FC2ブログ

---スポンサードリンク---

私の双子の片割れである姉が事故で亡くなった時、姉の携帯電話に登録されていた人たちに連絡した。その中の1人。本人いわく『パニック障害』で精神的に追い詰めらえると発作が起きて場合によっては命も危ない!だそうだ。

冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その2
http://etc.5ch.net/test/read.cgi/sousai/1029978186/

933: 愛と死の名無しさん 03/06/10 14:15

親戚じゃないけど・・・。
私の双子の片割れである姉が事故で亡くなった時、姉の携帯電話に
登録されていた人たちに連絡した。
その中の1人。本人いわく『パニック障害』で精神的に追い詰めらえると
発作が起きて場合によっては命も危ない!だそうだ。

その人に『もし都合がつけば告別式だけでも・・・。』と伝えると
『今から行く!』との返事。
暦の関係で告別式まで3日もあるから・・・と言っても無駄だっった。

4時間後、両親と一緒に現れた彼女の1言目、
『今日から泊めてもらいます。◯△ちゃん(亡き姉)の部屋で結構です!』
『は?』と思ったが深夜だったので泊めました。
さすがに姉の部屋は・・・と言ったのですが
『ここがいいんです!』と荷物を運びこみました。
その後はもう大暴走。大忙しのうちの家族に
『お腹空いたから何か作って持ってきて』
『タバコ買ってきて』など言い出した。

つづく。




---スポンサードリンク---
934: 933 03/06/10 14:35

つづき
いちおう『お客さま』だし聞けることは聞いていた。

次の日、姉のクローゼットから姉が使っていた服やバッグを勝手に
出し『これ前から欲しいなーって思ってたんだよねー。』
『もういらないでしょう、もらうね。』って言い出した。
私がキレて『家族が落ちこんでる時になんでそんなこと言うの?』
と怒ると
『私は◯△ちゃんとは本当の姉妹以上に仲が良かったの。
形見もらうのは当然じゃん。あ、あとでお骨も分骨してね。』

私が『そんなことはできない!』と断ると彼女は
『私はこの家の娘よ!あなたに断る理由はない!』
『パパとママとお姉ちゃんを私に取られたから嫉妬してるんだ!』
『あなたは私に発作を起こさせて殺そうとしている!!』
など大騒ぎ。
 この場は私の両親が彼女に
『○○(私)もショックを受けてるから今はそっとしておいて。』
と言っておさめた。


935: 愛と死の名無しさん 03/06/10 14:39

それってパニック障害って言うより、ボーダー…???

だとしたら係わり合いにならないのが一番です。


936: 933 03/06/10 14:52

つづき2

参列してくれた姉の友達全員に
『私は◯△の親戚って言うか家族。あなたは彼女とどんな関係?』
と聞きまくっていたらしい。
そして私の兄と彼には
『私は男の人は苦手なんだ。でもあなたは平気。安心する。』
と言ったらしい・・・。

最後は家で列席してくれた人に食事を出していたら
『××堂ケーキ屋を買って帰るから店まで送って。』とのたまい
兄に『最寄り駅までなら送る。』といわれ渋々了解した。
そして私に
『これからは私をお姉さんと思っていいからね!』と。
私は『姉は亡くなった姉だけです。』と言い返した。
そして帰って行った。

後から聞いた情報によると亡き姉も嫌がっていたようだ。
連絡してしまってごめんなさい。
自称家族・・・かなりヤバかった。

長くてごめんなさい。



938: 愛と死の名無しさん 03/06/10 14:56

即行で放り出しても良いと思うけど。
取り込み中のお宅に押し掛けて迷惑掛けるな、と諫めなかったばかりか
「一緒に現れ」て、黙ってみてた彼女の両親って凄いね。


940: 愛と死の名無しさん 03/06/10 15:20

そのキチ○イの両親、一時預かりしてもらった
つもりだったんじゃねーの?
そんなの野放しにしとくってマジで怖いね。


941: 933 03/06/10 15:21

>>938
両親もかなりヤバめ。
このときは
『じゃ、後はよろしく。この家はこの子も気に入ってるみたいなんで。』
とお線香もあげずに帰った。

その前に来た時は(私はいなかった)
『娘の療養にぴったり。しばらくこの子はここで暮らします。』
預けて行ったらしい。(うちはかなりのイナカだ!!)

私の両親も彼女の病気のことは知っていたし、
姉(当時脳外科系の病気のため外出制限があった)の
話し相手にはなってくれてるし、
彼女が当事者の裁判があったりと大変だから・・・と黙っていたらしい。

で1週間くらいで帰るかと思っていたら1か月いた。
しかも彼女は『夜、廊下が恐いから電気をつけて!!』と騒ぐ。
私の両親はそのせいで彼女の病状を悪化させては申し訳ないからと
足下明かりをつける工事もしたらしい。

そして彼女の両親が迎えにきた。
『お世話になりました。あ、これおいしいんで良かったら食べて下さい。』
と干物を3枚パックから出して母に渡したそうです。
そして『また来ます。』と言って帰ったそうです。
ま、こんな親だからその子供が非常識なのは仕方ないかも。



942: 愛と死の名無しさん 03/06/10 15:28

なんか・・・?( ゚д゚)ポカーンとしてしまうねそれ



関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul