FC2ブログ

---スポンサードリンク---

私が赤ん坊を産んだ時とは大違いな優しい顔で孫を抱き、怒鳴らない夫に、なぜか激しい憎しみを感じる

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1382315302/
離婚する程でない夫婦間の悩みを相談するスレ90
729 :名無しさん@HOME : 2013/11/01(金) 23:47:22.45
私は祖母に育てられた。夫の言いつけにはハイと従え。
女は三界に家無し、女は辛抱が第一。一旦嫁に行ったらそこが終生の住処と心得よ。
実家の敷居はまたいではならぬ。嫁しては実家に電話もならぬ。等など祖母の教え。
結婚生活35年。自分さえ辛抱すれば、と悩みも涙も自分一人の胸に納めて生きてきた。
今は娘も良い方と縁があり孫にも恵まれた。遠方に一家を構えていて、盆正月には顔を出す。
自分の悩みは贅沢なものだけど、娘夫婦の有り方を見ていると、自分の若い頃と違いすぎて苦しい。

今どきの若い男性はみなあのように優しいのだろうか。
娘が添い寝して先に眠りこみ、泣きやまぬ赤ん坊を
ぼく、寝かしつけは得意なんです、と抱き上げて歩き回る婿殿。
自分が娘を産んだ当時、夜泣きする赤ん坊に夫はチッと舌打ち、やかましいから出て行けと怒鳴られた。
赤ん坊を背負って泣き疲れて眠るまで夜空の下を自分も泣きながら歩き回ったこと。
今までの夫の仕打ちや怒号、罵声、嫌み等、育児中の胸の潰れそうな数々が、
幸せそうな娘夫婦の子育ての様子を見ているだけで、当時の辛かった子育てがフラッシュバックしてくる。
世間はもう紙おむつが当然だったのに、義母の命令で200枚の布おむつを生地から縫わされたこと。
洗濯機を使うことは許されず、極寒の用水で手洗い、雪どけ水の冷たさに手があかぎれたこと。
泣き喚く幼児にキレて怒鳴る夫。病気する赤ん坊を抱いて泣く私に
「うまく子育ても出来ない者に、子供なんか産む資格はないんだ」と言い放ったこと。
子どもを産んで初めて判ったけど、夫は乳幼児の甲高い泣き声や声が大嫌いな人だった。
子どもが愚図ると、その十倍もの大声で怒鳴り散らしたっけ。
今、娘が成人して家に「子供」がいない状態になって初めて結婚前の優しい穏やかな男性に戻った。
でも今、年二回、娘一家がやってくる「子供」を連れて。「子供」と「孫」ではどこが違うのか。
私が赤ん坊を産んだ時とは大違いな優しい顔で孫を抱き、怒鳴らない夫に、
なぜか激しい憎しみを感じる。
私も年を取って体が不自由になった今、夫の収入に頼って暮らすしかないから、
離婚はできないのだけれど。昔の事が嘘のような夫の様子に、憎しみはいや増すばかり

---スポンサードリンク---
731 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 00:21:16.97
>>729
自分も古臭い家でしかも他の姉妹は鼻で笑っていたのに
自分は祖父母に預けられていたのもあったせいか、非常に古臭い因習に縛られて
鼻で笑うなんてッ!!!みたいな価値観で、この年齢になって大失敗をするまで
努力も報われる事だろうと信じて疑った事がなかった

妹の旦那が泣き止まない我が子を仕事から帰ってきても、妹に気遣い
抱き上げてあやしていると母親に聞いた時は耳を疑った

私自身も数回お邪魔させて貰ったが、台所に立つ男など生まれて初めて遭遇して
妹を見れば「それが当然」みたいな顔をしていて、他人様の家なんだからと何も言わずにいたが
すごくカルチャーショックな経験ではあった

自分の祖母宅の台所にはブザーがついており、それが祖父の寝室につながっていて、
台所で用事をしていようが四六時中ブザーがブーブーブーブー鳴っている
つまらない用事で祖母を呼び、食事もステーキを買ってこようものなら
「かたすぎて食べられないのにこんなものを作りやがって」と罵声を浴びせる毎日

733 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 00:27:04.55
祖母は「おじいさんはうるさいけれど、良いところもあるのよ」などと
鼻歌を歌いながら食器洗いをしていて、そういうものなのだろうと思いながら
育って来た私

父親も大変うるさい性格で、厳格極まりなく、母親は全くの天然なので
ほとんど父親の小言も聞いておらず、そんなものだと育って来た
ただ妹たちが「うちの父親は思いやりがない。ウザい」などと言っており、
「ウザい」と言う言葉に衝撃を受けた

どこでこれだけの差が出て来たのか不思議でたまらない
妹たちは父親とは違うなんとも柔らかい男性と結婚をし、自分は柔らかいと思っていたが
何とも全く父親と似たような男と一緒になってしまった

私が夫に罵声を浴びせられた時も妹に連絡をしたら、後ろに妹の旦那さんがいて、
後日「どうしてお兄さんはああいう風に言うんだろうね」って言ってたよって言われて
あまりの差に涙が出た

父親に他人と比べるのは浅ましいなどと言われてきたが、
今回ばかりは我慢をするのは本当にアホらしいと感じ入った

736 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 00:41:02.40
1つだけ言えるのは、女の献身に応えてくれるような男なんて存在しない事
適当くらいが丁度良いのだろうと学んだ
でもこの適当が非常に難しい

男はあまり何もしない女には良くして、なにか簡単な事でもすれば
大喜びをするが、普段からキチンとしている女なんて、出来るのが当たり前、
出来なければ罵声を浴びせ、ものすごく大きな顔をしているものなんだと思った

リア充の子が「男を甘やかしたらいけないよ。ツケあがるからね」と言うのを聞いて
そういうものなんだと身に沁みた

740 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 00:46:40.80
>>736
きちんとしてる訳ではないけど、あまり相手を甘やかすとつけあがるというのはわかります
難しいですね

746 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 01:12:37.73
甘やかすとつけあがるのは男に限ってのことじゃないよ
大なり小なりほぼ全ての人がそうだと思う
楽なほうへ流されず自分を律し続けられる人なんてそうそういない

押せば引く人もいれば、押せば押し返す人もいるんだから
男はこうだと言い切れるものでもないよ

他人を不幸にさせたいだけの回答者も多いから、しっかり自分で考えてね

748 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 01:44:28.15
もう30年も連れ添っていると旦那の欠点は自分の欠点で
自分が悪いんじゃないのって思うよ

今まで離婚してない文句も言わず受け入れてきたのに
何十年もたって若い人と比べられて恨まれては旦那が可哀そう

じゃあ、いつもニコニコかわいい嫁さんだったのかと
旦那さんだって、若い夫婦を見て、あんな嫁がよかったって思ってるかもしれないよ

許しあえばいいんじゃないの

749 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 01:47:01.26
>>748
それはね、長年支え合ってきた夫婦なら出来る事なんだと思う
愛情や家庭は築くものであって、協力どころか罵声を浴びせたりとか
愛情を見せなかった相手だと、愛情が枯渇してしまう事がある
愛情は無限にあるわけではなくって、お互いに築いていかなければいけないものなんだよ

750 :名無しさん@HOME : 2013/11/02(土) 01:50:10.40
昔を振り返った時に「あの時はこういう優しい事を言ってくれた」
「こうやってあの人は支えてくれた」という優しい思い出があるというのと、
振り返ってみた時に罵声の多かった人生だったと思うのでは、
「それは>>748みたいに思えば良い」というのは無茶苦茶な事であって、
だからこそ本当に2人が関係を築く時に、お互いが毎回でなくっても
それなりに労わり合わなければ、本当に相手に対してどうしようもない
虚しさを感じさせてしまうのだろうと思う
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul