FC2ブログ

---スポンサードリンク---

母も「農家であることで苦労したことはない」っていうけど、祖母はひどかったよ…。母をいびって、そのたびに父と大喧嘩。祖母も曾祖母にいじめられて苦労したのにね~。これが農家の負の連鎖ってやつか。

http://life2.5ch.net/test/read.cgi/live/1063716555/
農家の恐ろしい実態 Part46


836: 名無しさん@HOME 03/10/13 01:03

うちの実家は兼業農家だよ~。
父母の年齢差12歳(父が上ね)。
母は結婚してから農業したことがない。
結婚前に父が母の両親に「絶対農業させない」と約束したらすぃ。
繁忙期は父、祖母、とヘルパーさん頼んでる。
でも周囲の農家はお嫁さんこき使って、ほんとここで書かれてるまま。
父は祖母が曾祖母にすごくいじめられてるのを見て育って、
自分は絶対奥さんになる人にそんな苦労はさせないと誓ったそうな。
母も「農家であることで苦労したことはない」っていうけど、
祖母はひどかったよ…。母をいびって、そのたびに父と大喧嘩。
祖母も曾祖母にいじめられて苦労したのにね~。
これが農家の負の連鎖ってやつか。
ちなみに私は三姉妹長女。農家は父の代で廃業です(と父に言われた)。




---スポンサードリンク---
837: 名無しさん@HOME 03/10/13 08:23

>>836
素敵なパパンだね~
でもばあちゃんがあなたのママンをいびろうと
するのは残念だ~!


838: 名無しさん@HOME 03/10/13 08:26

>>836お父様GJ!

農家廃業は日本経済的には残念(wかもしれないけど、
奥さんを大切にする愛情はプライスレス。
変な宗教ではないが、良い社会は良い家庭から。
よいご両親に恵まれてよかったね。



839: 名無しさん@HOME 03/10/13 09:03

>>836
お父さんが負の連鎖を切れる人でよかったね!
お父さん自身も周囲や自分の親をみてて農業に夢を持てなくなったんだろうなあ。


840: 名無しさん@HOME 03/10/13 12:32

>>836
跡継ぎがいないことが残念!
そんな素敵なパパンの後継さんなら、きっと立派な農家さんになったことでしょうに。
DQN農家の絶滅は屁とも思わないけど。


841: 名無しさん@HOME 03/10/13 13:46

夫実家は兼業農家。
せっかくの3連休なのに夫は朝早くから実家に呼び出され稲刈り。
ここんとこ忙しくて連日午前2~4時帰宅だったから、ゆっくり休んで欲しかったのに。
私を農作業から守ってくれている、やさしい夫の体が心配です。


842: 836 03/10/13 21:22

私は自分の家が農家デフォルトだと思ってたから、
ここ読んで「うそばっか!」と思ってたのね。
でもこんな話あるんだ~って両親に話したら、うちの周りも実は…って。
私が中学卒業するとき35歳農家長男と見合い話持ってきた近所のババとか。
今24だけど、「売れ残る前に貰ってやるぞ」って言ってきた
父親の同級生(24+32歳!)に父親がマジ切れしたとか。
中学のころから3姉妹とも父親か母親の送迎つきで
徒歩30分の学校に通ってたんだけど、熊対策だと思ってた…
(熊が出るようなど田舎なんです)が実際は痴漢(?)対策だったとか、
ぜんぜん知らなかったよ。実際私の10歳上の女の人だけど、
高校帰りにやられちゃって、結局そのまま無理やり嫁入り→自殺
ってことがあったんだって…。
母親自身も20歳でお嫁に来たとき、酒の席でふざけたふりした親戚の親父に
無理やり離れに連れて行かれそうになったり。
だから両親は高校卒業したらすぐに3人とも進学させて町を出しちゃった。
男が相手にしなくなるような、萎びたお婆ちゃんになるまで帰ってくるな
っていわれちゃったよ~。





843: 名無しさん@HOME 03/10/13 21:29

>>842
すげぇな……。
しかしご両親はしっかりした方なんだね。
周囲の結婚適齢期伝説にのらない、
教育をきちんとつける……ポリシーがある!
そんなアテクシも、高校卒業時に12歳年上の農家長男から
脳内婚約者にされておりました。
私が大学に進学したのがどうしても理解できなかったらしく、
(高校出たらちょっと家事テツして、自 分 と結婚すると計画)
あれこれ嫌がらせされたものです。


844: 名無しさん@HOME 03/10/13 22:10

>>842
ご両親は3人を守りきったんだね。
何も知らすに過ごしたっていうのは幸せな事だよ。
防波堤になってくれた親御さん、きっとイヤな思いをたくさんさせられてると思う。
娘の前でそういう愚痴もこぼさなかっただろうから凄いよ。


845: 名無しさん@HOME 03/10/13 23:01

>>842

うわあすごいな……ご両親立派だよ。
特にお母さんは自分も親戚の親父に絡まれて危ない目に合ったから、
危機感も半端じゃなかったんだろうな。どうぞ大事にして差し上げて下さい。
  


849: 836 03/10/14 00:47

読み直したら家族賛美だ…ちょと恥ずかしい。
ので両親から聞いた農家の実態を

●A家の次男(リーマン)がお嫁さんを連れて帰ったら、長男がまだ未婚だったため、お姑さんが
 「次男と別れて長男の嫁になれ!兄弟なんだからどっちも一緒でしょ」
 次男=やさしそうなお兄さんでした。長男と差別されてて自立心旺盛。
 長男=巨でぶ。典型的なうっちーず。ぜんぜん違うっちゅーねん…
●お葬式は未だに隣組(?)っていうのか、集落総出で手伝う。
 妊娠中のお嫁さんを働かせて(100人以上あつまる宴会の支度…)
 お嫁さん流産。姑旦那が責め立てて、流産にショックを受けてた
 お嫁さん自殺未遂→離婚。お嫁さんの実家が怒りまくって連れて帰った。
●本家の長男(40近く)が分家の娘(高校出たばかり)を嫁によこせと
 強要。親が断ったら親族からひどい嫌がらせを受けて町を出て行った。
 お互い助け合う農作業から外したり、わざと水路から外して田んぼに
 水が行かなくしたらすぃ。共同で買った農業機器も使わせなかったって。
●ちょっと町のほうから働きに来ていた保育園の保母さん。
 農家の独身男数人に付きまとわれて、お仕事辞めてしまった。
 保母さん20歳。付きまとったのは下は25から上は50歳!!!
 自宅に押しかけて警察沙汰になったんだけど、結局園長先生に頼まれて
 被害届けは取下げたんだけど、辞めた後も付きまとわれて、結局また警察のお世話になっちゃった。
 父もこの話を聞いたときはあいた口が塞がらなかったって言ってたけど、
 母も町から働きに来ていた女の子だったので、結婚前は同じ目にあっていたと。
●よかったお話。保健婦さんをお嫁さんに迎えたおうち。
 「嫁ちゃんは大事なお仕事してるんだから」と姑協力体制。
 近距離別居(家建ててあげた)で農業は手出し不要。孫の面倒もしっかり見る。
 でもお嫁さんがプロだから教育方針には口を挟まない。
 そのお家は加工業もしてるんだけど、
 「うちから食中毒でも出したら嫁ちゃんに迷惑がかかる」
 大金を投じて近代的な設備に整えた。のでそこのお嫁さんは
 出来ることがあったら、と手伝えるときは収穫とかやってる。
 いろいろ聞いたけど、よかったお話はこれだけでした…


850: 名無しさん@HOME 03/10/14 02:15

>>849

うわあ……(涙)
何かもう、最後の良い話でさえかすんでしまうような
とんでもねえエピソードの数々、わざわざありがとうございました。
 
家族賛美、いいじゃないっすか。
娘を守りきったご両親をどーんと誇りに思って下さい。
良いご家庭でほんと良かったねえ……(涙)
  


851: 名無しさん@HOME 03/10/14 03:20

>>849
昔は日本全体がこうだったのかと思うと(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


852: 名無しさん@HOME 03/10/14 05:19

836さんの心が洗われるような話を読んで思い出したので、
たまには「農家のちょっといい話」

当時女子大生だった私は、親戚を訪ねる折、乗るバスを間違え途方に暮れていた。
見渡す限り田んぼ、田んぼ、田んぼ…今いる所は田んぼの中の一本道。
仕様がないので、目的地と思われる方向にてくてく向かった。
1時間歩いても、民家・商店すら一軒もない。
時は真夏。炎天下。未だに「日本の秘境」と呼ばれる場所。
せめてバスの運転手さんに場所を聞けばよかったなあ、
でも間違いに気づいてパニクって降りちゃったからなあ…
と暑さで朦朧としている私の横に止まったのが、野菜を積んだ軽トラ。
「どこまで行くの?」運転席から顔を出したのは、日に焼けた青年。
「**までです…」「う~ん、けっこうあるよ。乗ってく?」
ぼーっとしていた私は、ありがたく乗せていただいた。
そして20分(!)後、車は止まり「ここ上っていけば**だから」
お礼を述べる私に照れて「じゃ、気をつけて!」と言って走り去った。
寡黙な人で、はにかんだ笑顔と左手の金の指輪が印象的だった。

あれから20年たった。もう孫がいるかも知れないね、お兄さん。
あの時はありがとう。


853: 名無しさん@HOME 03/10/14 05:24

省略されてる…皆様スマソ。
結局阿呆な私を、親切な農家の青年が助けてくれたと言う話でした。


854: 名無しさん@HOME 03/10/14 06:07

>>852
まともな人はちゃんとケコーンできてるんだよね・・・
「農家だから、長男だから結婚できない」とか寝ぼけたことを言ってるヤシは
真実に気が付かない限りできるわきゃないってことだね。


858: 名無しさん@HOME 03/10/14 08:31

>>849
> ●お葬式は未だに隣組(?)っていうのか、集落総出で手伝う。
>  妊娠中のお嫁さんを働かせて(100人以上あつまる宴会の支度…)
>  お嫁さん流産。姑旦那が責め立てて、流産にショックを受けてた
>  お嫁さん自殺未遂→離婚。お嫁さんの実家が怒りまくって連れて帰った。

これ聞いて思い出した。
実は自分、父方の祖母の死んだ次の日に生まれた。
母曰く「お葬式でバタバタしたから…」、予定日より2週間も早く生まれた。
この辺りでもつい数年前までは、集落総出のお葬式だったから、
母も大きなお腹でバタバタさせたれたんだろうな。

…って、多分、臨月だったから無事に生まれたんだと思う、自分。・゚・(つД`)・゚・
「おばあちゃんの生まれ変わり」って親戚に言われるのが子供心に嫌だったけど。


859: 名無しさん@HOME 03/10/14 08:35

>>858
生まれ変わり、って
腹の中にいる間の赤ん坊はなんだったのかと小一時間(ry
農家のじじばばは妊婦さんのおなかに何が詰まっていると思ってるのか??


860: 名無しさん@HOME 03/10/14 08:49

一人の人格として見てないね


861: 858 03/10/14 09:04

×バタバタさせたれた
○バタバタさせられた
…何書いてんだか、自分。(´・ω・`)ショボーン

>>859
そうなんですよね。
子供でも「変だな~」って思ってました。
でも、家庭板のスレなんか見てると、母親のほうが
そう言われて嫌だったんだろうな、と思います。

>>860
多分、田舎の人の考え方って、個体差という概念がないんだと思います。
このスレにも出てくる「姉でも妹でも同じ」「兄でも弟でも(ry」という言い方は、
その辺りから出てくるんじゃないでしょうか。


866: 名無しさん@HOME 03/10/14 14:41

>>852
あなたは私ですか?  ほぼ同じ経験をした事を思い出しました。
季節は夏。バスに乗り遅れて途方に暮れていた私。
あ~1時間も待つのか~と思っていたら荷台がカラの軽トラが止まった。
「○くん(叔父)の姪御さん? △さん(叔母の嫁ぎ先)とこに行くんなら乗って行きな。」
全然知らない人だし「いいです。」と断ってたけど「当分バスは来ないよ。乗りな乗りな。」
えらくウチの親戚関係に詳しいから叔母の家で聞いたら身元もわかるだろうと思い、乗せてもらった。
暑さで屋根のないバス停に立つ気力もなかったので。
道中はさほど会話もなく、お礼を言って村のバス停付近で降ろしてもらった。
叔母の家に着いてこの事を話すと、まず母に怒られた。
先に着いていた叔父が似顔絵を見て(美大生だったので絵を描いて説明した)
「×くんか。あの子なら大丈夫や。」と助け船を出してくれなかったらずーっと怒られていたと思う。

ちょっと疑いながら乗っていたので悪かったな~と反省しています。
すみません×さん。あの時はありがとうございました。でもなんで私の顔を知っていたんだろう・・・。
そして母。娘を持つ今なら、このスレ住人の今なら、あの時の気持ちがわかるよ。




関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul