遊んでいたグループでした。

そんなある日曜のこと、いつものように
一番お家の広い男子Aの家に招かれて遊んでいたときです。

Aが「どうしても自慢したいことがある」的なことを言い出し、
ファミコンのスイッチを入れました。

男子は3人みんなファミコンが大好きなのですが、
私たちは興味がなく正直またか・・・と思っていました。

どうせハイスコアが出たとか難しい場面をクリアしたとか、
そういうことかなと思っていたのですが、
どうもそうではなく、
Aは自慢気に「このキャラクターを自分が描いた」と言い張るのです。

当然ながら女子一同でシーン。

いくら知識がなくてもゲームというものは
大きな会社が作っていることは知っていましたし、
一小学のこどもが関われるはずもなく、
唯一つてのありそうなA両親の勤め先も
まったく関係がないのも知っていたので、
瞬時にウソだと見抜けました。
第一、このAの絵はお世辞にも上手いとは言えないもので、
テレビの中で忙しく動くそれを
Aが描いたとはとても思えなかったのです。




---スポンサードリンク---


ここまでならいつもの男子のくだらないウソ、
で片付くのですが、
男子たちは食い下がりました。
男子BCもグルのようでした。

私たち、特に男勝りな女子Bが先頭に立つように応戦し、
「証拠は~」「すぐばれるウソを~」
そしてBがひとしきり説教をし
「たとえ本当だとしてもそんなくだらない」的なことを言った瞬間、
男子たちは激怒しました。それも泣きながら。
私たちがどん引きしてる間にA宅を追い出されてしまいました。

A母には「ごめんなさいね、また遊んでやって」と言われてしまいました。

ケンカをすることはよくあったので、まあまたすぐ仲直りするだろう、
と半ば他人ごとのように考えていたのですが
翌日学校に行ったとき、
女子の席と男子の席が中央から大きく分けられていて驚きました。


878 :名無しさん@おーぷん : 2014/12/14(日)20:22:37 ID:8en

どうやら、最後の男女グループが崩壊?
したのをきっかけに男子が結託したようでした。

男子のリーダー的存在の子が
「ここからは男子の陣地」と言い出しました。
極端でした。あと、男子の陣地は窓側で、
教室に出入りするとき女子の陣地に入ることになるのはどうするのか、
とか半分パニックの中で考えてたのを覚えてます。

ともかくこのケンカをきっかけに
完全に男女の間に壁ができたようでした。
正直な感想を言うとご批判があるかも知れませんが、
「くだらない」と言うのが当時の素直な気持ちでした。
それまで同い年で同列だった男子が、2~3年下に見えたものです。

でも今でこそ思うのは、
彼らは自分たちの趣味に私たちを引き込んで
一緒に遊びたかったのだと思います。

けど、私たちもこどもだったので
興味ないことはとことん興味なく、
つまらないものはつまらなかったので、
もうはっきりそう言ってしまったのです。

実際にそう言ったのはBだったのですが、
完全に同意見だったので
私たちもここぞとばかりに同調していました。

自分が好きなことをバカにされるのはつらいものだと、
今ではよくわかります。
男子たちには悪いことをしたかな、と思います。

なお、ケンカ自体はそのうち自然に収まったのですが、
壁がなくなったわけではありませんでした。

他の学校のことはわかりませんが、
こう言うほうが自然だという意見も聞きました。
あの日以来、今日に至るまでグループの男子とは
必要にならない限り話すことはありませんでした。



879 :名無しさん@おーぷん : 2014/12/14(日)21:00:20 ID:vxI

いいことしたんじゃないかなー。
その男の子達は成長した時に役に立つ良い教訓を得られたと思う。
興味ない相手に自分の趣味の話を熱く聞かせるのはウザいことこの上ない、
合コンでもどん引きされる行為だと、早い内にすりこまれたろう。


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul