FC2ブログ

---スポンサードリンク---

「本当に来たのか。常識がない」新婦実母を睨みつける新婦父。「○○ちゃんを生んだのは私。出席して何が悪い」と言い返す新婦実母。「今更どのツラさげて・・・」と、顔をしかめる新婦祖父母ならびに伯父伯母たち。間に挟まれ、おろおろする新婦継母・・・。

http://life7.5ch.net/test/read.cgi/sousai/1119892455/
目撃ドキュ17◆◇サムかった、披露宴…◇◆


156: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 09:23:55

先日結婚した従兄の結婚式でのこと。
新婦の両親は、新婦が中学生のころ母親の不倫が原因で離婚。
新婦は父親方に引き取られ、新婦の父も母もそれぞれに再婚してるという。

披露宴当日。
配られた席次表を見て、全員愕然。
そこには「新婦父」「新婦継母」「新婦実母」と、肩書きが書かれてた。
「本当に来たのか。常識がない。」と、新婦実母を睨みつける新婦父。
「○○ちゃんを生んだのは私。出席して何が悪い」と言い返す新婦実母。
「○○ちゃんを捨てて男と出ていったくせに、今更どのツラさげて・・・」
と、顔をしかめる新婦祖父母ならびに伯父伯母たち。
間に挟まれ、おろおろする新婦継母。
・・・恐かった。

そして、披露宴クライマックス。
新婦の読んだ手紙の内容はというと、
「私を捨てて出て行ってしまったことを恨んだ日もあったけれど
私のお母さんは、死ぬまで、お母さん、あなた一人です」

と、最初から最後まで、母が出て行ったことに対する恨み、寂しさ、悲しさ、
それでも母を愛している、という内容。

両親の離婚、再婚でのゴタゴタは、きっと新婦にしかわからない辛さも
あったのだろうけれど・・・恐かった。




---スポンサードリンク---
158: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 10:31:35

>>156
今まで育ててくれた継母には何もなかったの?なんかそれって継母がカワイソス(´・ω・`)


159: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 11:01:07

両親が離婚してるのって微妙だよね…。
うち、彼の両親が離婚組で父親と別離。でも彼にとって父親はこの世に1人しかいないわけだし、
結婚式に呼んだりするのかな?と思って恐る恐る聞いてみた。彼「呼ばないよ!」とキッパリ。
かなり根が深いみたい…離婚って夫婦だけじゃなくて家族の絆にも傷つけちゃうんだなあと改めて実感。


161: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 11:47:44

>>158
生みの親はあなた一人ですって言うからにはフォロー無しだろ。
継母カワイソス


162: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 12:00:40

>>156
新婦にしてみれば、中学生くらいの一番多感な時期に母親がいなくなって
尚のこと母親という存在が強くインプットされてしまったんだろうな。
おそらく新婦父が再婚したのは数年経ってからだろうから
10代後半~20代くらいに来た継母を「母親」と慕いきれなかったのかも知れない。

そう推測すると、「母親はあなた1人」と言いたい気持ちはわかるけど
それにしても大勢の前で、新婦の手紙という場面で
そういう手紙を読んでしまう新婦は相当痛い。


関係ないけど、「死ぬまで母親はあなた1人」と言い切った事により
新郎母への牽制にもなったんじゃないかと考えてしまう家庭板住人。


163: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 12:05:17

>>162
なら同居せずに一人暮らししろよ、と思うよね。
一人暮らししてたら、そんな「母親」としてよくも悪くも意識しないと思うんだけど、
そこまで憎いということは、同居して確執があったんだと思う。

異母兄弟とかはできてたんだろうか。そのきょうだいとの間も気になるね。


165: 愛と死の名無しさん 2005/07/11(月) 12:35:35

>>156

披露宴当日まで、親族はおろか父親にも
実母を呼んだ事を黙っていたんだろうか?
それだけでも新婦をDQN認定したい…。
言えば反対される、とでも思ったんだろうが
裏切られた当事者である父親にとっては
騙し討ちでしかない。非道過ぎる…。
せめて事前に話をして、それでも認められないなら
披露宴そのものをしないとか、別日程で実母を招いて
何らかのイベントをセットする選択もあった筈。
自分の晴れの舞台で過去の蟠りを清算しようとしたのかな。
だとしたら、やはり事前にきちんと筋を通さなきゃ…。

単に自分の幸せだけを優先しただけだとしたら
その新婦、結局実母と同じ過ちを犯してるな。


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul