FC2ブログ

---スポンサードリンク---

次々と吐き出される支離滅裂な弱音に私はドン引き。そして一週間くらい経ったある日彼の容体は急変、救急車で搬送される事態に。さすがに驚いて駆け付けたが病床の彼は至ってピンピンしていた。「心配かけてごめん。こんな俺でも選んでくれる?」

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1467721008/
その神経がわからん!その22

349 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/20(水)13:23:04 ID:Hat

以前体の弱い男性と付き合ってた
とは言え普通より疲れやすい程度らしく特に意識する事もなかった
当時彼は28歳、非正規だけど礼儀正しく清潔感のある男らしい人で、
交際を機に正社員への目標に燃えていた

しかし関係が進むにつれ彼の本性が露わになっていった
行動や努力が嫌いで言い訳まみれ、不潔でだらしないのに他人のマナーには厳格など、
並々ならぬニート臭を発し始めた
呆れて何度も注意したがキリッとした顔で「自覚はある」と言うだけ

さらに彼は典型的ジョブホッパーだった
毎回仕事を辞めたいと愚痴ったタイミングで悪化し、退職で好転する怪しい体調が気にかかり
仮病を疑うも検査数値に異常が出てるので何も言えずじまい
「俺は体が弱いから」が彼の口癖になり、
私はどんどん冷めていき別れのタイミングを見計らうようになっていった



---スポンサードリンク---


ある日、電車内で暇なのでスマホの写真を整理していた時の事
その中にこちらの実家(田舎なので無駄に立派)が写ってる写真があったんだけど、
横でそれを見てた彼が豹変
「実は原因不明の病なんだ」
「いつ死んでもおかしくない」
「学生時代スポーツに熱中して体がボロボロ。いずれは介護状態になってしまう」
「週5勤務は体がもたない、正社員は無理」
「今朝正夢を見た。俺は数年後に死ぬ」
「でも二人なら乗り越えられる!」
「君の方が優秀だし、今の時代は女性が養えばいい」

次々と吐き出される支離滅裂な弱音に私はドン引き
そして一週間くらい経ったある日彼の容体は急変、救急車で搬送される事態に
さすがに驚いて駆け付けたが病床の彼は至ってピンピンしていた
「心配かけてごめん。こんな俺でも選んでくれる?」
病状と入院生活を語る彼の顔はとても生き生きとしていた

色々気味が悪くなりその日のうちにメッセンジャーで振った
彼はしばらくSNSで可哀想な俺アピールをしていたが、
誰一人いいね!を付けないためか記事を全削除してた
未だに仮病だったのかどうなのかと考えてしまう
変な男だった



353 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/20(水)13:54:13 ID:fm9

>>349
精神の病じゃないか?


355 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/20(水)14:08:38 ID:Ori

>>353
不思議なことに正真正銘身体の病で「この病気にしては回復が早い」と医師も首をかしげていました
まあ精神が病んでるのは間違いないと思います…


356 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/20(水)15:07:38 ID:I0c

>>355
体の弱さに引っ張られて精神がやられた口じゃないかな


359 :名無しさん@おーぷん : 2016/07/20(水)16:24:19 ID:2lh

>>355
かなり高確率でその人自分で何かこっそり薬や傷んだもの飲んだり食べたりしてるはず。
ミュンヒハウゼン症候群が疑わしいね。
ウィキペディアでもいいから読んでみてほぼ丸っと当てはまるはずだよ。

wikipedia-ミュンヒハウゼン症候群
ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐん)は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種。症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られる。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され、「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名された。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
[ 2016/07/22 10:00 ] 非常識 | TB(0) | コメントする(0)
最新記事
毎日更新


a href=/ul