FC2ブログ

---スポンサードリンク---

【閲覧注意】撃たれた後のクマの躯を解剖。ある学生がふくらんでいる大きな胃袋に目を付け、力任せに切り開いた。中からは壮絶な内容物がどろどろと流れ出した。阿鼻叫喚の中、必死に喉に指を突っ込む学生が……。

後味の悪い話 その160
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1448078301/

534: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 18:08:26.47 ID:IV5Fwn8+0.net

札幌丘珠事件
明治11年のある冬、札幌郊外の山中で、猟師が冬眠中のクマを見つけ、
狩ろうとするが失敗。理不尽に冬眠からたたき起こされたクマは逆上して
猟師を返り討ちにし、空腹のまま市街地を駆け抜けた。札幌警察署は
駆除隊を編成しクマを追跡するが、猛吹雪によって見失ってしまう。

駆除隊の追跡を振り切ったクマは丘珠村にたどり着き、人家を襲った。
人家といっても開拓民の暮らす簡素な小屋で、クマの襲撃にはひとたまりもなかった。
クマはまず、異変に気付いて筵の戸を開けた男を昏倒させた。家のなかにいた
男の妻は、とっさに幼い長男を抱いて逃げようとしたが、頭に爪の一撃を食らい、
子どもを取り落としてしまう。妻は頭皮をはがされるほどの重傷を負いながらも
村民に助けを求めたが、その間に男と長男はクマに食い殺されてしまった。

その翌日、クマは駆除隊によって射殺された。
射殺された後のクマの躯は、札幌農学校に運び込まれ、教授の指導のもと
学生たちによって解剖されることになった。解剖実習の最中、二、三人の学生が
教授の目をぬすんでクマの肉を切り取り、休憩時間にこっそりと火であぶって、
醤油をつけたりして食った。「クマの肉はくさい、かたい」などと言いながら。
休憩時間が終わり、ふたたび解剖が始まったとき、ある学生がふくらんでいる
大きな胃袋に目を付け、力任せに切り開いた。中からは内容物がどろどろと
流れ出した。赤ん坊の頭巾や腕、女の髪。学生はみな叫び声をあげて飛びのき、
休憩時間にクマの肉を食らった学生たちは一散に屋外へ走り、のどに指を
突っ込んでクマの肉を必死で吐き出したという。

この話で唯一後味のいい点は、夫と長男を一時に喪い、さらには重傷を負って
長い入院を余儀なくされた妻を行政が不憫に思い、彼女が再婚するまで
扶助していたというところ。




---スポンサードリンク---
535: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 19:07:20.90 ID:40PYTXZa0.net

よほど人間にイラついたようだなクマさんは
日頃から人間への鬱憤が溜まってたんだろうな


536: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 21:10:55.14 ID:In5tmnet0.net

>>534で思い出した、「メタルギア・ソリッド3」であったネタ
主人公が敵地に潜入して敵に見付からないように破壊工作を行うっていうシリーズ
3はサバイバル要素の高いシステムで、主人公が腹を空かせたりするから(怪我すると減るHPとは別に、スタミナというステータスがある)、自力で食料を調達したりしないといけない
食料は果実だったり茸だったり動物だったり加工食品だったり
食料の中には腐ってたり毒があったりして食用に適さないものもある
そんな時は味方の衛生兵(っぽい人)に無線通信で質問すれば、その食料に関して事細かく教えてもらえる

高山地帯っぽいエリアでは、野生動物としてハゲワシみたいなのが出現する
そのハゲワシを捕まえる方法は、生物の死体を餌にしておびきよせるというもの
手っ取り早い死体の用意のしかたは、敵兵を殺すこと
で、捕まえたハゲワシを殺して食べてから衛生兵に通信すると、こんな話が聞ける
衛生兵「人間の死体を食べていたハゲワシを食べたということは、つまり……」
主人公「……」

ちなみにこの話には後日談がある
敵のボスキャラの中には超能力者がいて、そいつの能力は「死者の幽霊を呼び出す」みたいな感じ
このボス戦ではこれまで主人公(プレイヤー)が殺害してきた敵キャラたちが復活して襲いかかってくる
その中に一人だけ、主人公に対してこんなことを叫んでくる敵兵がいる
「俺の肉を食った……俺の肉を食った……俺の肉を食った!俺の肉を食った!肉を食った!肉を食った!肉を食った!肉を食った!」
そいつの頭上にはハゲワシの霊が飛んでる


537: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 21:42:50.61 ID:c8btsyWNO.net

ガンジス川の魚のフライはおいしいっていうよ


538: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 21:47:11.11 ID:BeQC7l9S0.net

同じオカルト板の別のスレで
海沿いの崖から飛び込み自殺する人間が多かった年は近所の漁場でタコが大漁になるという話で
皆さんだったらそのタコ食べますかみたいな話になった時に、一人
「俺は何ら気にしないで食べますね、何食って育ったってタコはタコですから」
みたいな事を言ってのけた剛の者がいたな

この人の気がしれないと思う人には後味悪い話かも
私はなんか圧倒されて賛成も反対も浮かばなかった


539: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 22:12:56.29 ID:tBhUGMmw0.net

人糞肥料にしている有機農業の作物といっしょと考えれば


540: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 22:14:01.39 ID:40PYTXZa0.net

その男は放射性物質で生物濃縮されたタコでも食うとでも言うのだろうか


541: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 22:18:27.51 ID:W+d9+4Hg0.net

結局、どこで線を引くのかということだろう。
人は殺さないが、虫は簡単に殺せる。
そういう極端な部分でははっきりといえるが、
「では~は殺すか」という基準を探していくと、
他人とは全然違うところに線があったりする。
そのとき、「え、おまえ、なんでそれを殺せるの?」という衝突になる。
それくらいなら気にしないだろうが、
大勢の人でデータを取ったときに、自分が少数派だったらどう思うか。
人間不信になる人の気持ちが少しはわかるようになるだろう。
人間不信の多くは「自分と他人は同じ人間なのに、どうしても同じ生き物に思えない」から生じるからだ。


542: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 22:54:32.39 ID:cU3pYw5g0.net

なるほど


545: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 02:12:10.72 ID:rAUbLP3t0.net

死体食ったタコは俺なら食えるな。生前なにを食って成長しようが気にしない。


546: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 04:14:20.23 ID:AifGAoFm0.net

まぁ、魚釣りでも糸ミミズとかゴカイとかを餌にしてるんだしねぇ


562: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 04:21:56.85 ID:IDgQjZ+X0.net

>>534で連鎖的に思い出したネタいくつか

『スイチューフレンズ』という海外のコメディアニメであったネタ
本編はペットショップの水槽の中で暮らす魚たちのドタバタコメディ
エンディングでは、雌ネズミと雌ヘビの仲良しコンビが世間話をするショートコントみたいなのが毎回ある
この二匹は全く別の種族であるにもかかわらず何故か一つの檻に一緒に入れられ商品として棚に並べられている

ある日、ネズミが「他人の秘密を暴くメガネ」(または透視メガネ?)を着用し、親友のヘビを視てみる
ヘビの体内は「ネズミの白骨死体」でいっぱいだった
ヘビ「いやーん、恥ずかしい。なにが見えたの?」
ネズミ「とくに…なにも…」
END

ああ、同じ檻にいるのはそういう理由だったのか、と納得した
ネズミは売り物じゃなかった


566: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 07:42:34.09 ID:qUFDox8X0.net

>>562
ロシアのサファリパークで、虎に生き餌としてヤギをあげていたらなぜか1匹のヤギが仲良くなってしまい、
生き餌もウサギにして、虎とヤギの仲良しコンビをライブカメラで中継しているのを思い出した
現時点では後味が悪い展開にはなっていないが、さて


578: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 13:10:25.54 ID:VscbGBdm0.net

>>534
札幌市の器の大きさに感心した


554: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 20:02:36.98 ID:DwAcjY/Y0.net

ひかりごけっていう小説

ひかりごけ事件と呼ばれる、ある船の船長が遭難したときに、同じく遭難して
さきに死んだ船員の肉を食べて生き延びたという事件を題材にしているんだが、
作者は生き延びた船長に接触するでもなく、周囲でささやかれていた、「あいつは
殺していないと言ったらしいが、やっぱり殺して食ったんじゃないのか」
というような
うわさをもとにして小説を書いた。
内容としては、船長が虎視眈々と船員たちを食べることを狙って殺して食べたとか、
「自分が死んでも食わないでほしい」と頼んで死んだ船員の肉を食うとかいうものが
含まれる。この小説が発表されると、「やっぱり殺して食ったっていううわさは本当なんだ」
信じられるようになった。当の船長は、人肉食のことを深く悔いていたため、反論したところで
食ったのはたしかだと決して弁明や反論を行わなかった。

作家はなに考えて執筆したんだ




関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul