FC2ブログ

---スポンサードリンク---

雨はひどくなるしお腹は空くし日は暮れるし「この年で迷子か」と目の前が涙で霞みはじめた頃、後ろから軽自動車が走ってきた。道の端に立って、通り過ぎるのを待っていたら『おじょうちゃん、○○高校の生徒さん?』と声を掛けてきた。

http://life2.5ch.net/test/read.cgi/live/1063716555/
農家の恐ろしい実態 Part46


879: 似たような体験 03/10/14 22:48

わたしも親切なおじさんに車に乗っけてもらった経験がある(つД`)
話しをぶったぎる上に長いけど読んでね。

父の転勤で農村地帯に引っ越したものの、周りの農家は私たちのことを
これみよがしにジロジロ見るは、近所の農家息子がお風呂を覗くは
(覗かれたのは父だったw)根も葉もない噂を立てられるはで、
日本の農家の底意地の悪さと閉鎖的な集落の掟の恐ろしさが、じんわりと
ボディーブローが効くようにわかってきたので、毎日ウツだった。

家の近所はコンビニさえなくて面白くもなんともない環境だったので
ある雨の土曜日、高校の帰りにふらっとバスに乗りこんだ。
区内の同一料金バスしか乗ったことのないくせに、行き先も確かめず
乗り込んだうえ車内で居眠りをした結果・・・みたこともない山奥に
到着してしまいました。降りてはみたものの、カラスの鳴き声以外
なにも聞こえない(夢だったらいいのにとしばし呆然)




---スポンサードリンク---
880: 似たような体験 03/10/14 22:49

電車の音が遠くに聞こえたような気がしたけれど、山に跳ね返って
偶然聞こえただけらしく、電話をしようにも駅も民家も納屋さえない。
公衆電話なんてあるわけない(タクシーを呼べば解決と思ったのに・・・)
一般の自動車が走る音も聞こえない。3時間歩いても景色は一緒。

雨はひどくなるしお腹は空くし日は暮れるし「この年で迷子か」
目の前が涙で霞みはじめた頃、後ろから軽自動車が走ってきた。
ぼろぼろの荷台に農機具をつんだ白い車(軽トラックというのかな?)
邪魔にならないように道の端に立って、通り過ぎるのを待っていたら
『おじょうちゃん、○○高校の生徒さん?』と声を掛けてきた。


881: 似たような体験 03/10/14 22:50

自分の父親くらいの年齢だし、いかにも「おじちゃん」という表情に
つられて『はい』と答えたものの、誘拐や強盗のニュースが珍しくない
地域から引っ越してきた私はかなり非友好的な顔をしていたと思う。
そんな気持ちを知ってか知らずか、おじちゃんは『駅まで乗せてあげる
からね。そこからは道わかる?はいはい、遠慮せずに乗りなさい』

言ってくれたのでした。

地獄に仏ってこういうことを言うのかなぁ、いや渡りに船?などと
あほなことを考えながら、モジモジしつつ乗せてもらうことに。
歩きつかれて空腹な私に『だいぶんお腹が空いてるのでないの?
これ食べなさい、駅に着くまで飛ばしても30分はかかるからねー』

ニコニコ笑いながら菓子パンを手渡してくれるおじちゃん。
私が迷子になっているのは既に見抜かれていたようだった。


882: 似たような体験 03/10/14 22:52

ひたすら一本道の国道(?)を独り占め状態で使用すること30分
見慣れた駅が見えたときにはお礼を言いながら涙がでそうになったけど
おじちゃんは恩に着せるふうでもなく、私が食べなかった菓子パンを
ビニール袋に入れて持たせてくれ『これ後で食べなさいね。それとね、
今度バスに乗り間違えたら終点まで行くといいからね。そしたら
逆方向のバスに乗って帰ってこれるから』
と言い残して去っていきました。

どこの人か今はもう調べようもないけれど、あんなおじちゃんの家なら
農家でもしみじみといい家庭なのかも。いやそうであって欲しいなぁと
迷子になったこの季節になると・・・思うのでありました。おわり。
長文スマソスマソ~


883: 名無しさん@HOME 03/10/14 23:05

>>879-882
いい話や(つД`)

そのおじさんの作ったお米や野菜はほんのり甘くて幸せの味な気がする。

どの農村地帯にも、そういう人はいるんだろう。
でも、いくつかの、伝統と常識を都合の良いように解釈した家々が
農家全体の評判を貶めている。やな世界だ。


884: 名無しさん@HOME 03/10/14 23:07

>>879
涙ぐんでしまいましたよ。最近涙もろくてね・・・(トシかな・・・)。

あなたが、そのおじさんを「自分の父親くらいか?」と思ったように、
おじさんにも同じくらいの年齢のお嬢さんがいらしたのかもしれませんね。
だからこそ、制服を見て、あなたがどこの高校のコか分かったのでしょうし。
ひとごととは思えなかったのでしょう。

ところで
879タンの風呂を覗こうとした農家息子へ
     残念でした


885: 似たような体験 03/10/14 23:55

879です。
>>883-884
レスありがとうです。
農村地帯に住んでいる期間、ほんとうに色々あってウツだったけど
この思い出だけは大切にしています(柄にもないので恥ずかしいー)

風呂を覗いた農家息子・・・今はどうしているかなw
うちの父はとても色白なので、窓ガラス越しに女と思っての
覗きだったのかもしれません・・・が、父は当時自衛隊員で
ややマッチョ系だったので、さぞ後悔したことと思われますw


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul