FC2ブログ

---スポンサードリンク---

再会した小学校の同級生だった知的障害のあるNさんが自分を覚えていた…

423: 大人になった名無しさん 2005/11/21 00:05:45

消防の頃。
その学校に転校してきたばかりの俺は、わからない事があり(内容は忘れた)、近くにいたNさんに尋ねた。Nさんは親切に教えてくれた。
後で知ったんだがNさんは知的障害があり、みんなからからかわれていた。
Nさんと話したのはそれきりだった。
俺は大学を卒業し、知的障害者の施設に就職した。勤務体制がきつかったせいか、必死に毎日をこなしていて、精神的にも肉体的にも参っていた。
そんなある日、施設内を歩いていたら、「あのぅ…」と俺に声がかかった。振り向くと、そこにはおそるおそる俺に話しかけるNさんがいた。

---スポンサードリンク---
424: 大人になった名無しさん 2005/11/21 00:31:58

(Nさん続き)
「○○君よね?」と聞かれて、「うん。Nさんだよね?」と俺が言うと、Nさんは満面の笑顔になった。そのまま他愛もない話をした。Nさんは俺が関わる機会のない棟に入寮しているらしい。
その時は、覚えいてくれたのが嬉しいくらいだった。

その後、一年たたないうちに俺はその施設を辞めた。世話になった上司達も「ここの勤務体制はひどい。自分も辞める。君も若いんだから、考えた方がいい。」
そして、教員を目指しますというたて前で、職場を去った。
実際は教員になりたいわけじゃなかった。ただ目標を失ってしまっていた。

施設を辞めた次の年の正月、年賀状の中にNさんからのモノがあった。
「あけましておめでとうございます。おげんきですか?わたしはげんきです。○○くん、りっぱなせんせいになってください。N」
すごく汚い字で力強く書かれてあった。

Nさんの優しさと、今の自分の情けなさに涙がこぼれた。


その後実際に講師を数年勤めた。
そして今俺は、福祉の資格取得のため勉強している。


425: 424 2005/11/21 00:34:44

なんかよくわからない文になってしまいました。
スレ汚しスマソ。


426: 大人になった名無しさん 2005/11/21 06:22:04

>>425
まぁ、ガンガレ。
Nさんも幸せならいいな。
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul