fc2ブログ

---スポンサードリンク---

大学でゼミの教授にセクハラをされ、指導教官を変えてもらった。 これから気持ちを切り替えて研究しなくちゃと思っていたんだけど、新しい指導教官が私にだけ、研究室の鍵の番号を教えてくれない。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1462368815/
スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part35

835 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)16:49:27 ID:tfi

大学でゼミの教授にセクハラをされ、指導教官を変えてもらった。
セクハラ教授には大学から注意をしてもらって、一応終わった話になっている。
これから気持ちを切り替えて研究しなくちゃと思っていたんだけど、
新しい指導教官が私にだけ、研究室の鍵の番号を教えてくれない。
元々、私を指導することになった時もすごく面倒くさそうにされていたから、
すごく気後れして直接頼めずにいる。

昨日も用事で会いに行き、後日研究室にある資料を見たいと頼みに行って、
その時に教えてくれないかなって期待してたけど、
「他の人がいるときに入って」と言われてそれ以上言えなかった。

嫌がらせされてるのかなって思うけど、セクハラの件がやっと終わったのに、
また大学に文句を言ってクレーマーみたいに思われるのが怖い。

愚痴なのか質問なのかわからなくなってしまいました。すみません…。




---スポンサードリンク---

842 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)17:24:57 ID:M8V

>>835
研究室で働いてた時、思い込みから
頻繁にセクハラ被害を訴える学生が居たんだけど、
精神疾患で通院している事もあり
「あなたの思い込みだよ」とは本人には誰も言えず、
研究室スタッフ&教授・講師の間で
「男性は絶対に彼女と二人きりになってはいけない」と取り決めて細心の注意を払っていたよ

あなたもそうでない事を祈る


845 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)17:42:06 ID:tfi

>>842
レスありがとうございます。
セクハラの方は相手方も認めて、大学からの厳重注意として処理されています。
新しい指導教官の方は、私がきちんと聞かないからいけないのかという思いと、
これまで話してきた流れから言い出しづらいという思いで揺れています。


847 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)17:49:45 ID:85k

>>842
今はセクハラパワハラが厳しいから、学生と二人きりで部屋で話す時は
必ずドアを開けるようにと指導される場合もありますね。
少なくとも、注意を受けて謝罪するくらいだから
セクハラ先生に落ち度が確認されたということなのでしょう。

>>835
先生はあなたを受け入れた限り責任があるので堂々と、
時に図々しくしていて良いと思いますよ。
それにしても、対応がなってない先生ですね。危機感がないというか。。
こういうのって今はすぐ問題になるのに。
かくいう私も教授や研究者に子ども産めない役立たずとかクズとか言われまくってたけど、
数少ない味方の先生方に助けられて卒業できたよ。
分野外でも良いから周りに相談できる先生はいない?学校カウンセラーとか。
全然クレーマーじゃないから。愚痴る相手がいるのは重要だよ。
ただ、先生と交渉できる関係にはなりたいよね。


850 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)18:14:57 ID:txy

>>845
そういう経緯だったら教官はあなたを邪険にしたいわけじゃないけど
大学からあなたと二人っきりにならないよう言われている
って可能性はないかな?


865 :名無しさん@おーぷん : 2016/05/13(金)22:29:19 ID:BFF

>>847
>>850
ID変わったと思いますが835です。
レスありがとうございます。

私も嫌がらせに違いないと思い詰めてしまっていたので、
先の方も含めて、皆さんの意見で少し気持ちがほぐれたように感じます。

研究室は教授が常駐する部屋ではなく、
ゼミの学生の会議室・資料室・居場所のような感じです。
また、すでに新しい教授からの指導は二人きりのときがありました…。
だから尚更意地悪く感じてしまいます。

でも、確かに自分の権利として、きちんと要求することも大事だと思いました。
勝手に考え過ぎず、まずはこちらから頑張って連絡してみます。
その返答次第で今後も考えて、
うまくいかなければ前回お世話になった相談員さんに言ってみようと思います。

長文になりましたが、これで一度ROMに戻ります。
本当にありがとうございました。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul