FC2ブログ

---スポンサードリンク---

5歳だった子供が天へ旅立ちまだ一年未満。子供が親より先に亡くなる辛さ哀しみ、こればかりは同じ経験をされた方にしかわからないと思う。もう私は精神・身体面でももう子供は産めない。離婚も考えましたが旦那に拒否された。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1488708437/
何を書いても構いませんので@生活板 41


596 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/17(金)23:57:35 ID:ytf

私は26の女です。5歳だった子供が天へ旅立ちまだ一年未満。
子供が親より先に亡くなる辛さ哀しみ、
失礼ながらこればかりは同じ経験をされた方にしかわからないと思います。
もう私は精神・身体面でももう子供は産めません。
離婚も考えましたが旦那に拒否されました。

子供の死後辛く苦しい時間を過ごしてきました。
消えてしまいたい気持ちにもなりました。
でもいつか寿命まで生きたら必ず
あちらの世界で子供と会えると信じているので、
寂しいけれど生き抜こうと思います。
自分自身も何とか前向きになれたらと、
あれこれと少しは良かれと思ったことをやってみたりもしました。
明るい気持ちを持てたのも事実なんです。
何とか大丈夫かも?なんて。




---スポンサードリンク---


でもやっぱりそんなに簡単には無理でした。
最近また心が暗い闇のような気持ちに覆われ、もうあの子は生きていない何もしてあげられない、
自分がお母さんじゃなかったら生きていたかもと考えてしまい泣けてきます。
昔の能天気な自分にはもう戻れません。

ペットを飼えばと言ってくださる方もいますが、もう命を預かること自体恐ろしく自信がないのです。
たぶん傍からみたら普通の生活を送れているように見えることでしょう。
いつか自然体でそうなれたらいいと思いますが。私は子供が生きがいでした。
成長して離れていくことはあってもこの世からいなくなるなんて、嘘ならいいのに真実なんです。

今何をするべきかどう生きるべきか何を生きる糧とすべきか、いつも考えていまう。


597 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)00:09:13 ID:9Un

喪失の五段階
1 否定
2 怒り
3 取引
4 抑うつ
5 受容

いつもこれ見て客観的に考えるようにしてる。難しいけど、効果ある。
有名だから知ってると思うけど、貼っとく


598 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)00:30:35 ID:59G

>>597
エリザベスキューブラーの死の五段階だっけ?
喪失も同じなのか


https://ja.wikipedia.org/wiki/死ぬ瞬間
『死ぬ瞬間』(On Death and Dying)は医師のエリザベス・キューブラー=ロスの著書。1969年に発表され大きな話題となった。日本では川口正吉の訳で読売新聞社より1971年に刊行された。
キューブラー=ロスは200人の死にゆく患者との対話の中で以下の5つの死の受容のプロセスがあることを発見した。ただし、すべての患者が同様の経過をたどるわけではないとしている。
第1段階 「否認」
患者は大きな衝撃を受け、自分が死ぬということはないはずだと否認する段階。「仮にそうだとしても、特効薬が発明されて自分は助かるのではないか」といった部分的否認の形をとる場合もある。
第2段階 「怒り」
なぜ自分がこんな目に遭うのか、死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階。
第3段階 「取引」
延命への取引である。「悪いところはすべて改めるので何とか命だけは助けてほしい」あるいは「もう数ヶ月生かしてくれればどんなことでもする」などと死なずにすむように取引を試みる。神(絶対的なもの)にすがろうとする状態。
第4段階 「抑うつ」
取引が無駄と認識し、運命に対し無力さを感じ、失望し、ひどい抑うつに襲われなにもできなくなる段階。すべてに絶望を感じ、間歇的に「部分的悲嘆」のプロセスへと移行する。
第5段階 「受容」
部分的悲嘆のプロセスと並行し、死を受容する最終段階へ入っていく。最終的に自分が死に行くことを受け入れるが、同時に一縷の希望も捨てきれない場合もある。受容段階の後半には、突然すべてを悟った解脱の境地が現れる。希望ともきっぱりと別れを告げ、安らかに死を受け入れる。



606 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)01:16:49 ID:9Un

>>598
そうそう死ぬ人だけじゃなくて、失恋、別れとかにも応用されてるよ。
海外だとドラマとかで良く出てくるくらいポピュラーだね。


599 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)00:55:56 ID:mNg

むかしは「七歳までは神の内」と言い、
我が子を神さまからの預かりものとして大切にしたそうです
昔は医療が発達していなかったので、七歳くらいまでのお子が亡くなってしまうことが多かったため
「神さまのところへお戻りになった」と考えることで、
悲しみを慰めていたとのことです

5歳は可愛い盛り。
どんなにか悲しくお淋しいことかと、ご拝察申し上げます
慰めの言葉などありませんが、
いまは神さまのもとで幸せに生きていらっしゃると思って差し上げてはいかがでしょうか?
生身のわたしたちの寿命も、儚いです。
この世で精一杯生きれば、きっとお子さまが再会を待っててくださいますよ
旦那様と仲睦まじく生きるのが、お子さまの願いかと思います

勝手なこと書きまして、ごめんなさい。
お気を悪くなさったら、どうぞお許しください


600 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)00:57:11 ID:AIB

親より先に死んだ子は地獄の河原で永遠に石積んでるんだっけ


602 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)01:08:25 ID:u0P

>>600
本当に無神経な人間っているんだね…


611 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)03:59:18 ID:0aC

>>600さんありがとう。
もう一年近く、ほとんど寝れてないです。多分夢を見るのが怖いんです。
子供の誕生日が近づくにつれ、特にひどくなってます。一年の内一番辛い二日です。
思い出があり過ぎてツラく、引っ越しも考えましたが
子供と最期に過ごした場所である為踏ん切りがつきません。
どうしたらいいのか、答えが見えない
真夜中に暗い話をしてしまい、失礼しました。


612 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)04:01:39 ID:0aC

>>600ではなく>>596さんです。
文句の一つぐらい言おうか迷いましたがやめます。同列になりたくないので


615 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)08:14:01 ID:AIB

>>612
仏教に文句言えばぁ?


617 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)10:11:19 ID:dyO

>>615
Wikipediaより
賽の河原は、親に先立って死亡した子供がその親不孝の報いで苦を受ける場とされる。
そのような子供たちが賽の河原で、親の供養のために積み石(ケアン)による塔を完成させると
供養になると言うが、~(中略)~その子供たちは、最終的には地蔵菩薩によって救済されるとされる。
ただし、いずれにしても民間信仰による俗信であり、仏教とは本来関係がない。


俗説だし、子供は救われるし
生半可な聞きかじりの知識でよくもまあ不謹慎なことを書けたもんだ


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul