FC2ブログ

---スポンサードリンク---

レストランに入るとき「4名さまですね」とお姉さんがニコッと笑ってくれた。「え…?私たち3人ですけど」お姉さんは笑いながら「4名さま、こちらどうぞ」と席に案内してくれた。父「お兄ちゃん居るの?」と後ろに向かって聞いたりして、泣きそうになってた。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1532137404/
何を書いても構いませんので@生活板64

440 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)10:49:56 ID:23u

忘れられない不思議な体験を聞いてほしい。

物凄く長いので本当にごめんなさい。いくつかに分けます

2年前、兄が亡くなった。
我が家は兄が家族の中心で、兄が本当に大好きだったし、尊敬していた。
いきなり兄が病気で倒れて、数日後、目を覚まさずにそのまま亡くなった。
私も母も父までも放心状態、葬式は祖父母がメインで取り仕切ってくれた。
喪主は父だったけど、私たちも何をどうしたか記憶がない。
葬式には家族葬だったけど兄の職場の人や、友達が沢山駆けつけてきてくれて泣いてくれた。
兄は本当に好かれてたんだと、誇らしくなった瞬間、兄が居なくなったことにショックで泣き続けた。
幼稚園の時の担任までもが話を聞きつけて、仏壇に手を合わせてくれた。




---スポンサードリンク---


特に母の落ち込みは酷く、毎日、毎日泣いていた。
家は暗くなり、みんながみんな目的もなくただ、仕事して食べて寝る生活。
周りが心配してくれて、たまに会いにきてくれた。兄の話をされると泣いてしまう毎日だった。
でもそれが変わったきっかけがあった。
何となくテレビをつけたんだ。そしたら、昔家族で行った旅行先が特集でしていた。
飛行機で東京へ、そこから浅草まで移動して、そこから栃木までスペーシアに乗った。
スペーシアで母のお弁当を沢山食べて
日光東照宮を見て、あれが「見ざる~」だと笑って見て
帰りは宇都宮餃子をたくさん食べて、口の中を火傷して笑った。
東京に戻り、ディズニーシーに行って、兄に大きなシェリーメィのぬいぐるみを買ってもらったんだ。

その日の夜、父は旅行のパンフレットを持ってきて
「なあ、旅行に行こう」
と言って笑った。久々の父の笑顔を見た。
一番早く行ける時期に同じルートで旅行へ行った。
そこから不思議なことが起きた。



441 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)10:54:08 ID:23u

つづき
>>440

関空から羽田に着いて、浅草に向かう途中、電車でずーっと泣いている赤ちゃんがいた。
父はその子を見ながら「兄ちゃんはなぜか電車に乗ると泣く子だったんだ」と微笑ましく見守っていた。
そんな兄が必ず泣き止むのが鼻を摘み、下唇をつまみ、上下に引っ張ると
必ず大笑いして泣き止んだらしい。
父が何となくそれを赤ちゃんにしてみると、赤ちゃんはピタリと泣き止み、笑い出した。
赤ちゃんのご両親も驚き、父にお礼を言っていたけど、一番驚いていたのは父だった。
偶然だけど、その子供の名前は兄と誕生日が同じだった。
(いくつですかー?の問いに来月の4日で1歳になります~という会話で発覚)
母と不思議な事もあるもんだと話していた。

浅草に着き、スペーシアに乗り込むと割と満席に近かった。
予約しててよかったねと話しながら席を向かい合わせにするか悩んでいたら発車。
途中から乗り込んでくる人は観光列車だし中々いないだろうと、図々しいけど向かい合わせにして、
テーブルを広げてさあお弁当を食べるかーとなったら、
春日部辺りで男の人が「あの…」と声をかけてきた。
あ、やばいこの席だーと申し訳ないなと思ってたら、
母が「わーごめんなさい!よかったらご飯食べませんか?!」と声をかけた。
男の人は一瞬嫌な顔をしたように見えたけど、「ええ~でも迷惑でしょ?」と言って遠慮したけど、
そこは母の大阪のおばちゃん根性なのか「いいから座って」と無理やり座らせた。
正直言って、母は大量に作りすぎていて、3人では到底食べきれなかったから助かった。
男の人は物凄く喜んで沢山食べてくれた。兄も大食いだったので、まるで兄を見ているようだった。
母は途中で泣き出して戸惑う男の人に何度も謝り、どうしてこの旅行をしたかを男の人に話した。
そしたらその人は「きっと、お兄さんももう一度、一緒に旅行したかったんじゃないですかねー?」
と言ってくれた。
男の人は「変なこと言ってごめんなさい」と謝ってたけど、
私たち家族にとっては物凄く救われるような優しい言葉だった。
男の人に残りもので申し訳無かったが、パックに詰めて渡すと
「とても美味しかったです、ご馳走様でした」と兄に似た笑顔で言ってくれて、
私はちょっと惚れかけた。(薬指に指輪があったから無理だけど(笑))



442 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)10:54:58 ID:23u

>>440 >>441

これで最後


日光東照宮に着き、猿を見ている時、勝手に隣に居るのは父だと勘違いし、
知らないおじさんに声をかけてしまった。
慌てて謝り、おじさんも「ええよええよ」と許してくれたところ、
両親がそのおじさんを見た瞬間「田中さん?」と叫んだ。
田中と呼ばれたおじさんもびっくりして「佐藤くん!あけみちゃん(母の名前)!」と叫んだ。
どういう関係か聞くと、両親が昔働いていた職場の上司だった。
田中さんが転職し、手紙のやり取りをしていたが、
阪神淡路大震災がおこり、田中さんも両親も引っ越してしまい、連絡が取れなくなっていたらしい。
たまたま同じ時期に旅行しにきて、再び会えたことに両親も田中さんも大喜び、
今度ご飯でも行こうと今度は電話番号を交換し別れた。
両親は兄が再会させてくれたんだ!!と喜んでいた。

餃子を食べながら、両親とこんな不思議なことはあるのか?
絶対おかしい、仕掛け人が居るんじゃないかと話していたが
赤ちゃんが泣き止んだのはただ単に父の顔が面白いからだ。
誕生日が同じ人なんて沢山居て当たり前だ。
スペーシアの男性は母が無理やり食べさせて迷惑だったはずだ。
田中さんに出会えたのは、そんな時もあるさ。と両親と言い聞かせて居た。


翌日、旅行最終日はディズニーシー、兄は絶叫系ダメだったよね。
無理やり乗せて怒られたよねと思い出しながら歩いて居て、
ふと、ダッフィーのぬいぐるみが目に入った。
そうだ、兄にシェリーメィのぬいぐるみを買ってもらったんだったと思い出し
相方が居ないと可哀想だからとダッフィーのぬいぐるみを買った。
そのあと予約していたレストランに入るとき「4名さまですね」と受付のお姉さんがニコッと笑ってくれた。
その時、「え…?私たち3人ですけど」と言うが
お姉さんはニコニコと笑いながら「4名さま、こちらどうぞ」と席に案内してくれた。
父が「お兄ちゃん居るの?」と後ろに向かって聞いたりして、泣きそうになってた。
すぐに4名様というのはダッフィーのぬいぐるみを指しているとわかったが、
私たちにとっては兄も一緒に旅行しているんだと嬉しくて仕方なかった。
ご飯を食べながらまた泣きそうになってたら、母が「笑おう、お兄ちゃんの為に笑おう」と言ってくれた。

旅行から帰ってきて、ふと、何かが吹っ切れた気がした。
先日父にあの時旅行企画してくれてありがとね、と何となく言ったら
「あー、あの時旅行でも行かないとお前が就活失敗すると思ってな」と笑って言われた。

今兄と同じ仕事をしてて正直、理不尽なことで叱られたり、つらいこともあるけど、
私も兄のようにコツコツと頑張ろうと思う。
もうすぐお盆なので、兄が帰ってきてくれないかなーと期待を込めて!
長くてごめんなさい



443 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)11:24:47 ID:b9D

>>441
この男の人視点の話なかったっけ?



444 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)11:28:08 ID:5WF

何か読んだことある感があったけどそういうことか



445 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)11:36:10 ID:5WF

>>441のサルベージしてみた

何を書いても構いませんので@生活板53
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1511354137/208

【関連記事】
母親「はい!お仕事お疲れ様!コンビニのおにぎりなんてあかんよ!」「量作りすぎてー、もー、ほんまアホやわあ」とゲラゲラ笑いながら、海老や蟹の殻を剥いては、俺に渡してくれる母親。「こいつ、アホやねん」と言ってビールを注いでくれる父親。



446 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)12:34:20 ID:hMW

>>445
すごい!探すの早いね
気になってたのすぐに読めたよ
ありがとう



447 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)12:44:56 ID:5WF

>>446
最初は自分も気になって明後日方向の検索してたけど
「男の人視点の話」で的が絞れたので>>443のおかげっス

しかし偶然が重なった巡り合わせだったとしても
結果家族の心が救われたのならお兄さんも喜んでると思うわ



448 :名無しさん@おーぷん : 2018/08/01(水)12:45:59 ID:6M3

>>447
お兄さん、これみて欲しいなー。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon
【オカルト】Aさん「あ……私さんのところも『あっち』から帰ってきたんですね。うちの子も、ほら、手を離しちゃダメですよ?」私「あの、一体何の話を……」Aさん「何って、ほら、ちゃんと息子さん掴んでなきゃダメですってば」私、鳥肌。Aさんは……。
コトメの娘が風呂場でタヒんでいた。警察「事故として処理します」私『(事故?そんなはずない。何かおかしい……)』 → ある日、泥酔したトメが衝撃の真実を……。
会場の照明が落とされ、DVDの上映です。そこに映ったのは、厚化粧のオバハンがウェディングドレスのスカートを巻くり上げ、教会の祭壇に両手を付いて尻を後ろに突き出し、フロックコート姿のイケメンにバックから突かれまくりアォンアォン啼く姿!
高校生の頃、8月31日。遊びに出かけようと思ったら、近所の八百屋の奥さんが「怖いよー、怖いよー」とまるで園児のように泣いていた。奥さんが言うには、「部屋に知らない男がいる」とのことでそれが普通の人間ではないらしい……。
あまりに矢継ぎ早に言うものだから、ポカンとしていると、何?文句あるの?じゃあ離婚だなあ。とニヤニヤ。スーッと冷めて二つ返事で離婚に同意。すると旦那は驚いた顔をして、それまでの態度が一変、土下座せん勢いで謝り倒してきた。
友よ、あなたはいつも「私の友達」ということでサービス料金免除されてたがこの店は高いです。友人はママにいろいろ叱り飛ばされ、反論を試みたが「やかましいっ!そこまで自信あるなら自分自身の魅力だけで金を稼げ」と怒鳴りつけられ泣きながら帰ったそう。
娘が原因不明の体調不良に襲われた。ベットで弱る娘、そのとき震災は起きた。娘の身体は家具の下敷きだった。「私の重さが私自身を押しつぶして動けない。母さん逃げて」部屋は煙ってきていた。火の手はそこまできていた。
新郎の元カノが披露宴に出現!新婦が元カノをよろけるほどひっぱたいて「お前どの面下げてここにきてんだ!」「隠れて何かしているのも知っている。もうお互い顔も見ないと言った癖にまだ何かあるのか」「ならまたお話合いでもするか」と……。
友よ、あなたはいつも「私の友達」ということでサービス料金免除されてたがこの店は高いです。友人はママにいろいろ叱り飛ばされ、反論を試みたが「やかましいっ!そこまで自信あるなら自分自身の魅力だけで金を稼げ」と怒鳴りつけられ泣きながら帰ったそう。
「あんた、自分の母親の顔も覚えてないのに謝りに来たの?」と上の子に言ったらハッとして私の顔を見て言葉を失ってた。「中学3年生なら言っていい事と悪い事の区別くらい付くでしょう。うちの姉は家政婦じゃないんだよ。あんた達の親だから叱るんだよ?」
ディズニーに行くよって変な時期に家族旅行して、帰りに俺だけ駅に捨てられた。ミッキーのカチューシャつけたまま、両親と弟はどこいったんだと泣いてた記憶があるわ。警察に連れて行かれて、そのあとしばらく施設で暮らしてたら、あるとき知らない夫婦が……。
私「お姉ちゃん!何やってるの!?何食べてるの!!!どうしたの!!」姉の肩を掴んで慌てて生肉を取り上げると「ん?あー、大丈夫。あはは。大丈夫」と口調だけはいつもと同じ、何気ない返事。どうみても壊れた姉に恐怖が限界を超え私は泣き叫んだ。
【伝説の美人コトメ】コトメが実家の山に竹の子を盗みに来てイノシンに轢かれた。転げ落ちてくコトメが視界から消えたところで私はそっとカーテンを閉めた。
【校長カッコイイ】中学の頃、同級生に本屋の娘がいたんだが万引きで警察に突き出された奴らが「お前の親のせいで希望の高校にいけなくなるかもしれない!お前が責任とれ!」と本屋の娘をつるし上げるというとんでもない騒動があった。
「お前の事を最後の最後まで好きになれなかった。どうでもいい存在だった。こんな俺を許してくれ。」父親が余命僅かで、最後の親孝行やってたんだけど、「その姿を見てたら黙っていられなくなった。」と父親にとんでもない事実を激白された……。
新郎はパティシエの修行中。無駄にイケメン。新婦は一流企業のOL。親は同じ会社の重職。女の年収が男の2倍のいわゆる格差婚。しかもデキ婚。新郎が新婦をうまいことタラシこんだと噂。ところが、披露宴の新婦友人がスピーチで大暴露!!
おなかが下って止まらなくなった。ありえないくらいの下り様と痛みに不安になって病院行ったら、ここ数日外食やらしなかったかと。食べた店とイベントで差し入れがいくつかあったので提出したらその中の一つから大量の下剤の成分が検出されたそうな。
【惨い】新婦の顔が変わってた。小ぶりの鼻も童顔に似合うし、口を開いて良く笑う子だったのに。明らかに冷たい空気が流れてて、新郎は新婦を見ようともしてない。こっちも花びら持ってワクワク待機してたのに、出てきた瞬間に一瞬静まり返った。
兄嫁「これだから引篭りは。ろくに人付き合いもできない屑なのよ」確かに中学の時いじめに遭って私は引篭ってた。兄「昔から金ばっかりかかって、恩知らずなんだよ」傍で酒飲んでた爺ちゃんが「二人とも出てけ」と静かな声で言った。
義弟嫁が初めて敬語で「お願いします。どうかお義姉さん助けて下さい」だって。「私は旦那と同じ考えですから」と言って電話を切った。3年前の義弟嫁の言葉、たまにふいに思い出してはムカムカしていたがこれでようやくスッキリしたわ。
【クズ選手権】私は生命保険会社に勤めていたんだが、ある時友人Aのお母さんが亡くなった。それを知ったBが「(私)ちゃん、Aにいくらの保険金がおりるか調べられるよね?今度Aに奢らせて旅行いこうよ」
家の敷地に駆け込んできた弟の後から、下着姿の女性が追っかけてきたのを私と祖母が目撃!!シンママ「弟が誘惑してきた」「兄と結婚させてくれるなら許す」とか喚いて、わけわかめ。「兄の子どもが欲しい」「××だけでもいい」にはどん引き。
話を聞いた途端にAママが豹変。「じゃあ家の家族が旦那さんと一緒に行ってあげるよ!旦那さんも寂しくないよ?」「いやいや新幹線で行くから」って断ったら「高速道路安いのに。払い戻ししようよ。あなたの家の車なら皆乗るし」
A子「ガサツな私子に私旦那さんはもったいない。私旦那さんもA子のことが好きなの!だから別れろ!!」あまりの豹変に一同呆然とするも、旦那が「A子ちゃんに優しくしたのは、僕の奥さんの親友だから。それ以上でもそれ以下でもない!今後は弁護士を通せ!」
彼氏にプロポーズされた日、うきうき気分で家に帰る途中。いきなり知らない女に道をふさがれた!!うろたえていたら、その女が奇声を発して殴りかかってきた。逃げようと振り返ったら男が立ってて……二人がかりで私を引っ張り、車に押し込まれそうになった。
【報告者が……】「でも、どう考えても私と私旦那さんの組み合わせが普通じゃないですか?」私旦那は即否定、申し訳ないけど非常に迷惑しています、と言うと「?まさか本当に私さんが好きで結婚した訳じゃないでしょう。私達、もっと早く出会えれば良かったね」
結婚式の当日、待てども待てども新郎が来ない。新郎はおろか新郎側の人間は誰一人こない。新婦が電話すると新郎は出たものの「結婚できない。」など埒が明かない。新郎の実家は式場から近かったので新婦の父親がその住所にでむくと………新婦卒倒。
「どうして僕らが殴られなきゃいけないのか、わからないです」「僕らが何したんですか」2人はごく普通の人だったから、その言葉を聞いてちょっと混乱した。その当時は、正直A男がいきなり理由も無く人を殴るような人だったとは思っていなかったから。
双子の弟が「こんな貧乏なのに6人も子供作るなんて計画性ないよな。頭弱過ぎ」父がキレて弟をぶっ飛ばした。台所にいた母と姉たちが飛んできて、説明すると母がもう一度ぶっ飛ばし、長女がお盆で弟をぼっこぼこに叩いた。
母が一言「もし結婚のことで悩んでいるのなら、解決しないうちに結婚するのは絶対ダメ」って。そして「式場のキャンセル料なんか、娘の人生を守るためと思えば屁でもないよ」って。それで彼から言われたことを話したら母も父も卑怯な男とは破談で上等って激おこ。
【恐怖】Aは「…でも許さないから。永遠に許さない。」結婚して別県に住む姉からそちらの地方新聞が送られてきた。そこにはある事件に関する小さな記事が載っていて、その女の名前はAだった。
【因果応報】戦災孤児をいじめてた子の家が翌年火事になって両親が焼タヒした。いじめられっ子が放火容疑で警察に取調を受けたりしたが火事の原因は……。その後更に凄いことが起こった。町内に住んでいたいじめっ子の祖父母は孫の引き取りを拒否!実は!!
面白半分にあるビデオをダビングして、小学校時代に泥棒の濡れ衣を着せた同級生に見せた。その一週間後、その同級生は自宅で心臓麻痺で氏んでいたことを担任から知らされた……。
姉がノイローゼになって帰国。ノイローゼの姉が暴れ、両親が切れて大喧嘩。行く宛が無い姉が、新婚前夜~初日の私の家に転がりこんでくる。新婚初日から1年半、姉・姉子供、私夫、私で2DKのマンションで暮らし続けたのが人生最大の修羅場だった。
本家は呪われた一族だった。その呪いを本家の人間の代わりに受ける役として、私は離れの家に軟禁されていた。田舎コエェェww&元夫本家、そんなたたられるような事してんだwwwww
【悲劇】式の真っ最中に新郎の友人が新郎に何か耳打ち。その後、新郎はこわばった顔に……戻ってきたのはメイクで隠せないくらい泣き腫らした顔になった新婦だけだった。新婦から来た「結婚やめました」というお詫びメールによると新郎が出て行った理由は……。
「なんでー!!お前がいるんだよーーー!!!!」と叫んで、不良マンガで見たような折畳みナイフを取り出して彼に!!そこからは何だかスローモーションみたいだった。彼がボソっと「やっぱりお前か・・・」って言ったのがやけに印象的だった。
【最悪の一言】披露宴の終盤、いきなり一人でステージ上に呼び出された。「(私)さん、彼氏さんがいるのだまってるなんて水くさいです~××産婦人科から一緒に出てくるの見ましたよぅ★しかもそのあと空港で泣きながらお別れされてましたよね~」→実は……。
【報告者フルボッコ】A子の年収800万って書いてあった。それがもう悔しくて悔しくて、私の努力全否定された気分。せめて真面目に仕事してくれればここまでモヤモヤすることないのに。これってA子に「真面目に仕事やれ」ってはっきり言っていいものなの?
旦那原因の不妊だが周りには理由を話さず、義家族からの嫌味にも耐えてきた。結婚してから10年以上たったある日、旦那は若くて新しい女を連れてきて義家族も歓喜。……私は山を彷徨い、声をかけて貰えなかったらタヒんでいたかもしれない。
花嫁さんが思いつめたような顔で立ち上がり、小走りに入場口から出ていった。新婦のご家族が慌てて後を追いかけて、新婦の友人たちも一瞬みんな顔を見合わせたあと一斉に立ちあがって後を追いかけた。花嫁さん控え室で大泣きで新郎は、新郎父にぶん殴られた。
【GJ】私「私、前から言おうと思ってたんですけど、お義姉さんちのカギ、私にもください。お邪魔してお留守だったら中でお茶でも飲んで待ってますから」旦那「あのさ、姉さんにとっての「自分ち」ってどこよ?今住んでるマンション?それともココ?」
母の死後、弟に帰ってきてと頼み帰ってきてもらう。弟は母が死んでからずっと半ニート。私が家を出ないで、就職しないで家にずっといてと半狂乱で頼み込んだ。弟が帰ってきてから仕事は順調。結婚してもいいけど絶対に家から出て行かないでと頼み込んでる。
新婦父が入籍にはずっと反対していたとのことで「やっぱり家柄が問題?」と噂されていたのだけど、痺れを切らした新郎新婦が役所に行って、実は新婦が既婚者だったことが判明し、事態は紛糾。しかも、新婦自身知らなかったというから驚き。
【伝説の結婚式】新郎母「黙ってて下さい!嫁のしつけです!」スタッフ「新郎様、これは…」新郎「あー、やらせてやってください」スタッフ「新婦様は…」新郎「文句は言いませんよ、嫁にもらってやるんですから」新婦父「(;゚д゚)」新婦「(゚Д゚)」
【キチ】「寝たらどうなるか知らないよ?」異常な友人を家に泊めてしまった。深夜に起き続けることを強要し、寝てる子のまぶたを無理やりこじあけて、目薬をボタボタ……泣きながら起きてた、その子。親にも大不評で何度外に放り出そうかと考えたか。
【真価】凍りつく空気、息子が「親父!」と止めに入るが「昔は花嫁は親戚でつまみ食いしたもんだ!破瓜の血は縁起悪いって言ってなー!ふしだら者だったらまたそれが復活したりしてな、がははは!」ものすごい勢いでダッシュ、親戚を殴りつけたのは……。
友人が変タヒした。外傷は一切無く脳に障害も無くタヒに至るような薬物等も検出されなかった。過労や急激な温度変化も疑われたがそういう状況でもなかった、またジ殺する理由も無い。だけど俺は、俺だけはAがタヒ亡した原因を知っている。
結婚式数日前にレポート用紙が10枚くらい送られてきて、各人の分担表が書いてあった。自分の名前ももちろんあり、来訪者の接待、お茶出しとなっていた。友だちは、ヘアメイク、衣装着付け。他、20人くらいの友だちが係分担されていた。
【解決報告あり】サイトのメルフォに「君は運命の人だ。〇〇のコスプレをしてくれ」と自称腐男子が……。その後、知り合いの不審なメールを問い質したら、自作自演と認めた。「あなたのような最低な人間とは今後一切の縁を切る!」と通達後、翌日に襲撃された。
知人夫は立会い出産には間に合ったけど、知人妻は当分新郎新婦の顔は見たくないらしい。おまけに同じテーブルにいた他の友人の妻達も、事情を知って新郎新婦の非常識に怒りを感じたらしく、現在も新郎新婦は友人達から微妙に距離を置かれてしまってます。
【報告者激乙】小学生からの友人Aに同人デビューしたと報告され全ページ私の絵だった。学生の頃の交換ノートから、何処から入手したのかわからないものまで沢山。その後とんでもないことになり警察沙汰に……。
【共依存】旦那はずっと無職、本人は専業主夫と言い張るが家事は一切しない。金銭感覚が崩壊していて私のクレジットカードを勝手に使い、ゲームの課金にパチンコ三昧。そのくせコンビニでたまにご飯などを買えばキレる。この惨状を義母は笑って放置。でも離れられない。
【意外な後日談】新婦父「………(涙をこらえる)このような形で送り出すとは…断腸の思いとはこの事です。何かあったらすぐに帰って来なさい」会場は静まり返り、新郎は真っ赤になってうつむき、皿の音一つしない会場に響く新婦の号泣する声。
女の子「身長が低い人は奇形ですよね。貴方の娘はきちんと成長していないから、頭も悪いし、塾に行かせる意味あるんですか?」私達夫婦は背が低く、私153センチ、旦那は162センチ。娘は私達の遺伝か、140センチで身長がとまりました。
親友「兄が事故で亡くなったのに、主人やその家族がお葬式に出させてくれない」私「へぇ……(やだ怖い)」家族ぐるみで付き合いのある彼女の話の矛盾、違和感、嘘とも思えない彼女の剣幕に恐怖した。
「こんにちはフチカです!」→「あ、こんにちは・・(誰だっけ?)」 「フチカです!」「どうも・・・あの、何か?」「あの・・フチカ・・・・」→「うーん覚えのない名前」なんて言い合ってたんだけど「あ!フチカってまさか!」後になって気づいた。私かよ!
先日友人の披露宴に参加したとき、ローストチキンらしきものが飛んできて、ある女性の顔にヒット。会場のみなさん(゚Д゚)こんな顔。もう一つ同じものが飛んできたときにようやく、時間が動き出して、高砂から誰かがものを投げていることがわかった。
新郎母が披露宴で壮絶スピーチ!「お前は絶対にこんな夫になるな、私は絶対に嫁いびりはしない」→新郎祖母がうなり声をあげ、親族が「新郎母!お前嫁の癖に!!」と咆哮!「こっちにこい!新郎祖母に土下座して謝れ!」と言いながら親族が近寄ってきて……!!
義弟の結婚式で阿鼻叫喚。娘は泣きじゃくり私は「絶対に許さない。おかど違いは解ってるけど許せない」と言い捨てた。あとで旦那に聞いたところによると、子供たちを逃がしたあとは本当に修羅場だったらしい→結果……。
義兄「全部聞いたぞ!何の恨みがあって私さんに辛く当たる!?まさか、嫁いできた人は女中か召使とでも思ってんじゃねえだろうな!?」我に返った義母は「いやそれは」と弁解しようとするも「言い訳が通用する段階じゃねえだろうが!」とバッサリ。
【GJ】ウチの旦那はサッカー部で、披露宴は波乱の空気。だが下品なヤジに変わる前に、元鬼部長が立ち上がってくれた。つかつかと演台に立ちマイクをつかんで「××大蹴球部、全員起立!」もうこの段階で、体育会系野郎どもは直立不動!旦那まで脊髄反射!
【凶悪託児】実家でクリスマス会。行ったら知らない男の子A君がいて、パーティは阿鼻叫喚!A君パパひたすら謝り続けて半泣き。「俺の見る目がなかった」と項垂れてた。「だからって子供の躾くらいちゃんとしろよ。サル並だぞ」と兄に怒られてた。
童顔だなぁと思っていた子の「14才です!!」発言に一同ポカーン(゚д゚)…今日泊まりだよ、手に持ってるチューハイの缶は何?オフ会主催のA♂はニヤニヤ顔。人里離れたコテージを借り、時間を忘れて酒を呑もう!と結構早い時間から酒盛り状態で……。
【先輩GJ】12月のガーデンで凍える招待客たち!!コートを着る人たちに新婦は「そういう地味な格好って、披露宴ではマナー違反だよ!脱げないの?」とふわふわファーつき防寒具に、暖められたテント内の席でご満悦。そんな新婦についにブチ切れた人が!!
A子に「新郎さんがいるね」と言うと「私も気がついてた。気がつかなければ良かった・・・」と青い顔。控え室のある階に行くと、まず聞こえたのは先輩の「嫌あああああ!」という泣き声!先輩は白いウェディングドレス姿で廊下につっぷしていて……。
私一家に悲劇の急報!なんと産院による取り違えで姉は家族と血のつながりが一切ないことが判明!!しかももう一人の「姉」はすでに他界!姉の実両親は「言ってはいけない一言」によって私一家の逆鱗に触れた……!
【救いの手】風呂上りに「お前は出来損ないだ!出ていけ!」と親に外へ放り出された。その時季節は1月の真冬!!髪の毛がなんとなく凍っていくし、「入れて!」と言っても家に入れてくれない。翌日40度の熱を出したが、それでも学校に行かされ……。
【オカルト】Aさん「あ……私さんのところも『あっち』から帰ってきたんですね。うちの子も、ほら、手を離しちゃダメですよ?」私「あの、一体何の話を……」Aさん「何って、ほら、ちゃんと息子さん掴んでなきゃダメですってば」私、鳥肌。Aさんは……。
【報告者乙】結婚式一ヶ月前に、遠方の友達から「裏切られた…タヒにます」的な電話が!!心の窓口相談室やジサツ予防相談室はアテにならずやっと警察!と思いついて相談するもけんもほろろ!「今からそっち行く!動くな!」と友達に8時間かけて現場へ急行!!
【しつけの意味】生まれて初めて本物のフランス料理食べに行くよ!Yahoo!!!と日記に書いてしばらく放置してたらなんか湧いた。「お前がフランスとか書くから、友達にお土産たのまれた!頑張ってパパとマミィに泣いて頼んで家族でフランスに行った!早く日記に書け!」
【戦慄】新婦「こんなところじゃなく、○○ホテルでやりたかったのに」新婦泣きじゃくる!!「新郎君がここで式挙げるのが夢だって言うから我慢したのに」ミッ○ーが新婦に近寄り撫でようとしたが、新婦は払いのける!「私は猫派なの!ネズミなんか大嫌い」
「はじめまして○子さん(新婦)、お久しぶりですお父さん。15年ぶりですね。養育費も面会も無しでしたが私はここまで育ちました。○子さん、これからは義理の娘になりますのでよろしくお願いします」場内は凍りつき、その人が出て行ったとたんに騒然!!
【絶句】「印鑑ができたので取りに来て下さいね」時計屋のおじいさんから留守電が入った。だがその事を話すと「気味悪い」と姑。姑「そのおじいさん、2年前に…」
地元では名家といわれる御家柄の長男と結婚し、義実家で同居して5年。嫁の私はその間ずっと家政婦兼奴隷扱い。何をやっても難癖つけられきたけど我慢→しかし、ある日、結婚前から飼っていた文鳥を猫のエサにされ・・・
彼氏は避妊をしてくれないなどと愚痴ってたら、友達がわたしの彼氏に連絡したいと言ってきた。ラインの画面を開き、友達に渡したら、友達はわたしになりすまして、わたしのことをどう思ってるの?などと聞いてた。
兄嫁が指の腱鞘炎を起こしてばね指になった。原因は、兄が編み物を強制し鬼畜ノルマを設けたため。編み物は妊娠しており、他所様の手作りグッズに憧れた兄は、産まれてくる赤ん坊に手作りの帽子や靴下などを与えようと兄嫁に強制。
正月は婚約者の実家でうちの両親もお呼ばれして過ごすことになってた。昼頃に「ちょっと出てくる」って言って婚約者が出かけた。でもこの時間になっても婚約者は戻ってこない。皆で心配してたら私の携帯に婚約者からとんでもないラインが来た……。
私の人生最大の修羅場は近所の独身男性がコロされた事件の容疑者として捕まったこと。彼にとっての人生最大の修羅場は私が先日寝てる彼を縛って無理矢理子作りした時だと思う。貞子に食われると思ったらしいけど職場でのあだ名が貞子なので否定出来ない。
妹が「お姉ちゃん、ドア開けて」と涙声。実家に帰りたくないと泣く妹の横に、遠方にいるはずの母が何とも言えない顔で立っていた。母と妹は泣くばかりで意味が分からず、父から「少し話がある。お前の力がいる。」と言われた。
普段はニコニコしてる旦那が無表情になって、スッと立ち上がって台所に消えた。戻ってきた旦那の手には大量のタッパー。「これに料理全部詰めて」と私に半分渡して、唖然とする義母と義妹夫婦の前で黙々と料理を詰めた。
旅行中に現地の女の子に懐かれた。一緒に居るうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間を過ごした。チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。その国の言葉で読めなかったので翻訳を頼んだところ、その内容に絶句……!
新郎はバツイチ、新婦初婚の結婚式。披露宴途中、突然「ここで、新郎新婦にプレゼントがあります」と司会者。スポットライトに照らされて入場してきたのは、新郎の子(6歳♀と4歳♂)。新郎新婦ともに( ゚д゚)( ゚д゚)ポカーン。だってこの子たちは……。
幼稚園の先生が結婚することになった。式の後、扉を開けると園児達が並んで「せんせい、おめでとー」と声をそろえてくれるのを想像して先生は園児用にとお菓子をたくさん用意していたのだけど……園児は1人も来なかった。
【これぞ修羅場!!】結婚式場で付き人が「お願いします、もう許してください」といきなり泣き崩れた。奥様は満面の笑みで、「選んだのはあなたでしょ、私は他の選択肢もあげたじゃない。1億円払ってくれたって、事務所に連絡して裁判をしたってよかったのよ。」
【大混乱】あんまりな披露宴に新婦号泣!新郎は怒り狂って父親に詰め寄ったが、その前に新郎母が新郎父を平手打ち!!絶叫!!ついで号泣!!!新婦母が新郎母を支えて言い放った。「いいんです、うちの人は自業自得です!××さんが怒るのは当然です!」
友よ、あなたはいつも「私の友達」ということでサービス料金免除されてたがこの店は高いです。友人はママにいろいろ叱り飛ばされ、反論を試みたが「やかましいっ!そこまで自信あるなら自分自身の魅力だけで金を稼げ」と怒鳴りつけられ泣きながら帰ったそう。
【壮絶】4年ほど前にウワキされてたことがわかり、子供のDNA鑑定をしたところ、子供も自分の子でなかったこともあり離婚をした。その後嫁は子供の父親の嫁に返り討ちを食らい頭が狂ったらしく、原因である俺をコロすと言って俺を包丁で刺し逮捕されたが……。
新婦「…お葬式の日って変えられないの?私はずっと前から準備してたのに、不幸なのは判るけどそっちは急でしょ!」私「……」その後、祝儀だけは送った。実は当日、結婚式に行ってるはずの友人4人が何故か父の告別式に来てくれて……。
私ちゃん「DQNなお父さんキライ!!お母さん離婚しなよ(`・ω・´)!!」母「うん」兄姉「確かにDQNだが離婚するなら父につくわ」離婚→私ちゃん「あれ、車は?ワンコは?毎年のハワイ旅行は?えっ(´・ω・`)?」
元彼「おまえと結婚すればよかった。あの時の子供を産んでもらっていたら、今頃俺は幸せな家庭を築けていたのに」「だからなに?」 と聞いたら、「え…」と電話の向こうで絶句。私「あの時、私は産みたいって言ったよね?」
離婚届出してきた。そして夜になり、大好物のシーフードグラタン作ってビール飲んでたら「元」旦那がご帰宅。「あ、グラタンだ!俺も貰おうかな~☆…んっだよ!エビ入ってんじゃん!いらねーよ、ったくふざけんな!」
義父は実妹(双子!)と関係を持っていた。目玉どころか魂が飛び出そうな義父の発言で、義弟嫁は吐くし、義弟はひたすら唸るし、夫は何故か前後にゆっくり揺れ続けるし、義母は泣き崩れるし……義妹だけが冷静だった。
【モンスター】私が風呂に入ってると兄の怒鳴り声がして慌てて飛び出した。居間には泣きじゃくる友人Aとキレまくってる兄。キレた兄に何故かAが逆切れして、「ここは(私)の家なのに客人のアンタがでかい顔するな!」と説教。ここは元々兄の継いだ家です!!
新郎母が披露宴で壮絶スピーチ!「お前は絶対にこんな夫になるな、私は絶対に嫁いびりはしない」→新郎祖母がうなり声をあげ、親族が「新郎母!お前嫁の癖に!!」と咆哮!「こっちにこい!新郎祖母に土下座して謝れ!」と言いながら親族が近寄ってきて……!!
「そういう倫理に反する行為って俺嫌いなんだ。当り前だろ?」可愛がってくれた義父母には申し訳ないとは思った。でもこればっかりは無理。怒った義父が夫を凹殴り。私には平謝り。義母は号泣。 相手の女の自宅を夫に白状させて、玄関前で大声で罵ってやった。
Aちゃんからは学校でたびたび「あんたはあそこの家の子じゃないんだから早く交代してよね」と言われた。Aちゃん自体、言動がちょっと変わってて女の子の集団に溶け込めるような子じゃなかった。連日連夜のそれがあんまり気持ち悪くて、担任にそれを言った。
高校生の頃、8月31日。遊びに出かけようと思ったら、近所の八百屋の奥さんが「怖いよー、怖いよー」とまるで園児のように泣いていた。奥さんが言うには、「部屋に知らない男がいる」とのことでそれが普通の人間ではないらしい……。
【復讐】ふとみると骨壺の包みが乱れている。恐る恐る開くと、桐箱に入っているはずの骨壺がなくなっていた。Aに電話すると「お骨は今私が預かっているの。B(私)さんにサプライズしようと思って!」→数日後、お骨はメール便で我が家に帰ってきた。無残な姿で。
ドラマのような略奪劇を見た。まじでびびった。新郎が出てったから新婦はポツリ…泣いた。俺は新郎の友人。新郎は最後まで結婚悩んでたし、モトカノが気になってたから新郎的には結果オーライ。結局新郎はそのまま結婚した。
「もう7年も経っているんだし、いい加減時効にしてやれ」って父が言うから、「下の娘が姉の婚約者を寝取った挙句に、結婚してもらえない腹いせに妊婦の姉の腹を蹴って流産させましたが、もう時効ですよね?ってご近所に大声で言ってみろ」と言ってやった。
【教育】遅刻魔を放置して一人で予定地に向かった。1時間後「着いたよ-!待ち合わせ場所にいるよ~」とメール。「××(予定地)にいるけど?」と返事したらパニック→後日逆ギレ。その件で周囲の人も「そうか、置いていっていいんだ」と目が覚めたらしい。
「本当に新婦ちゃんは物怖じしない子で私の彼氏を紹介するとすぐ仲良くなっちゃうんですよね。気がついたら私の彼氏と新婦ちゃんがデートしてるんですよ」とんでもない発言にざわつき出す会場。新婦は顔をこわばらせているがまだスピーチを続ける親友。
鬱の友人「私もここの家族にしてください(´;ω;`)!」私「いやいやいや」友「1部屋空いてるじゃん(`・ω・´)!」私「ビジホを予約したよ、これで勘弁して(´・ω・`)」友「車で生活するから激安の軽自動車を買ってほしい」私「」
【酷い】新郎「いや、別に俺やりたくてやってるわけじゃないから。約束だからここにいるだけだから俺の存在は無視して」隣で新婦はうつむき半泣き状態。両親に手紙を読むシーンでも最後に「さっさとこんな茶番劇終わらせて家帰って寝たいです」とか言ってた。
【不幸】新婦の父が式の一ヶ月前に急逝した。娘の花嫁姿をとても楽しみにしていたとのことで予定通りに式を挙げた。親族席で新婦父の生前写真が飾られたが、新郎の伯父が「辛気くせーことすんじゃねー!」とぶん投げ、カバーのプラスチックが割れた。
突然、新郎新婦両親の背後の扉がバタンとあいて「おめでとうフォー!」と、腰を振るHGが5人。呆然とする会場の雰囲気に、5人のHGは「うそ、やべえ、違うよ!」と、あわてて扉を閉めて去ってった。手紙朗読を途中でさえぎられた新婦は、しばらく呆然。
友人との旅行で、旅費を支払うって時に「ごめん立て替えて」と言われた。なんでカウンターの前まで来てから言うの?「いきなり言われてももう一人分の旅費なんてポンと出てこない。」と伝えたら黙り込んで下を向くばかり。
【男前】自宅から「父が脳梗塞で倒れた、危篤状態」という電話が来た。真夜中で終電も夜行バスももう無く、パニクって半泣きで、友人A(♂)に父危篤で明日の朝一で自宅に戻る、とメールを送った。そしたら約10分後にAから……。
連れは終始無言で妹含めた女子高生達を睨んでた。俺が連れを促して立とうとした時、妹が「マジキモ。ホ●かよ」って言った。これで連れが切れた。「んだとぐらああああああ!」って叫んで、妹の頭を掴んでテーブルに叩き付けた。
義弟「俺と兄貴とで金ぐらいひねり出す!葬式は出す!」義妹「でもお金ないんじゃないの?」義弟が「大丈夫、近くにいられないから俺と兄貴とでずっと親父の保険料払って保険かけてきた」と言い聞かせると、せきをきったように義妹が号泣。




△ページトップへ戻る
スポンサードリンク
最新記事
毎日更新


a href=/ul