FC2ブログ

---スポンサードリンク---

友人Aは勘助ホイホイ。しかし悉く返り討ちにしていた。当時黒髪のストレートで、優しい顔立ちの美人。性格は大人しめ。服もスカートが多く、身長以外の見た目と雰囲気は勘助のツボをつきまくりだったと思う。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395360915/
【暴走】勘違い男による被害報告1人目【粘着】
489 :名無しさん@おーぷん : 2015/02/23(月)15:59:45 ID:r9S

大学時代の友人Aが、勘助ホイホイだった。
ただし、悉く返り討ちにしてた。

Aは当時黒髪のストレートで、優しい顔立ちの美人。
身長は170近くあって、モデルみたいだった。
性格は大人しめ。
服もスカートが多く、
身長以外の見た目と雰囲気は
勘助のツボをつきまくりだったと思う。

最初の勘助1号は、入学してすぐ現れた。

うちの大学の学生ばかりが入居しているアパートでは、
毎年先輩たちが新入生歓迎のBBQ大会が開催される。
Aと私もそこに入居したので、誘われるまま参加した。

始まって暫くは平和に、
数少ない女の子たちと話していた。

場の雰囲気に慣れてくると、
男の子や先輩たちとも話したり。
そして、勘助1号がやってきた。





---スポンサードリンク---


1号はAにいろいろ話しかけていた。
他の人が話を振っても遮る勢いで。

最初はAもにこやかに聞いていたが、
だんだん顔が引きつり出した。
1号の話は終始自分の自慢だった。

ただ、外見は残念だと自覚があったのか、
成績のはなしばかりだった。

やばいなと思って助けようとしたけど、
邪魔とばかりに1号に睨まれるし、遮られる。
すると限界に達したらしいAが反撃を始めた。

1「俺受験勉強って3年の夏から始めてさー、死ぬ程勉強したよ」

A「ふーん、私は推薦だから12月以降は暇だったなー」

1「え、推薦なんだ?」
うちの大学の推薦はあんまレベル高くない。
1号は、じゃあ勉強苦手なんだ?って見下しモードに入った。

1「俺センターの数1、9割取れたんだよね」
A「えっ、数1で9割って普通じゃない?」
1「…物理も得意で、模試でもいつも8割超えてて」
A「へー、まあ本番で取れなきゃ意味ないけどね」
1「……英語もうちの高校じゃトップクラスで、
マークだったらいつも120超えてて…」

A「マーク模試の英語で6割しか取れないとか
ショック死するレベルじゃん。7割でもやばいね。
8割9割取れなきゃ泣くね。
周りも皆そうだったけど?高校のレベル低かったの?」

1(もう折れそう)…リスニングとかも得意でさー、いつも6割以上は取れてて…」
A「リスニング?結構簡単だよね。9割とれて普通かな」
1「…」
A「あー、食べ足りないや、私ちゃん、お肉もらいに行こ」
私「お、おう」

細かい部分はあやふやだけど、
大体こんなかんじで、1号の鼻を片っ端からへし折ってた。
ぼっきぼきに心を折られた1号は、
その後Aに近寄ろうとはしなかった。

勘助2号も成績絡みの自慢をするやつだった。

英語のクラスは、入学してすぐ受けさせられた
TOEICの成績で割り振られる。上からA、B1、B2、…
で、Dクラスまで。2号は割と優秀だったらしく、

2「俺、英語のクラスB1なんだ。君は?なんなら英語教えてあげるよ」
A「いらないよ。私Aクラスだし」
2「…」

瞬殺だった。やはり2号も
その後Aに近寄ろうとはしなかった。
因みに、私はC1クラスだった。

成績が上がれば上のクラスに行けるけど、
Aクラスは授業内容がかなり違ったみたい。
B1からAに上がろうとした友人が、
Aクラスの授業に体験で出てみたけど、
「やべえ、最初から最後まで全部英語で、
日本語が聞こえてこない。無理」
って青ざめてた。


490 :489 : 2015/02/23(月)16:11:24 ID:r9S

勘助3号は、Aと同じサークルの人だった。
3号はAの彼氏にどうしてもなりたかったみたいで、
かなりしつこく言い寄っていた。

Aは同じサークルの人だから、
今までの1号2号みたいにザックリ切り捨てるのを躊躇ってた。

それをいいことに3号は毎日毎日メールを寄越しまくり、
返さなければ「なんで返事してくれないんだ」となぞの逆ギレ。

サークルの別の男の子に相談して、
やめるように説得してもらっても聞く耳持たず。
メールやSNS嫌いで友達とも用事がある時しか
メールしないようなAにはかなりストレスだったらしく、
日に日にやつれていくようだった。

そんなある日、
学食でAとお昼を取ってたら、3号がやってきた。

もう3号の中ではAと付き合ってることになっているらしく、
それを自慢するみたいに大きな声で、

「週末○○に行こうぜ、んで夜は俺の部屋で泊りな。
つかお前さ、俺がメールしてやってんだから返事はすぐに返せよ」


と言って、Aの頭を撫でた。
Aはぶちぎれた。3号の手を叩き落とし、
ものすごい勢いで罵倒し始めた。


491 :489 : 2015/02/23(月)16:22:24 ID:r9S

A「ちょっと、何触ってんの?
きやすく触らないでくれる?きっもちわるい。
つーか何彼氏気取ってんの?
わたしあんたと付き合った覚えないんだけど。
毎日毎日くっだらねーメール何通も寄越しやがって、
てめーは暇か知らねーけど
私はあんたのクソみたいな話に付き合ってる暇はねえんだよ。
んなことしてるから単位落とすんだよ。だっっせえ。」

Aが乱暴な言葉を使うのを見たのは初めてで、
かなり衝撃だった。

単位落としたのを自慢するような馬鹿とは
お付き合いしたくないの。消えてくれる?
とかとうとうとまくし立てて、
Aは食事を再開した。もう3号のことは完全に無視で。

衝撃から復活した周りの人は
3号をクスクスしだして、3号は顔真っ赤にして去って行った。
Aははずかしそうに、
「お騒がせしてすみません」と周りに謝っていた。

因みにAの成績は言葉に違わず優秀で、
学科で1位2位を争うレベルだった。

私と同じだけサークルやってバイトもやって、
いつも家でどんだけ勉強してるの、って聞いたら
「試験前位しかしないよ」と言われて落ち込んだこともあった…。

でも試験前は一緒に勉強しよう、
ってほぼ私や他の友人に対する講義になっちゃうのに誘ってくれる。

人に教えたらその分頭にはいるからって、
嫌な顔一つしない。在学中は随分助けられた。

Aは大学の3年間平均90点以上の成績をキープして、
飛び級しちゃった。

就職活動が終わってから、
Aは髪をバッサリ切って茶髪のショートに変身した。
服装もボーイッシュなおしゃれ系に変わった。

これまで勘助ホイホイ?なスタイルだったのは、
就活で黒に染め直すのが面倒で、
黒髪ショートは失敗すると野暮ったくなるから
ロングにしてただけだそうな。

髪を切って染めてからは、勘助被害は減ったらしい。
あっても前程酷いのはいなくなったとか。


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul