FC2ブログ

---スポンサードリンク---

デパートの紙袋に入った荷物を横合いから投げつけてきたオバサンがいた。びっくりして、反射的に、その投げつけられた紙袋を持って、投げたオバサンに渡し、返したら、オバサンは、なぜか、「なんでですか!?」と、金切り声をあげて叫び出し始めた。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1523848170/
その神経がわからん!その41


250 :名無しさん@おーぷん : 2018/04/27(金)01:23:44 ID:31W

今日体験した、奇妙なできごと。

ぽつぽつ座席の空きがある程度の混み具合の電車内で、座ろうとしたら、
その時に、ばさーっと、勢いよく、デパートの紙袋に入った荷物を
横合いから投げつけてきたオバサンがいた。

びっくりして、反射的に、その投げつけられた紙袋を持って、
投げたオバサンに渡し、返したら、オバサンは、なぜか、
「なんでですか!?」と、金切り声をあげて叫び出し始めた。




---スポンサードリンク---


紙袋投げつけオバサンの目の前に座っていた若い女性が、
怖かったのか、紙袋投げオバサンに「ここどうぞ!」と言って席を立ち、
オバサンに席を譲ったのだけれど、
その紙袋オバサンは「いえ、いいです!!」と、そこに座るのはなぜか強い口調で拒否し、
その若い女性とも、オバサンは、「どうぞ!」「いいえ!!」と、
ちょっと、激しい押し問答気味に。

若い女性がほどなく、逃げ出して、別の車輛かどこかへ去り、
オバサンの前に、もとは女性が座っていた、空いた席が残されると、
紙袋投げつけオバサンは、今度は、その席の上に、紙袋を載せ始めた。

オバサン本人が席に座るのではなく、本人は立ったまま、
いくつも持っていたデパート紙袋を、座席にひたすら積み上げるのだ。

やがて途中の駅で乗り込む人も増えて、ぽつぽつ空いていた座席はすべて埋まり、
電車内が混雑してきたのだが、
紙袋オバサンは、座席に積み上げた紙袋をどかすわけでもなく、
その席に誰かを座らせることはせず、積み上げた紙袋の前で、立ったまま、
への字口の奇妙な表情の顔で、紙袋だけがいくつも積まれた席をにらみ続けていた。

神経がわからんというより、不思議だ。
その紙袋オバサンは、何かの病気だったのだろうか?
電車内の座席に紙袋を積み上げて載せることだけに、やたら執着している様子だった。



251 :名無しさん@おーぷん : 2018/04/27(金)04:47:11 ID:cYV

>>251
多分 ゴールデンウィークに配る進物を纏めて買って持って帰ってる途中の電車の中で
色々疲れちゃっていっぱいいっぱいで
周りを気遣う余裕無かったんだろうな
って思った



252 :名無しさん@おーぷん : 2018/04/27(金)07:24:58 ID:mTl

>>250
なんか、神経が分からんというよりも異質な何か感じるな……。



253 :名無しさん@おーぷん : 2018/04/27(金)07:27:16 ID:kQV

>>250
世にも奇妙な物語みたいだな



255 :名無しさん@おーぷん : 2018/04/27(金)08:41:57 ID:bTk

電車の中で奇妙な行動とる人はそばに仲間いるかも
しれないからオカルト的視点で捕えないように。
某私鉄でおばさんが奇声あげてあばれてるの見たことあるけど、
ひととおり上がれた後に傍で見てたおばさんとどっか消えたの見たことあるから。
なんかのパフォーマンスかもしれない。



277 :250 : 2018/04/27(金)16:17:15 ID:31W

レスくれた人どうもありがとう。

そうなんだよ、あまりにも
紙袋オバサンの奇妙な行動の理由がさっぱり見当つかないもんだから、
それこそ、いっそ斜め上な、
オカルトな儀式が理由とか?なんて少し思ってしまったりしてさ。

あの有名な、八丁堀だか、
「駅に盛り塩があるのを蹴散らし~」の怪談みたいに。
オバサンが「この路線に、紙袋を人に見立てて座席に乗せて運ぶ儀式」なんてな。

ちなみに、紙袋オバサンが出現したのは、JR総武線の錦糸町駅~秋葉原駅くらいの区間。

オバサンが積み上げていたたくさんの紙袋は、すべて三越の紙袋で、けっこう大きめのサイズ、
最初に横合いから投げつけられた時にオバサンに渡し返したので、自分もひとつ手に持ったわけだけれど、
紙袋が大きいわりに、だいぶ軽い物だったよ。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon

友人「泊めてよ!」私「絶対ダメ(`・ω・´)!」友人「なら押しかけてやる!」→前歯と鼻が折れて体も痣だらけの状態で発見。私が見つけた時は顔が血だらけだった。私「だからダメって何度も説明したのに(´・ω・`)」→ダメな理由は……。
ニートコウト「トラック頼んでねーのかよ!まじ使えねーわーうちの嫁。一両日中にやる事!いいな!ネット回線は~(どうのこうの」ここで夫が「頼むのはやってやるけど、住所はどこなんだよ。」と。私「なんでコウトさんがうちに住むんですか?え?なんで??変…」
【豹変】私「それはピルといって……毎日飲まないといけないものだから返して」友人「最低!!男とやりまくってるとか!!汚い風呂に入っちゃった!!うつされる!!こんな性病汚染されたところだなんて知らなかった!」
【伝説の結婚式】新郎母「黙ってて下さい!嫁のしつけです!」スタッフ「新郎様、これは…」新郎「あー、やらせてやってください」スタッフ「新婦様は…」新郎「文句は言いませんよ、嫁にもらってやるんですから」新婦父「(;゚д゚)」新婦「(゚Д゚)」
昨日、元彼女父がいきなり訪ねてきた。元彼女が俺の結婚を知って自サツ未遂して、今精神病院に入院してるって俺といつか結婚できる日をずっと夢見てたらしいあの威張ってた元彼女父が玄関で土下座して「奥さんと別れて娘と結婚してください」っていってきた。
【多動の男児6歳を託児され続けた1年間。】当時私は新婚ホヤホヤ。まだネットを知らず、託児ママだのいい嫁キャンペーンだのいう単語は知らなかった。でもあの時期私がやってたことはまさに「いい嫁キャンペーン」だったんだと今にして思う。
病院に両親が来て「元旦那が困ってるから早く家に帰れ、怪我位で入院するな。」と大騒ぎしたけど、大トメさんから「あなた方は本当に親ですか。娘がこんな姿になっているのに出る言葉はそれですか!」と怒鳴られて退散。
私「義兄嫁さんだって、拒もうと思えば拒めたはずですよ。私の境遇と今の自分の暮らしを秤にかけたんじゃないんですか?私はクソ嫁って呼ばれてましたよ。我が身可愛さで肝心な時にトメの言いなりになったくせに、責任転嫁しにくるってどういう了見ですか?」
彼「いやー私さんといると楽しいなーそれになんか落ち着く。自分の全てを晒け出せそう!」私「えー?何か悩みでもあるのー?」悩みとか言ったら告白し辛いかー!(ノ∀≦ *)ごめんごめん♪とか脳内暴走してたら→あぁ彼が××××だなんて!!信じたくない!!!
【壮絶な復讐】県外に嫁いだ友達が、ある日赤ちゃんを連れて遊びに来た。友達は痩せていたが「母乳をあげるとどんどん痩せるんだ」と言っていたので信じた。結果的に言うと友達は自サツした。友達母はそこから加害者たちを決して許さなかった…!
泥ママ「これは私の!嘘つき女!警察仕事しろ!」警察「逮捕してもすぐ出てくるかと……刑務所には行かないので、出てきた後の報復を考えたら被害届けは下げた方が…」義母「あなた達は泥棒を庇うのですか(`・ω・´)?」
【悲痛】兄は土下座して「怖くて言えなかった。お前がイタズラされてたの知ってたしあの日も見た」と謝ってきた。それを見て両親も土下座してきたので、三人とも頭を踏み付けて「お前らのせいで娘は、妹は、こんなんなっちゃったよ」と笑ってやった。
五人姉妹の四女が旦那にDVを受けていた!糞旦那を姉妹全員で追いつめたが、妹旦那「殴るわけないでしょうが!こんなに愛してるのに!」「違うう!!」四女は叫びながら下半身の無残な傷跡を見せた!父「お前ーーー!!!」
コトメ「そういうつもりなら、うちの息子を頼れると思わないで」なんかもう、私も夫もすっかり疲れてしまって、夫はついに「そちらがそう言うなら、仕方ない。今後の付き合いもなしで結構」と言い渡した。コトメ、目をまんまるにしてぽかーんとしてた。
社会人1年生の女が一人暮らし!マンションの一階には組員の手下風のチンピラ&ヤンキーがいるという素敵な環境。ある日、自分の住んでる階に変質者が現れ私さん絶叫!!→ヤンキー「おいどうした(`・ω・´)!!」
【逆襲】T子、静かに泣き始める。女子グループ微妙な顔。「私もうあんたみたいな人間のクズに関わるのイヤなんだよね。同じ空気吸ってんのもイヤ。こっちはあんたのこと無視してんだから、これ以上余計な真似して関わってくんな。気持ち悪いわ」
旧友「あの子は気付いてないから大丈夫。私が勝手にスカっとしてるだけー」私「気付いてないわけがないでしょう!言っとくけど、自分だけじゃなくて親まで貶められた悔しさは、絶対消えないよ。忘れたとか、悪気はなかったとか、通用しないからね!」
普通の私ちゃん、イジメに遭ったので呪いをかけた。ついでにお稲荷さんにもお参りにいこ→二日後いじめっ子が車にはねられる。え(´・ω・`) ?→「(私)が稲荷を使って呪った!もっといじめろ(`・ω・´)!」→そして……。
義父「そんな顔腫れるもんなのかーこうしてみると冗談みたいで面白いな!、義母「もう一回抱かせたらもっと赤くなるのかしら?」義父「おお、それ面白そうだ。まぁもう一回くらい触っても大丈夫だろ」その瞬間、嫁が義父の顔を殴った。



△ページトップへ戻る
[ 2018/05/02 05:00 ] 非常識 | TB(0) | コメントする(0)
スポンサードリンク
最新記事
毎日更新


a href=/ulspan style=color:#FF0000