FC2ブログ

---スポンサードリンク---

ふと「オレゴン州で邦人警官に射殺される」という見出しが頭をよぎった

実話にまさるものなし~たった四杯で夜も眠れず~
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1044870493/

392: 光の翼 03/03/06 05:58
数年前商用で部下と渡米した時の「とある一日」
レンタカー移動だったのでモーテルを借りようとしたが、夜も遅かった為に何処も満室。
マップに従いハイウェイ付近のモーテルをピックアップしようと道に停車し、部下が降りて
モーテルの空室状況を確認しに行った。手持ち無沙汰だったので私は車から降りてタバコに
火を付けた。夜空は、それはそれは星が綺麗だった。不意に、後方からえらく眩しい車が
接近してくる。輝度の強いサーチライトと交互に明滅するヘッドランプ。
警察の車輌だ。サーチライトでレンタカーを浮き彫りにする形で停車すると肩に据えたデカい
マグライトを照らしながら恰幅の良い警官が降りてきた。どうやら私に用があると見える。

「ここはハイウェイランプに接続する場所で停車は禁じられている、何をしているのか?」
「今、友人がそこのモーテルの空室を調べており、私は待っているところです」
「身分証を提示せよ」

そんなやり取りをしながら、仕方なくゆっくりとパスポートと国際免許の置いてある
コンソールに手を伸ばそうとしたその時、口にくわえていたタバコがスーツの胸ポケット
にすっぽりと落ちた!それと同時に私はかなり”あたふた”し始めた。すると・・・

---スポンサードリンク---
393: 光の翼 03/03/06 05:58
「フゥリイ~~~~~ズッ!」

静寂を破る怒号と鈍い金属の擦れる音と共に警官が銃口をこちらに向けている!
警官の人差指に私の生命が掌握されていると思うと相当気分のいい事ではない。
ふと「オレゴン州で邦人警官に射殺される」という見出しが頭をよぎった。
こういう時は何故か周囲との相対速度が変化するらしく、凄まじいスピードで
あれやこれやと消去法を脳内実践し、努めて冷静に「ダンヒルでオーダーしたスーツ
をきっぱりと諦めて両手を挙げて車に突っ伏す」を選択。辺りにはほのかに何かが
確実に「焦げて」いる匂いがした。手際よく警官は私の身体検査を済ますと、
タバコの為に妙な挙動を取った事情が飲み込めたらしく
「生憎だったね、今度から胸ポケットには灰皿を入れておくといいよ」
と放心状態の私にどーでもいいアメリカンジョークをかました。
一連のドタバタが終結した後に、恐る恐る部下が様子を見に来た。
「空いてますよ・・・凄かったですね、まるで映画のワンシーンみたいでしたよ!」
 その日から2~3日の間、部下に冷たい私だった

スーツ?帰ってからフリマでカミさんが売りましたよ、確か500円で。
「ちょっと焦げちゃったりしちゃってるけどね~」だとさ。20万したのに・・・
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul