---スポンサードリンク---

一番悪いのは、私なのではないか?復讐は何も生まず、虚無だけが残った。最初に基本コースに入ったのも、途中で専門コースに移ったのも、部を辞めたのも、戻ってから練習を続けられなかったのも、すべて楽な方、楽な方にいった結果かもしれない。

http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1437699746/
本当にやった復讐 3

797 :部活_序 : 2017/04/19(水)02:45:37 ID:1lC

書かせてください。

内容が平凡な割りに、とても長文になってしまいました。
すいません。

復讐スレに内容が合わないかもしれません。
合わせて、すいません。


---スポンサードリンク---

798 :部活_(1) : 2017/04/19(水)02:46:48 ID:1lC

とても昔の話、
私の中学生時代の話です。
何十年も経った今も、自責と後悔ともやもやした気持ちを持ち続けています。

私の中学校ではなんらかの部活動に所属しなければいけないルールでした。
私はこれといってやりたいこともなく、熱心な勧誘を受けたマイナースポーツの部に入りました。




その部の歴史について説明します。
創部2年目、つまり勧誘してきた先輩(2年生)が創部となります。
にもかかわらず、県大会ではすでにかなりの実績がありました。
その躍進は顧問の先生(Aとします)のおかげです。
Aはとても熱心で、赴任するや否や、周囲の反対を押しきり部を作りました。
そんな訳で、室内スポーツであるにも関わらず、
満足に体育館も使わせてもらえないような状況の中で指導に励んで県大会上位にまでいきました。
実績を評価されてか、我々の代では体育館を比較的使えるようになっていました。

私は、そのスポーツはあまりきつくないというイメージがあったので、
「楽だけど、強くなれる」と勝手に思い込んで入部を決めました。


その部には、ほかの部と違うシステムがありました。
「基本コース」「専門コース」が選択できるようになっていたのです。
基本コースは通常の部活動。
専門コースはより強くなるためのコース。

もちろん学校が承認したシステムではなく、Aが勝手に作ったシステムです。
私は最初、基本コースを選びました。


799 :部活_(2) : 2017/04/19(水)02:48:00 ID:1lC

部活を続けるうちに徐々に実態が分かってきました。

基本コースは、ほとんど指導を受けることはなく、与えられた基礎練習をこなすだけ。
体育館を使わせてもらうこともあまりなく、外練習ばかりでした。
Aが見に来ることもほとんどありません。要は、ほったらかしです。

専門コースは、厳しくハードですが、手厚い指導を受けました。
ランニングなど以外は、基本、体育館で練習します。

つまり、基本コースはAにとって要らない生徒なのです。
なぜ、わざわざコースを分けているかというと、自分たちで選んだという建前を作るため。
専門コースに入る条件は、Aに服従する、ということでした。
自分で専門コースを選んだ以上、服従するしかない、
ただし、選ばなかった場合は、とてもつまらない部活が待っている、というカラクリなのでした。

私は基本コースを選びましたが、ほどなくして専門コースに移りました。
あまりに単調な部活に嫌気が差したのです。
部の中では運動神経が良かったため、頻繁に誘われていたというのもあります。
基本コースの友人には、バツが悪かったので、
「専門コースに入って、内部から瓦解させてやるため」だと嘯いていました。
(期せずして、その目的は達成されることになります。)


800 :部活_(3) : 2017/04/19(水)02:48:34 ID:1lC

専門コースは、Aの独裁恐怖政治でした。

まず、練習量がすさまじく、学校での練習のあとも、外部の体育館を借りて練習しました。
土日は終日練習に明け暮れました。
もともと、あまり運動経験のない生徒の集まりだったので、
それについていくのは、とてもキツかったです。

そして、体罰。
ことあるごとに殴られました。
女の子でも容赦なく、何十発も殴られ、鼻血をながしていたのを覚えています。
プレーにあまり関係が無い無理難題を出され、
うまく答えられないと殴られることも、よくありました。
棒でケツを殴られることもあり、これは本当に激痛でした。
1度、棒が腰骨にあたり、失禁しそうになったこともあります。
みんなの前で歌わされる、一発芸をさせられるということも良くありました。

すぐに、上手くなりたいという情熱は消え失せ、
ただただ、怒られないようにするために必死でした。
部活以外の学校生活でも、Aの下僕に徹しました。
担当教科では緊張を強いられ、また、ことあるごとに五厘にさせられていた我々は、
周りからは信者と言われていました。


年に数回、合宿があり、それは更に地獄でした。
全く外部から干渉がないため、体罰はエスカレートします。
長時間の練習に加え、風呂や食事も気を抜くことは許されません。
火傷するレベルの熱湯風呂に入らされ、我慢できずに出ると殴られる、といったこともありました。


もちろん、実力はめきめき上がったことも事実です。
県大会では、先輩は、男女ともに個人、団体で、ほぼ総なめ状態でしたし、
私の代も、新人戦で団体は優勝、個人も優勝~3位といった成績でした。


801 :部活_(4) : 2017/04/19(水)02:49:12 ID:1lC

そろそろ、先輩が引退するという時期になり、
私は我慢の限界で、嫌になりました。
いや、怖くなったのです。
最上級生になれば、さらに厳しい指導が待っていることが、先輩を見ていて分かっていたから。

同期に一緒に部をやめることを持ちかけました。
「計画がある。」と言って。
賛同したのは、主要男子部員の半分でしたが、それで十分でした。

あれほど熱心だったのに、1度に複数の生徒が辞めるのは、端から見ると異常なことでしたので、
すぐに担任から呼び出しを受けました。
それが狙いだったのです。

洗いざらいを告白し、あれよあれよという間に大きな問題になりました。
Aは学期途中にも関わらず、田舎の学校に飛ばされることになりました。
部を辞めるといってから、1度も顔を合わせることもなく、いなくなりました。

上手く行き過ぎのように思うかもしれませんが、
実は、親に頼み、教育委員会にたれ込みしてもらっていたので、そのことも大きかったのだと思います。

それと、もう1つ。
辞めなかった生徒にも聴取があり、そこでもっとまずい証言があったのではないかと。
想像の域を越えませんが、女子生徒へのセクハラがあったのかも、と思ってます。
なんとなくそんな雰囲気はありました。


802 :部活_(5) : 2017/04/19(水)02:50:09 ID:1lC

騒動が一段落したあと、担任から
「もし、戻りたいなら、部に戻ってみては?」
と提案がありました。
そこで、辞めた生徒は、全員戻ることになりました。

そう。
ここまでが私の計画だったのです。
わたしは彼らにこう言いました。
「1度に辞めれば問題になる。
Aがいなくなったあと、部に戻ろう。
あんな奴いなくても、俺たちだけで練習して、
県大会で優勝しよう。」


部に戻るところまでは成功でした。
その後は惨憺たるものです。

私は部長となり、最初こそ奮起しましたが、
周りは付いてきてくれません。
いや、私自身だらけきっていました。
形だけの後釜の顧問に指導できるはずもなく、
外部から指導員を募って、指導を仰ぎましたが、
結局、Aの強権指導のたがが外れた私たちに、
自分を律することはできなかったのです。

3年の県大会は惨めなものでした。
部も1学年下を最後に廃部になりました。


これで私の経験談は終わりです。


803 :部活_(6) ラスト : 2017/04/19(水)02:54:00 ID:1lC

Aには奥さんがおり、小さい子どももいました。
突然の移動で、Aの人生はどうなったか、その後はわかりませんが、
悪いことをしたと思う気持ちは、Aの年齢に近づいた今でも微塵もありません。

ですが、考えずにはいられません。
あのとき辞めなければ、きっともっと充実した気持ちで終えられた、と。

考えずにいられません。
もっとまともな指導者であったなら、と。
しかし、Aでなければ、何の取り柄もない我々が県の上位になることなど、そもそも無い話だということを。



先輩の引退以外に、行動に移したきっかけがもう1つありますので、それを書いて終わりにします。

他県の強豪校と合同練習したことです。
その学校は、ウチよりも数段レベルが上の全国常連校で、
顧問の先生も当然厳しく、最初はAと同じような独裁者かと思いました。
しかし、最初の個別練習を見て、違いに打ちのめされました。
とてもとてもキツい練習をしていました。
顧問の檄も厳しいものでした。
でも、彼らは笑顔でした。
へらへらしてるのではありません。楽しそうなのです。
その瞬間、私の中で、何かのスイッチが入りました。

彼らのようになりたかった。
だだそれだけだったのに。



復讐は何も生まず、虚無だけが残りました。
最初に基本コースに入ったのも、途中で専門コースに移ったのも、部を辞めたのも、
戻ってから練習を続けられなかったのも、すべて楽な方、楽な方にいった結果かもしれません。
一番悪いのは、私なのではないか?その自問を繰り返し続けています。


804 :名無しさん@おーぷん : 2017/04/19(水)06:27:00 ID:BSe

ながい。くどい。


805 :名無しさん@おーぷん : 2017/04/19(水)11:10:46 ID:1lC

>>804
そうですよね。
深夜の変なテンションで書いてしまいました。
1日温めればよかった。
スレ汚し失礼しました。



806 :名無しさん@おーぷん : 2017/04/19(水)11:28:54 ID:nTL

指導力はあったのにその教師こそ自制ができないカスだったんだろう
悪いのは教師なんだから気にしなくていいよ


808 :名無しさん@おーぷん : 2017/04/19(水)15:46:56 ID:S70

私も部活に後悔あるからなんかわかるなぁ
色々考えてる様だから細かいことは良いとして(漫画にもよくある話だし)
中学生でまだ未熟だし指導者が無いと県レベルは難しいものだ
部活は部員みんなのものだから、その頃の全力でぶつかってたならおk


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---
999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon


妹は婚姻届を出して3週間。自らの結婚式まであと1ヶ月半。出産まで半年だった。なのに、突然朝方の電話で全てが覆った。朝方、首都高で事故ったって。妹の意識がないって。
【理不尽ホラー】待ち合わせ場所のA宅最寄り駅に着くもAおらずAからメールでA宅への道順が送られて来る。あらかじめ住所を知らされていたので迷わず到着するが、A出てこない。メールで「鍵開いてるから入っていいよ」と連絡。ドアをあけるとゴミ屋敷だった。
奇妙な手紙が届いた。誰かの悪戯だろうと思い教室で「魂の同胞は誰だw」と言うと、皆ポカーン。反応があきらかにオカシイ。手紙を見せるも誰も「知らない、書いてない」ガチモンの「恐怖の手紙」としてその日の昼休憩までには学校中に知れ渡った。
こんな惜しみ方は不謹慎だと思うけど、犯人よ、あのメンチカツサンド返してくれ。今でもメンチカツ食べるたびに、売り切れの時のおじさんの困った笑顔と一緒にあの絶妙にソースの絡んだ味を思い出すよ。
ガチの絵本作家になりたかった友人がある時「冗談で」BL漫画を描いて賞に出したらあれよあれよという間にデビュー。友人は完全にBLを舐め腐った態度。私は本気でBL作家目指してるのに全然芽が出ないんだよ…。
親子3人で買い物をしていり最中に偶然Aと再会。Aが突然「ウリは辞めたの?」と言ってきた。旦那が驚いて、責めてきた。私は全力で否定。もちろんウリなんかしてない。ずっと優しかった旦那が豹変してこちらの話に聞く耳もたない。いつのまにかAは消えていた。
Aは涙目になって何も言えなくなったので、私が「Aの友達だと勘違いして貴女を泊めたが私の間違いだったみたいです。正直、貴女みたいな図々しい方初めて見ました。拝みたいくらいです(`・ω・´)」と言ったら怒って出て行った。
【衝撃の真相】俺「…何すか?この人達」「今回の御両家の婚礼を、快く思わない方々です。もし現れたら…タックルとかで、ヨロシクね!(はあと)」ホンマに来るとは思わなんだ、18の冬。ジェットストリームアタックを6人がかりでやったりしたっけな…
「べちっ、ぐちっ」と変な音。覗いてみたら、そこにはとても綺麗な女の人がマウントポジションから男の人を殴っている最中だった。 「男を殴る機械か人形なのかな……」とちょっと現実逃避してたら私の近くの壁にピッ、ピッと血が飛び散ってきた……。
旦那「子どものDNA鑑定を受けさせたい」私「何言ってんの?」夫は真剣な顔で、「自分に似ていない。本当に心当たりが無いのか」と責めるように言われた。全く心当たりがないが、検査を受けた後何事もなく済ませられる自信がない…。
父の血に染まる私。連絡を取った先は兄嫁さん。兄嫁さんが「そこどこ!今行く!」と迎えに来てくれて兄嫁さん実家に寄せてもらうことになった。兄嫁さん実家で話を聞くと、吐き気がしそうな腐った父・母・兄のトリプルコンボだった。
義兄娘ちゃんが「おばちゃんがやって~。」と膝に乗ってきた。私は元美容師なのでイベント時には結ってあげてたから。その瞬間、義兄嫁「ア”ーーー」って私に飛びかかってきた。義兄嫁は私に馬乗りになって頭や肩をつかんでガクガク揺すってきた。
手作り結婚式とは名ばかりの自宅での飲み会で、ご祝儀5万円もとられた。新郎新婦は、集めた金で海外旅行を満喫。更に奴らはは呼んでもいないのに私の結婚式に来る気満々で……。
甥が突如ぽかん顔のままポロポロと泣き出し、しまいにはわんわん大泣きした。全員でもらい泣きしてしまい、皆で甥を抱きしめ、甥が大好きだ愛してる可愛いと言いまくった。そこからはもう家族総出で死に物狂いで甥の為に戦った。
兄嫁さんが妊娠した。兄が変になり両親、兄夫婦+私で家族会議に!兄「妊婦の体が嫌い、気持ち悪い」「本能なので仕方ない」「見たくないので視界に入れないよう帰らなかった」「というわけです」父「そうか、ならしょうがないな」「おれも妊婦の体形は苦手だ」
義妹の遺書が原因で離婚に。遺書の内容「私をなんで産んだの? 元嫁おねえちゃんは離婚して幸せになって」→私だけではなく、実の娘と妹にもこの人たちは手を出すのか。私が愛してた人は私を裏切っていたのかと。
Aの家へ泊まったら、家の中がスゴイ荒れよう。今までしっかり主婦してたAの豹変ぶりに驚いた。「実は子供ができなくて、義理の実家から責められてて旦那もずっと前に実家に帰っちゃったんだ。それでおねがいがあるの……私の代わりに代理出産してくれない?」
ウトメ「嫁は、自分たちに腹を立てることが有ったかもしれないけれど、お互い様。嫁は「それは昔の事」と水に流して自分たちを大事にし、献身的に介護する」だと。事実を歪曲して記憶し、何でも自分たちに都合良く物事が進むとと思うのが不思議。
【まさかの展開】12年前嫁が財産全て持って失踪、生死不明だった。実は→間男と関係を続け、子供を孕んで家を飛び出していた…事実を知った俺は…
A「どこにやった!」彼が遊びに来て家でのんびりしていたらAが「前に来た時に忘れ物をしたから探させてほしい」と来た。夜、私がお風呂から出ると彼が真剣な顔で「これ見つけたんだけど」とビデオカメラとボイスレコーダーを出してきた。
父は毒親&モラハラ夫。母は精神を病み家庭は崩壊。お金も無い私は行く宛がなく、年賀状の住所だけをたよりに祖母の家をたずねた。これで、祖母が実は寂しがりやで素直じゃないだけの心優しいお婆さん、だったらよかったのだが、そんなことはまったく、なかった。
【切ない】昔離婚して引き取られた子供から電話が来た→「もう3日間何も食べてない」と言うので急いで向かうと、荒れ放題の部屋に汚れた子供、本人はマヨネーズを食べて過ごしていたらしい・・・
母の死後、弟に帰ってきてと頼み帰ってきてもらう。弟は母が死んでからずっと半ニート。私が家を出ないで、就職しないで家にずっといてと半狂乱で頼み込んだ。弟が帰ってきてから仕事は順調。結婚してもいいけど絶対に家から出て行かないでと頼み込んでる。
私達は「息子も産まれたんだからこれまでの事はみんな忘れて仲良くしていきましょう。」と答えたんだがその瞬間トメの顔がぱぁぁぁっと明るくなり、「そうね!じゃあ同居しましょ!」と妄想垂れ流し弾丸トーク炸裂。ウト「とぉぉぉめぇぇぇぇぇえ!!!!」
ある寒い日の事。泊めた友人が「いやあ、今日は特に冷えるねえ~」と言いながら新品のルームシューズを履いてキッチンをねり歩いていた。それは帰省の際に母にあげるプレゼントだ!!!凍りついたけどもう手遅れ。更に後日胸糞な事実が…!!
会社で女性社員がいきなり吐血!「救急車よばなきゃ!」とうろたえる男性陣をよそに呑気な女性陣。詳しく話を聞くと・・・ → そんなこと、あるのか・・・
【妹GJ】当時私は産後三ヶ月目。骨盤の戻りが悪かったり子供の夜泣きが酷く睡眠が取れないなど色々あって遅れていた。自然と夫に家事を任せざるを得ない。「お前ってホント鬼嫁だよなwww」「はいはい仰せの通りにします鬼嫁www」って感じでからかってくる。
【恐怖】Aは「…でも許さないから。永遠に許さない。」結婚して別県に住む姉からそちらの地方新聞が送られてきた。そこにはある事件に関する小さな記事が載っていて、その女の名前はAだった。
【最悪すぎる】猫なで声の元夫に「あんたみたいな無責任な人を父親だとは思いたくない」って言った長女。離婚の原因を長女はしっかり覚えていた。張り飛ばされたときに前歯を折ったことも。強引にあの猫を引き取ったものの、あっさり保健所送りにしたことも知っていた。
ある日突然訪ねてきた子連れの女性が「子供をあげる」と言ってきた。お断りした途端、凄まじい音と共に子供の泣き声が響き渡り……びっくりして扉を開くとAの子供が頬を抑えて泣いて居た。
【報告者が……】障害を持つ子どもの世話を同居中のトメが全部やる。おかげで5年生になっても何もできない子になった。あえて何も手をださず、見守ることを基本にしていたら「私の孫ちゃんを虐待するの?それってネグレイトっていうじゃないの!」と。
【三年後の後日報告有】ついさっき弟嫁さんから兄嫁が「自分たち夫婦の身内に障害者がいると出世に響く。できるなら本籍から何から全て抜いて欲しい」と電話があった泣きながら電話が来た。兄嫁「発達と言えども障害は障害。来年度までに処置をして欲しい」
【年末置き去り兄弟】真冬の夜中に幼子たちが放置されていた。「お母さんが出かけるから、いつもの家で正月ご飯食べていろと鍵を掛けられた」警察沙汰になったらその後DQN母がヤンキー兄ちゃんを連れて襲撃に…!
【悪辣】飲み会に行くと、乾杯早々私に絵を描かせたがる友人Aがいる。描け描けウザいので仕方なく絵を描くと、もう一枚描けという。仕方なくドラえもんを描くと「こんなんじゃダメ、満足しない」ともう一枚描かされる。→その後友人の目的が判明……!!
【ワロタw】私の彼氏を横取りしようとするA子が現れ「そんなAVに出てる女より私の方が!」と言い出した→彼氏「ごめん、俺は私子が好きだから。あと俺金持ちじゃないよ」A子「!?地主なんでしょ!?」
【萌供養】友だちがワラ半紙をくれると言うので行ったら、そこにあったのは、A4サイズの紙の束。高さ70センチのタワーが4列。倉庫のほぼ中央に積まれていた紙の山は私がもらうことになったんだが……数ヶ月後、その倉庫の床下から、タヒ体が発見されました。
【壮絶!タヒ者まで……!】私はバツイチだけど最初の結婚が挙式をしていなかったため、念願のお式を壊されたショックで私の頭は真っ白。ひとり娘の挙式をぶち壊された私父の怒鳴り声を泣きながら聞いていた。
「あ…名前は……困ったな、言わないといけないんでしょうか?」ダメだ、こいつ狂ってる。私の高校時代の後輩だと名乗った女から突如連絡があり、その父親まで襲来!なんでうちの住所を知ってるの!?家に上がり込もうとしないで!!!
【まさかの展開】12年前嫁が財産全て持って失踪、生死不明だった。実は→間男と関係を続け、子供を孕んで家を飛び出していた…事実を知った俺は
俺『今日、誰と会って、何の話をした?』嫁「〇〇(女)さんと…」俺『携帯見せろ!』私「イヤだ!信用できないんだ、ムカつく!」→とある音声を再生すると…嫁『アワワワ…!』
【恐ろしい生き物】A曰く「そんなのどうでもいいから、電車で迎えに来 い!」驚きのあまりに絶句。後ろからA友らしき人の声で「ちょっ…!」て聞こえた。電車がない事に気がついたAは「待ってやるから車で来い。免許持ってるだろ急げ」
「私」が青ざめた顔で「数日前からいじった覚えがないサイト変更があった、もしかしてパスワードを…」と言い出した。他サークル様から軽蔑の眼差しを向けられる私。すると「私」が庇ってくれた。
私「お米買いに行かないと」友人「うち農家だからお米たくさんあるよ!口に合わないかもしれないけど送ってもいい?時間指定の希望とかある?」→私「……」
コトメは子供が生後三か月で失踪した。哺乳瓶の乳首嫌がって泣くコトメ子がむごくて、つい私が見ると言ってしまった。数年後、コトメが来襲!「娘連れて行くから。もう働けるでしょ?これからそいつに働いてもらって楽したいわ~」
【母親失格】「盲腸がいきなり破裂寸前になるわけないでしょう!」連休に義兄の子から泣きながら電話。義兄嫁とは連絡が付かず、義兄は海外出張中。様子がおかしくて、救急連れて行ったら盲腸で緊急手術だったよ!!!→義兄嫁、優雅に温泉を楽しんでいたらしい。
【壮絶】DNA鑑定の結果、俺と子どもの親子関係が否定された!!離婚の準備中に、弁護士が「おかしな事になった」と驚愕の事実を……!!
夜の10時を回って腹減ったね……と涙ぐんで兄嫁さんと掃除していたら、兄が帰って来て、姉をひっ捕まえて問い詰め。もう、膝とかめっちゃ震えてんの。歯も鳴ってるし、顔真っ青だし。でも兄は今までと違って、ゴメンとか言わなかったし、隣の部屋に逃げたりしなかった。
新郎が殺人で少年院上がりの結婚式。いじめの延長で同級生を殺してしまったんだが、少年院を出た後は大学まで出て、しっかり社会人になって結婚、式を挙げた。そこへ被害者の親たちが乱入!純白のウェディングドレスが血で染まった。
【モンスター】私が風呂に入ってると兄の怒鳴り声がして慌てて飛び出した。居間には泣きじゃくる友人Aとキレまくってる兄。キレた兄に何故かAが逆切れして、「ここは(私)の家なのに客人のアンタがでかい顔するな!」と説教。ここは元々兄の継いだ家です!!
私がタヒにかけて、当時息子がスーパー反抗期でいつもバトっていたので、「僕のせいだ!!」とパニくる息子。「何故一晩放っておいた!」と医者に言われ、これまた旦那もパニック。
姪17才が土下座!「おじさんおばさん、私を大学に進学させてください。少しでいいので援助してください」夫「実の母親である義姉本人と意見が違っているなら貸せない」→姪「おばさんちの子は何もしてないのに大学まで行けてずるい!!!」
兄嫁「旦那さんて色盲なんでしょ。遺伝するんでしょ?子供が可哀相」金輪際病気だろうが急病だろうが姪っ子預からない、姪っ子の保育園グッズ作りも手伝わないし、実家行くときも絶対兄夫婦と別の日しか行かない。



Powered By 画RSS △ページトップへ戻る
最新記事
スポンサードリンク
毎日更新


a href=