FC2ブログ

---スポンサードリンク---

近所のおじさんは着物が大好きだそうで、いつ見かけても着物を粋に着こなしている。ある日、おじさんは古いけれど状態の良い羽織を見つけた。店の人曰く、大正時代頃の羽織だそうで、殆ど着用していないのではないか、との事だった。

古物にまつわる恐い話
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1096026549/

747 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 14:30:04 ID:jGeussJo0

近所のおじさんの話。

近所のおじさんは着物が大好きだそうで、
いつ見かけても着物を粋に着こなしている。

最近はリサイクルの着物を扱うお店が増えているので、
おじさんも色々と見に行くらしい。

リサイクルと言っても、
最近はクリーニング後に販売するお店も多いそうで、
昔ほどボロいものばかりではないそうだ。

ある日、おじさんは古いけれど状態の良い羽織を見つけた。

値段も割安と思えるものだったので、
店の人に「羽織ってもいいか」尋ねたそうだ。
店の人曰く、大正時代頃の羽織だそうで、
殆ど着用していないのではないか、との事だった。

少し虫食いがあるが、目立つ場所ではないし、
渋い模様がおじさん位の年齢の人にはしっくりくる様に見えたと言う。

姿見の前でさっと羽織ってみると、そのときに来ていた着物にも良く合い、
またサイズも小さすぎず、良い感じだったと言う。

(昔の着物はサイズが小さいモノが多いそうで、
なかなかちょうどのサイズはないらしい)




---スポンサードリンク---


748 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 14:36:02 ID:jGeussJo0

おじさんは早速、その羽織を購入する事にした。
店の人に手入れの方法などを聞きながら会計を済ませた。

家に戻る途中、どの着物に合わせようか、
あの帯を締めると素敵だろうな、などと考えていると、
ふっと、その羽織を着た背の高い男性の姿が頭に浮かんだ。
おじさんは、
「ああ、この人が前の持ち主かもしれない。
 大正時代のものだと言っていたな、持ち主はもうこの世にはいないのだろう」

と思い、
「私が大切に着させて頂きます」と心の中で呟いたそうだ。

その後、その羽織を羽織るたびに、その男性の姿が頭に浮かぶのだと言う。
そして、その羽織はおじさんの友人たちにも好評で、
「いつもより男前に見える」と言われるらしい。

おじさんは「だからこの羽織はとても大切にしてるんだ」
「粗末にすると罰が当たるかもしれないね」
と笑った。


749 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 14:38:06 ID:jGeussJo0

>>747-748
怖くないけれど、不思議で素敵な話だと思い書いてみました
おじさんが大切にしているので、前の持ち主も喜んでいるんだろうな

ちなみにそのおじさん、古い着物で失敗した事も
あるのだそうです

次はその話を書きますね



750 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 14:44:58 ID:jGeussJo0

>>747のおじさんの話

おじさんはその日、フリマで
たくさん着物を売っているブースを見つけた

売っていたのは若い男性で
「これは祖父のものですが、もう誰も着ないので」
「価値もよく解からないし、古いので安くしておきますよ」

と言ったそうだ

おじさんはその中でも状態の良さそうな物、
今でも使えそうなものを何点か選んで購入した

フリマもそろそろ終了と言う所で
その男性のブースの前を通ると、男性が声を掛けてきた

「この帯、売れ残っちゃったので良かったらどうですか?」
と言って、古ぼけた帯を渡された
おじさんも「タダでもらえるのなら」と受け取ったそうだ

続くよ


751 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 14:50:56 ID:jGeussJo0

>>750の続き

二日ほど経っていつもの様に着替えていると
フリマで貰った帯が引き出しから落ちた
おじさんは「古ぼけているけれど、洗濯してみようか。
もしかすると使えるようになるかもしれないな」
と帯を広げてみた

すると、所々にシミがある。中心には一際大きなシミが。

もらった時は折りたたまれていたので気がつかなかったのだ
多分、帯をくれた男性も気がついていなかったのでは、
とおじさんは言う

おじさんは、そのシミを見た瞬間
「これは血液と、体液ではないか?」と思ったそうだ
何故そう思ったのかは解からないが、直感だったと言う

あまりいい気はしないので、洗濯は取りやめて
その帯は元のように折りたたみ、紙袋に入れた

まだ続くよ


752 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 15:00:22 ID:jGeussJo0

>>750-751の続き

その日の夜、おじさんはなかなか寝付けなかったと言う

妙にお腹が痛み、吐き気が止まらない
そのうち高熱が出た為、タクシーで病院へ行った

病院では原因不明だと言われた

おじさんは2日ほど苦しんだ後、帯の事を思い出した
もしかしてこれは、あの帯に原因があるのでは?と思い
家人に頼んで、帯を供養に出して貰った

そうする内に熱が下がったと言う

おじさんは熱が下がってすぐに神社にお清めに行った
すると腹痛と吐き気が嘘のように消えたそうだ

「多分、あの帯をつけている時に亡くなったんじゃないかな、
なんて思うんだけど、どうだろうね?」
とおじさんは話してくれた


754 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 16:35:44 ID:J3YPVZQF0

興味深い話しを有難うございます。
私も着物を着るのでよくリサイクルショップには
行くのですが、全体的に空気が重い気がします。
古布特有のカビ臭さなども有るのでしょうが、
物が無かった時代の着物への執着などもあるんでしょうね。

私も着ると気分が悪くなる古着の着物を持っています。
気に入っているので処分できないんですが、怖くて着れないです。


755 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 17:46:04 ID:353MUAnb0

戦時中、町の人は食料が足りずに
田舎へ食料を分けてもらいに行きました。

はじめはお金、でもじきにお金も底をつくと
着物や装身具など換金性の高い物を持っていくようになりました。

その時期農家の人たちは業突張り、
高価な物をほんの一握りの食料と交換していたそうです。
そうして得た財産を貯めこんで貯めこんで…

ドがつくほど田舎に質のいい骨董品が多く眠っている理由の一つは、
そういう事だよって良く行く骨董屋さんが話してくれましたが。
そういう来歴のモノって、色んな人の色んな念が篭ってそうで結構怖いww


757 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 00:11:32 ID:ryvX7Fum0

>>755
そういう家に都会からドロボーさんが来てるから痛み分けと言えなくもないかも


758 :本当にあった怖い名無し:2005/08/02(火) 08:55:39 ID:WFXkkjuR0

古着屋に行くと、コレは…って感じで血痕ついてる服とかたま~にあるしね。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul