FC2ブログ

---スポンサードリンク---

私が幼稚園の頃から不治の病で苦しんできた父。 それでも家族の為に働いていた。

嗚咽
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=973086841

938: 大人の名無しさん 01/09/13 10:04 ID:1KSY/joc
私が幼稚園の頃から不治の病で苦しんできた父。
それでも家族の為に働いていた。
私が二十歳を迎えた翌年に雪で足を滑らせてから
気が抜けたのか瞬く間に病状が悪化して入院した。
3ヶ月余り、、食事制限の厳しい病気なのに
「何を食べてもよいと言われた」と父は言う。
じわじわと体力は落ち、足も細くなって行ったけど
「頑張る、良くなるから旨い物を持ってきてくれ、力のつくものを」
弱った体には無理だろうと思い
コンビニで茶碗蒸しを買い、家からはおにぎりを作って持っていった。
美味しそうに食べてくれたが半分も食べられなかった。

---スポンサードリンク---
先生から言いにくそうに「もう長くはないので本人の好きなようにしてあげて」と
いう話があった。
「甘い物が食べたい」というのでクッキーを持っていくと
長い時間をかけて美味しいといいながら一枚をやっと食べていた。
それから何日かして治療中に意識を失い一週間経ち父は逝った。
あのとき父が美味しいといったクッキーをコンビニで見つけた。
もう10年以上経つのに包装もおなじままで、、
買って帰り食べてみた。涙がでてきた。
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
[ 2013/10/09 04:28 ] お父さん | TB(0) | コメントする(0)
最新記事
毎日更新


a href=/ul