FC2ブログ

---スポンサードリンク---

【戦慄】うちの母「え?なんていう大学?学校名聞き取れなかった」母の姉「聞こえてなくったって問題ない。お名前も聞いたことない大学だったもの」うちの母「そう。まあしょせんあのようなお家の方が行かれる学校なんて(冷笑)」私「………………」

http://life8.5ch.net/test/read.cgi/sousai/1193070044/
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 41 *****


238: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 02:29:11

去年、従姉の結婚式での出来事。
家柄&学歴最優先の我が母方の一族、従姉の旦那さんのお姉さんの
嫁ぎ先がB、いわゆる童話地区に近いという理由だけで従姉の
旦那さん一族を勝手にB認定。汚物扱い。

司会「新郎は○×大学を卒業され……」
うちの母「え? なんていう大学? 学校名聞き取れなかった」
うちの母の姉「聞こえてなくったって問題ない。私、聞こえてたけど
お名前も聞いたことない大学だったもの」

うちの母「そう。まあしょせんあのようなお家の方が行かれる学校なんて(冷笑)」
「………………(汗が吹き出た)」

そして新郎新婦が各テーブルにキャンドルを点けて回る時。
新婦の弟(30歳超えてます)が、ろうそくの先っぽの火をつける
糸みたいな部分をわざと切断。
そのためになかなか火がつかなくて焦る新郎と困惑する新婦に白い目の我が一族。
それにならって別のテーブルの従妹(新婦&私の共通の従妹)もろうそくの先切断。
うちの親族のテーブルはみんなそんなことをやったため、会場に静かに広がる
明らかな侮蔑の笑い。苦い顔をしている新郎のご両親。
その笑いにまさしく「背筋が凍る思い」をしました。
そんな親族を止められなかった自分自身を、いまだに情けなく思っています……
ごめんなさいごめんなさい従姉とその旦那さん。

そんな私は来週、入籍しますがやはり諸般の理由で母方一族から結婚を反対され、
今になってもまだ伯父伯母従姉妹たちが「今ならまだ間に合う、あんな男なんかやめとけ」
なんて言われてかなりまいってます……
去年の従姉の例で嫌と言うほど一族のDQNさを見せつけられたため、自分達は式はあきらめます。
実の親・親戚だけどなんとか復讐してやりたい。
微妙にスレチすいません……




---スポンサードリンク---
239: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 02:59:43

>>238
ご結婚おめでとう。
ところで、それって関西の出来事?
あなたが幸せに暮らすことが一番の復讐になると思いますよ。お幸せに♪


240: 238 2007/10/26(金) 03:08:18

>>239
ありがとうございます。
はい、当方は関西です。母方の出は鹿の楽園の県。
従姉の旦那さんはタコヤキの国出身。特に童話っぽい感じはしませんでした。
自分の考えは「童話がどうした」としか思えないんですけどね……


241: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 03:29:23

たぶん自分達が奈良出身だから余計に気にしてるんだよ


242: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 03:32:07

結婚式と偽って母方親族吊し上げて絶縁

リスクでかいか


243: 238 2007/10/26(金) 03:52:24

何度もすいません。
一応、結婚式のことを親や親戚に相談したのですが「あんな男と結婚するなら
うちの家のほうは誰も出席しない。それでもいいなら勝手に式をやれ」

言われたんで結婚式と偽っておびき出すのはムリポですorz

それではそろそろスレチなので名無しに戻りますね。
何度も書き込み申し訳ないです。


244: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 03:59:17

妄想新婦の話で思い出した。友人の話。

友人Aの旦那予定(だった)の人の母親が極度の「アテクシノカワイイムチュコタン」な人だった。
息子の方は過干渉な母親を毛嫌いしていたそうだけど。
で、その母親、挙式予定のホテルに凸してやらかしたそうです。
自分を『新婦の母親』と名乗り「うちの娘の妄想だからキャンセルする」と。
当時友人の相手は海外出張が続き、なかなか式場へ一緒に行けなかったそうで、
友人だけが行って簡単な打ち合わせをしていたそうです。
ある日式場へ行ったら、従業員一同微妙な顔付きで、丁重に帰されたそうで、
真相を知った友人は、キティ母親持ちとの結婚を考え直したそうです。


245: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 04:04:07

>>243
んなDQN親族はほっといて二人で幸せに海外ででも式挙げてきなさい


246: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 04:07:51

>>244
結局結婚はしなかったんだよね?
確かにこんなキティ姑がいたんじゃ考え直したくもなるよなあ。


247: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 04:56:16

結局、そのキチガイババアの思惑通りになったわけだな。
式をぶち壊してやれば結婚もあきらめるだろうとばかりに
暴走したんだろうが、まんまと思う壺にはまったというわけだ。
まあ、結婚後は姑を無視できないから、考え直すのも無理ないだろうけど。

その逆に、当人の知らぬ間に式をセッティングしておいて逃げられないようにしておいて、
無理矢理結婚を承諾させてしまおうというのもあるけどね。
私の場合だけど、私に無断で親と親戚が決めていて、
式前日にいきなり実家に呼び戻されて、聞かされて驚いた。
当然、相手の男は全然知らない人。
「式の前日にいきなり断るなんて非常識なことができるもんか!
どうしても嫌なら慰謝料全部お前が負担しな!」
と親たちに囲まれてすごまれた。
この調子では、まともな話し合いが通じないなと判断して、
言いなりになったふりをして親たちを油断させておいて、
旅先で自殺することをほのめかす書置きを置いて実家から逃げ出した。
幸い、交友関係も仕事のことも親には知らせていなかったから、
当時の彼氏(親には知らせていなかった)の家に事情を話してかくまってもらって、
こっそり様子をさぐりながら、危機状態を脱出することができた。


248: 愛と死の名無し 2007/10/26(金) 05:03:35

>>247
スゲーーーーー!!!!!!その後ちゃんと逃げ切れたの??


249: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 05:08:28

>>247
そんで今は?実家とは当然没交渉だとは思うけど、ちゃんと逃げ切れたの?


250: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 05:16:27

>>247
相手の男性も前日まで知らされてなかったのかな?
それとも膿家の長男坊・・・。


253: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 06:55:55

鹿の楽園の県
タコヤキの国出身
という表現がツボった。47都道府県全部聞いて見たいものだ。


254: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 07:16:44

>>250-251
嫌韓厨と嫌嫌韓厨みたい。
過剰に反応しすぎる奴はどっちもウザイよ


270: 247 2007/10/26(金) 19:24:57

>>250
農家の人があらぬ誤解をされるとお気の毒なので、
違うということを申し上げておきます。
父の遠縁の親戚にあたる家庭の知恵遅れの一人息子でした。
そういう人だから結婚どころではないけれど、
成人して性欲だけは一人前にあるから、
性犯罪沙汰ばかり起こしていたという人でした。
田舎だし、その家はカネがあるから、
被害者に泣き寝入りさせてきたけれど、
息子の性欲処理と
世話を引き受けてくれる女(=嫁)はいないものか、
と親も手を焼いていたそうです。
そこで、東京で好き勝手して遊んでいる
(と親たちが思い込んでいる)
私が有力候補になったというわけです。
私はもう、身障者か年寄りのヤモメくらいしか
嫁のもらい手がないトシ(当時29歳)なんだから、
こんな良い話はない、
そろそろ家族のために尽くすことを考えろ、
というのが親や親戚の言い分でした。

「新郎」が知恵遅れで無職で友達もいないので、
式にはもともと親戚だけしか呼ばれていなかった様子です。
世間体ばかり気にする人たちだったので、
捜索願を出されなかったのが幸いでした。
東京に逃げ帰った後は、彼の助言で、
無断入籍をされていないかどうかをすぐに確認しましたが、
それもまったくありませんでした。
(区役所で手続きを待っている間は、
生きた心地がしませんでしたが)
2週間ほど彼のマンションに厄介になっていたことをのぞけば、
私の日常生活は変わらないままでした。
その後、長期の海外出張が入ったりして
本当に自分のマンションにずっと帰れない状態が続いたので、

親たちが私の「生存」を確認したのは、
それから半年以上後に、かくまってくれた彼との結婚の通知を
米国西海岸から出したときのことです。
さすがに海外にまで追いかけては来ませんでした。
去年離婚してしまいましたが、
親には私の連絡先を一切知らせてないので、今は安泰です。


271: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 19:32:39

>>270
そ・・・壮絶だ・・・・


272: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 19:35:30

>>270
実は実家は安徽省や江西省あたり?
日本とは思えん。


273: 247 2007/10/26(金) 19:43:29

>>272
これも中国の人があらぬ誤解をされるとお気の毒なので、違うと申し上げておきます。
北関東の某県です。
私の親戚とその周囲だけが変なのか、その地域一帯が変なのか、そこまではわかりません。
しかし、身内に身障者がいることを隠したがったり(近所の人は全員知っているのに)、
レイ○被害者や都会のひとり暮らしの女を、「どんな男とも寝る生活が乱れている女」と見たり、
という偏見は、東京では信じられないくらい根強い地方だと感じています。


274: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 20:15:04

>>247
乙。かくまってくれた彼といつまでもお幸せに


275: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 20:19:58

>>274
ちゃんと読めよ


276: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 20:20:12

離婚したと書いてあるわけだが。


277: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 20:20:34

いやいや、乙でした…
かくまってくれた彼とは別れてしまったのか…


278: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 20:57:24

つか、娘を池沼に嫁がせようなんて、それでも親ですか?
頭に何か湧いてるんじゃないの?赤虫とか。


279: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:01:55

金に目が眩んだんだべ。


280: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:03:44

…人身売買かよ。


281: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:11:13

田舎だと、娘が25歳すぎても独身だと親は肩身が狭いという話はよく聞く。
不幸な結婚をするくらいなら独身のほうがまし、という考えがないから、
いき遅れは身障者以上に身内の恥、という家も珍しくない。
もちろん、結婚しないでキャリア追求なんて論外。
それから、分家筋の人は、本家の奴隷同然というところもあるよ。
そういうところだと、池沼に娘を無理に嫁がせる親なんて、というよりも、
親の側が、スペック的につりあうぐらいに考えてるよ。
女に発言権がなかった昔は、こうやって無理矢理結婚させられてたんだろうな。


282: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:30:37

そう言うのってどういう田舎なんだろ。
うちの母親は、東北の田舎出身で地方都市で一人暮らしした後28歳で恋愛結婚
→その後離婚、離婚した事は実家近所にもなんとなくバレてたけど
別に後ろ指指されるような事はなかったけどなあ


283: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:53:01

こういう話は地域特定しても別に意味はないから。


284: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:53:25

そういうわけのわからない話は、都会でもあるよ。
母親は横浜の下町出身なんだけど、生まれつき足が悪い幼馴染の女性が
「私はグズで肩輪だし、不器量だから、健常者にはふさわしくない」
わざわざ盲人男性と結婚したという。
盲人の夫と足が悪い妻では、ろくな働き口がなくて、二人合わせても
かなりの低収入で、今に至るまで安アパート暮らし。
その女性の両親は美男美女で、お父さんは某有名企業の役員だというのに、
「お前はお母さんに全然似ない不器量だから、目が見えない人がいい」
むしろ祝福していたという。そして、お母さん似の美人の妹は、
玉の輿に乗せて、裕福な生活をさせて満足しているという。


285: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 21:59:33

障害者の女性が同じ障害者の男性を選ぶ、と言うのはよくあるらしいけどね
「自活出来ない、自分に逆らわない従順な女」を求めて障害者の女性と結婚したがる
健常者男性も多いから。


286: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 22:49:43

そういうのって「健常者」男性と言いたくないな…
頭がおもいっきり不自由なのに


287: 愛と死の名無しさん 2007/10/26(金) 23:10:35

障害者どうしで結婚したがる以前に、周囲の刷り込みがあるんだよ。
健常者には障害者の配偶者は足かせにしかならないから、分をわきまえろ、
みたいな調子で、健常者は障害者なんか見たくないんだよ、
障害者は障害者どうしいたわりあってひっそり暮らしていろ、とやるんだよ。
ホンネは、障害者の世話を押しつけて、係わり合いになりたくないから。
だから、「障害者女性=自活できないから従順な女」と勘違いする
頭が不自由な男が出てくるんだと思う。


288: 愛と死の名無しさん 2007/10/27(土) 00:53:18

障害があると養護学校とか訓練施設や作業場など、障害者ばかりのところに
行くことが多いから、健常者と出会うより障害者同士で恋に落ちることが増える。
健常者が相手だと、自分のハンディで迷惑かけたくないとか変に気負うことがあるけど
障害者同士ならお互いハンディを持ってるってことで気楽に付き合えたり。
…という、障害者同士で結婚したカップルの話を読んだことがある。
周囲の押し付けだけでは、そうそう簡単に結婚までいかないと思うよ。


289: 愛と死の名無しさん 2007/10/27(土) 01:34:13

>>284
>わざわざ盲人男性と結婚
その女は自己満でいいかも知れんが、相手にとってスゲー失礼な話だね


290: 愛と死の名無しさん 2007/10/27(土) 01:46:17

>>288の言うように、障害者どうしの交流の輪の中で出会いがあって、
当人どうしが望んで結婚するなら、おめでたいけれど、
障害者の軽い人を、重度障害者の世話役にしちゃおうと
周りが押し付けるような結婚は、ウーンと思う。
池沼と無理矢理結婚させられそうになった>>247の話は凄いけど、
>>284の盲人男性と足が悪い女性の結婚にしたって、
姉には「お前は不器量だから盲人と結婚しろ」と貧乏暮らしをさせて、
美人の妹には玉の輿にのせる親というのが、引っかかるんだよ。
これも一種の打算婚なんだろうね。


298: 愛と死の名無しさん 2007/10/27(土) 12:18:58

式は見てないけど障害者の結婚話で思い出した話を一つ。
小学生時代の同級生に軽度の知的障害者(♀)がいた。
彼女は少し人と話がかみあわない所を除けば、
明るくて屈託のない人。
十数年ぶりに街で遭遇した時も
向こうから声をかけてきて軽くお茶することになった。
彼女は学校で理科の先生をした後、
お見合いで遠方の農家に嫁いだとの事。
教職についたというのが意外で驚いたけど、
素直に感心して順風満帆な彼女の人生を祝福した。
話のついでに大学での専攻や卒論のテーマを尋ねたが
そこから先の話はどうにも噛み合ない。
そこは相変わらずなんだな~、とあまり気にせず別れた。

実家に立ち寄った折に、
親に彼女の話を伝えると真相を教えてくれた。
中学から養護学校に進んだ彼女は卒業後、
学校のお手伝いと称して学校に通い続け
理科室のお手伝いをしてたかなにかで
「自称理科の先生」になっていた。
そのまま理科の先生という触れ込みで遠方の農家とお見合い結婚。
知的障害があることは親が伏せて縁談したため、
結婚して数ヶ月ですったもんだして出戻ってきた。
彼女の話はそのすったもんだの時に近所中に知れ渡ったそうだ。
その後ほどなくして彼女は別の街に再婚して
引っ越して行ったということだった。

私が彼女と話した時の感じでは、
多分彼女はまだ自分の夫がチェンジしてる事実に気づいてない。
親としては将来を考えてどうしても結婚させたいんだろうけど、
本人に意志も認識もないままに
結婚するということが幸せなのか不幸なのか、よくわからなくなった。


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul