FC2ブログ

---スポンサードリンク---

オーストラリアの国立公園を一人でトレッキングしてたら、今までに見たことがないくらいに巨大なウォンバットと出くわした。あれ、夜行性なのに昼間に出てるなんて珍しいなーと観察してたら、こっちに近づいてくる。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1486762279/
今までにあった修羅場を語れ【その21】


501 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/17(金)23:34:17 ID:q6Z

ウォンバットに襲われたwww

オーストラリアの国立公園を一人でトレッキングしてたら、今までに見たことがないくらいに
巨大なウォンバットと出くわした
あれ、夜行性なのに昼間に出てるなんて珍しいなーと観察してたら、こっちに近づいてくる
何度か野生のウォンバットに匂いを嗅がれたりしたことがあるので、とりあえず放置
してたら、爪(結構鋭くてがっしりしてる)でガリガリされ、ガブッと噛まれたwww




---スポンサードリンク---


とりあえず、距離を置こうと後ずさりすると、興奮して突進してくるwww
ヤベェwwwと半ばパニックになりつつも、野生生物は逃げるものを追いかける習性があるから、
これは絶対にダッシュで逃げたらまずいだろうと、反対にこっちから突進
それが良かったのか、やつは草むらに逃げてった
たまたま、小雨が降ってたのでゴアテックスのレインウェアを着てて良かった
着てなかったら、太ももがマジで大変なことになってたと思う……

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウォンバット
ウォンバットは、双前歯目ウォンバット科(ウォンバットか、Vombatidae)に分類される構成種の総称。名前はダルク語に由来する。生態は異なるがコアラに近い種族である。
...
草食性で植物の葉や根を食べる。夜行性で昼間は主に巣穴の中で過ごすが、曇りの日などはエサを求め動き回ることもある。1腹1子。短い距離であれば、時速40kmほどで走ることができる。
...
おとなしい性質だが、極めて稀に人を襲うこともある。ある事故では被害者がキャラバンから降りた際に、疥癬にかかったことにより興奮状態になったウォンバットの上に立ってしまったことが原因で襲われた。


502 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)03:22:02 ID:xrG

>>501
ケモ好きとしては垂涎な話だけど、
現地野生の動物は生傷つくらせるわけにもいかないよね
コアラも見た目より爪鋭くて怖いらしいし。
少し羨ましいけど充分修羅場ですね


504 :名無しさん@おーぷん : 2017/03/18(土)09:17:47 ID:19G

>>501
狂犬病とか大丈夫だったんかい ウォンバットが狂犬病に掛かるかどうか
は知らんけど


関連記事


6034 名前: :2017/04/03(月) 23:12:12
蹴ったりしないところが優しいね
コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul