FC2ブログ

---スポンサードリンク---

妊娠6~7ヶ月の私さん。ドーンドーンとかバキバキとかの音でだんだん目が覚めていった。何の音だろうとカーテンを見るとやけに明るい。ヤンキーの集会でもやっているのかと思いながら恐る恐るカーテンを開けるとまさに火の海!!

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427080256/
今までにあった修羅場を語れ【その9】
374 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/06(月)00:50:10 ID:XaW

上に火事の話があったので便乗して携帯もない頃の昔話を。

その日は旦那が夜勤なので2階で一人布団に入った。

朝から降っていた雨がやみ星空になった
寒い冬の日はめずらしく北風が吹いてなかった。

11時半か12時頃だったかな、
ドーンドーンとかバキバキとかの音でだんだん目が覚めていった。

何の音だろうとカーテンを見るとやけに明るい。
ヤンキーの集会でもやっているのかと思いながら
恐る恐るカーテンを開けるとまさに火の海。

私道をはさんで建っていた
どこかの会社が持っている倉庫が燃えていた。





---スポンサードリンク---


硬直したまま数秒。
そうだ電話しないと、110番119番117番どれだっけ?
上着をひっかけて階段を降りたところで
近所の人が駆けつけてくれた。

ほっとしたのもつかの間、
倉庫の反対隣にある小さい工場に
危険物がたくさんあるので爆発したら大惨事、
そっちを手伝わないといけない
他の人もみんな工場の方に行ってる、
ひとりで心細いだろうけどがんばってね。

あと、家と倉庫の間にある車は移動しておいてね、
そう言い残して近所のおじさんは去っていった。
この時点でサイレンは鳴っていたが消防車はまだ来ていなかった。

こういうときこそ平常心にならなければ、
そうだ水、風呂おけの水を抜いてしまったけど
水をためようと蛇口をひねってから外に出た。

外に出ると火の粉が降っていた。
車から倉庫まで10Mもない。

火の粉で自分が燃えるのを防ぐために
外の水道で頭から肩まで水をかけてから車を移動した。
よし、家が燃えないように水をかけよう!

ホースで水をかけ始めると近所に住む兄嫁がかけつけてくれた。

様子を見に来たけど炊き出しをしないといけないから行くね、
他の人は工場の方を手伝っているから来られないと思う
心細いだろうけどがんばって。
兄嫁もすぐ去っていった。

このあたりで消防車による放水は始まっていたと思う。
消防車も野次馬も倉庫の前にある空き地に集まり、
すごい人だかりだったが我が家は私一人だった。
そうだ風呂の水出しっぱなしじゃないか、水を止めに行くとお湯が出てたorz


375 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/06(月)00:50:39 ID:XaW

それから火の粉が治まるまでずーーーーーっと一人で水をかけてた。

火事が落ち着いた頃義親がおにぎりもって来てくれた。

延焼しなくてよかった
怪我もなくてよかったとねぎらいの言葉をかけてくれ、
老体に徹夜は堪えるとすぐに去っていった。

結局日が昇って親戚の人が来るまでほぼ一人だった。

倉庫は全焼で鎮火したのは明け方、
お昼ごろまでくすぶっていた。

当時私は妊娠6.7ヶ月、
安定期とは言え徹夜は良くないに決まってる。

旦那に連絡して会社に休みの連絡をしてから寝ようとしたけど、
消防署の人が来たり親戚が来たり
電話がじゃんじゃん来て夕方まで一睡もできなかった。

後から聞いた話によると放火だったらしい、
灯油だかガソリンだかまいたので
数分で火柱があがるほどの勢いになったのだと。

後から家の点検したらカーポートには穴が開いて、
ベランダは黒く焦げていた。

でも家が燃えなくてよかったよ、
周りに燃えるような物がなかったのと、
雨が降って湿っていたのがよかったのだと思う。


376 :名無しさん@おーぷん : 2015/04/06(月)03:09:28 ID:PUh

>>374
死ななくて良かったですね!

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
[ 2015/04/07 09:00 ] 修羅場 | TB(0) | コメントする(0)
最新記事
毎日更新


a href=/ul