FC2ブログ

---スポンサードリンク---

笑顔ではなく、鬼気迫る表情で無心に枝を回している

【同人】あなたの心がなごむとき~第48章
changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1223974808/l50

727 名前: なごみ [sage] 投稿日: 2008/11/29(土) 21:59:28 ID:aXcTaIup0
長文スマソ

当方アパート暮らし。

帰宅するとアパートの前で隣の坊や(4歳)が
空に向かって、坊やの背丈ほどある木の枝を両手でぐるぐる回してる。

初めは飛行機か何かに向かって、手を振っているのだと
思っていたのだがどうも表情がおかしい。
笑顔ではなく、鬼気迫る表情で無心に枝を回している。
 
 
 
どうしても気になるので、挨拶がてら何をしているのか聞いてみた

「こんにちは、○君」 

( ゚д゚)っノシ「こんちは」

「○君は何してるのかな?」

( ゚д゚)っノシ「まぜてゆの」

「? …何を混ぜてるのかな?」

( ゚д゚)っノシ「くも」

雲を混ぜていたらしい。
なるほど、納得。

見上げてみれば、空は鱗雲で覆われ、一部がすじ雲になっている。
そのすじ雲は、坊やが混ぜたからすじ雲になったらしい。

「すごいね、○君。雲混ぜれるんだ。」

(゚д゚)っノ「…」 (゚∀゚)っノ「…」 (*゚∀゚)っノシ「私さんの、まぜたげる」

「私の分も混ぜてくれるの?ありがとうね、頑張ってね」

(*゚∀゚)っノシ「うん、ばいばい!」

それから、お母さんに呼ばれるまで、一心不乱に雲混ぜてた。

明日はきっと晴れるな。




関連記事


---スポンサードリンク---

△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul