FC2ブログ

---スポンサードリンク---

祖父の葬式がありました。祖父のいとこにあたるじーさんが寺に出棺するときに来て、親族がお別れを一言ずつ述べているとき。最初に述べるのは喪主、最後は葬儀委員長とこちら側では暗黙の了解で決まっていたのです。それなのに……。

冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その6
http://life7.5ch.net/test/read.cgi/sousai/1138078514/


798: 愛と死の名無しさん 2006/08/01(火) 03:43:09

つい最近祖父の葬式がありました。
祖父のいとこにあたるじーさんが自宅(自宅で亡くなりました)→寺に出棺
するときに来て、親族がお別れを一言ずつ述べているとき。最初に述べるのは喪主、
最後は葬儀委員長とこちら側では暗黙の了解で決まっていたのです。それなのに
「わしは○○に言いたいことがある!!」と言い張り、葬儀委員長とももめて
いたのですが、結局葬儀委員長の伯父は譲り、最後にお別れをするのはその
いとこのじーさんに。
言いたいことがあるというくらいだから、「今までありがとう」とかその類
を想像するものじゃないですか。そのじーさん、こんなときに戦争時代の
話をし、最終的に自画自賛を始めました。しかも話始めの文句が「みんな
聞いてくれ」
って、うちの祖父当ての言葉じゃないしw
斎場へ行く人数も限られていて、親族で行けない人もいたというのに、その
じーさんはちゃっかり斎場行きのバスに乗り込んでました。
本当にありえない人!




---スポンサードリンク---
799: 愛と死の名無しさん 2006/08/01(火) 09:45:39

戦時中のあれこれが記憶にあるんなら相当なお歳でしょう。
ボ(ryということで。


800: 愛と死の名無しさん 2006/08/01(火) 14:46:40

祖母の葬式にて。

私の両親が祖父母と長い間絶縁状態だったので、
祖母が危篤状態になって10年ぶりぐらいに祖父と再会しました。
葬式の空き時間に、両親がいないところを見計らって、
祖父が私のところに近寄ってきて、大げさに懐かしそうな顔で「ひろこー元気だったか?」

私の名前、ひろこじゃないんですよね。
「ひ」「ろ」「こ」もついてない、二文字の名前です。
腹立つって言うか、あまりにも白々しくて後で家族と笑った。


801: 愛と死の名無しさん 2006/08/01(火) 17:12:37

そこまでどうしようもないと、要らん情けが消えていいな。


802: 愛と死の名無しさん 2006/08/02(水) 00:33:38

>>800
びっくり。
誰と間違えたのかね


803: 愛と死の名無しさん 2006/08/02(水) 01:18:59

祖父母が名前を間違えるってありがちだと思うんだが。
大げさに懐かしそうな顔って、両親(子供夫婦)とは絶縁状態でも
孫には会いたかったんじゃないか?本当に懐かしかったんじゃないか?祖父
絶縁の原因が一方的に祖父母にある、世間的にも相当非常識な人たちである等
相応の理由があることかもしれないけど、
>あまりにも白々しくて後で家族と笑った。
ってのはちょっと・・・・と思う。


804: 愛と死の名無しさん 2006/08/02(水) 16:38:53

会いたかったとしても、名前忘れる程度の執着しかなかったってことだから、
>>800がそっけなくしても別にかまわないんじゃないか?


805: 愛と死の名無しさん 2006/08/02(水) 17:36:38

>>804
うちの死んだばあちゃん、かわいがってもらったけど、
名前はしょっちゅう間違えられてた。
他のいとこやオジオバ(ばあちゃんからしたら自分の子供)、昔飼ってた犬の名前だったり。
しかも間違って呼んでるのに気がつかない。
痴呆症とかじゃなくても、年取るとそんな人も結構いるんじゃないの?
>>800はちょっと厳しすぎると思う。


807: 愛と死の名無しさん 2006/08/02(水) 22:21:55

>>805
それはきっとあなた達とお祖母さんの関係が日頃からヨカッタからだよ。

色んな家があるのさ。


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon
義両親が私を叩き起こし、コトメを迎えに池と言う。「ちょっとおなかか張っていて…すみません」と言っても行け池コール。夫「身重の嫁にやらすな。コトメには歩いて帰ってこさせろ」義両親「かわいいコトメが夜道に襲われたらどうする」
義弟嫁「これはお義父さんに、これはお義母さんに、これはお義兄さんに・・・あ!・・・・・・・・・ごめんなさい・・・お義姉さんの忘れちゃった・・・ほんとにごめんなさい」義母「そういうイケズするような嫁はうちには要りません!もう来なくてよろしい!」
義兄「相変わらず不細工で御愁傷様」「その服はお前みたいな顔のやつが着る服じゃない。俺の方が」トメ「いい加減にしなさい!あんた自分の顔が良いって思ってるけど、お父さんはもっとハンサムだったんだからね!あんたの顔なんか、ひ・と・な・み。人並み!」
トメ妹「嫁子さんお給料だってたいしたことないんでしょう?そんな欠陥品を飼うために夫ちゃんは結婚したわけじゃないのよ!」夫 「おい、誰の嫁が欠陥品なんですか?俺の大事な奥さんになんてこというんですか?」
トメが皆の前で『最近の人はすぐにスパイスとかで味を誤魔化したがるけど本当に出来る主婦は必要最低限の調味料しか使わないの。うちは酒も味醂もないわよ』ってドヤ顔でいかに自分が料理上手か語り始めた。そしたら天然な義弟嫁が不思議そうな顔で……。
コップか何かをダンッと叩き付ける様な音。旦那「オバさん、俺は貯金を殖やしたくて結婚したんじゃないんですよ。家族増やしたくて頼み込んだんですよ。」私「おぉ……」トメさん「嫁子さん、どうしたのそんな所で」
彼女は凄く性格も良くて誰からも好かれるタイプだったのに、何で振られたのか不思議で友人が彼女に別れた理由を聞いても涙ぐんで一切答えなかった。「そういやお前Aちゃんと別れたけど、何があったの?」と聞いたら、酒に酔った男性は笑いながら……。
私「義兄嫁さん、私が曇りの日以外俯いてたの覚えてます?」義兄嫁「そうだった?」→こいつ私の恩人に成り代わってやがった。義兄嫁以外唖然。私は一気に嫌悪感が溢れて、接点など殆ど無かった事を告げて帰ってきたら……。
友人のオタ友が豪雨で被災してるそうなんだけど、何かお見舞をしたくて色々提案しても全部断られてしまうって悩みを聞いた。一体どんな提案してるのかと思ったら災害で家失った人に対するお見舞とは到底思えない内容だった……。
甥が突如ぽかん顔のままポロポロと泣き出し、しまいにはわんわん大泣きした。全員でもらい泣きしてしまい、皆で甥を抱きしめ、甥が大好きだ愛してる可愛いと言いまくった。そこからはもう家族総出で死に物狂いで甥の為に戦った。
【被害者は被害者になるべくして被害者になった】高校の同級生が結婚するというので招待状が届いた。でもこの同級生とはクラスも違ったし交流もロクになかったし、なんで今更?という感じ。何人か同級生に聞いてみたら一様にみんなに届いてるらしい。
友人宅に泊まりに行った。風呂から出てみると着替えどころか私の着てきた服さえない。Aを呼んでも返事がない。どころか、例の男がいきなりやってきて「いつまで待たせんだテメエは!」と怒鳴られ、私は腕を掴まれ居間に引っ張っていかれた。
母「あの子のバカ具合はおばあちゃんそっくり」自分の責任を棚にあげて逆ギレした妹は、姪が寝ている間に丸坊主にした。起きた姪が泣き叫びながら、それでも頭皮を両手でかきむしっていたためキレた妹は自分の巨体で姪の両腕をへし折った。
優しくて美人で、綺麗好きで料理上手な兄嫁。兄も高収入で家庭的、可愛い2才の息子がいて、まさに憧れの家族像。ほんとに兄嫁のことが大好きだった。だけど今はもう……。日曜日ご飯に誘われてるけど行きたくない……。
家に居るのは水の一杯すら持ってこない旦那、寝てばかりの長女、絶対料理しない次女、「おい、お茶」しか言わない農家の舅。40度の熱が出た時はこの家もうダメだと思った→思いもよらない救世主が……!
通りすがりに見た異常な光景。子ども「っっざけんじゃねーぞババァ!」「ババアのメシくっせーんだよ!いらねええ!」「殺すぞババア!生きたまま燃やすぞ!」のちにその子供の境遇について知ったが…いったい誰が悪かったの?
【伝説の結婚式】新郎母「黙ってて下さい!嫁のしつけです!」スタッフ「新郎様、これは…」新郎「あー、やらせてやってください」スタッフ「新婦様は…」新郎「文句は言いませんよ、嫁にもらってやるんですから」新婦父「(;゚д゚)」新婦「(゚Д゚)」
会場から少し離れた信号の前で新郎と招待客の女を発見。泣きながら抱き合ってるんですけど。泣きながらキスとかしちゃったりしてるんですけど。これが冬じゃなきゃ向こうも「あ、二次会帰りの客。ヤバい」と思い、キスも終了したのでしょうが時は真冬。
義弟「俺と兄貴とで金ぐらいひねり出す!葬式は出す!」義妹「でもお金ないんじゃないの?」義弟が「大丈夫、近くにいられないから俺と兄貴とでずっと親父の保険料払って保険かけてきた」と言い聞かせると、せきをきったように義妹が号泣。
A「どこにやった!」彼が遊びに来て家でのんびりしていたらAが「前に来た時に忘れ物をしたから探させてほしい」と来た。夜、私がお風呂から出ると彼が真剣な顔で「これ見つけたんだけど」とビデオカメラとボイスレコーダーを出してきた。
トメを無視してバナナの皮を剥き、無言でトメの顎を固定し口に詰めた。小さいトメの抵抗を無視してぎゅうぎゅう押し込む。お前が生後9ヶ月の息子にしたことだ。ねえ、呼吸出来ないってどんな気持ち?あれは不幸な事故なんかじゃないよ?と泣きながらやった。
物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだった。あの木を割った棒きれが。何か理由があるのかと家族に聞いても「知らない!」の一点張りだったが、精神科医による逆行催眠ですべてを思い出した。
A子に「新郎さんがいるね」と言うと「私も気がついてた。気がつかなければ良かった・・・」と青い顔。控え室のある階に行くと、まず聞こえたのは先輩の「嫌あああああ!」という泣き声!先輩は白いウェディングドレス姿で廊下につっぷしていて……。
私「兄ちゃん、妹として兄ちゃんには幸せになって欲しいと思っている。既婚者と知りながら関係を持つような女性との結婚は認めない。もし結婚するなら、私はタヒんだものと思って頂戴!」相手は号泣。双方の両親大パニック。可哀想な兄は顔が真っ白だった。
橋から飛び降りジサツを図った女の子を救出!骨折した彼女の見舞いに行ったりしてたら、彼女の母から「怯えてるので、つきまとうのはやめてください!」と……!
近所の大学生のA「母が中古で買ったと言ってくれたんですが、これは(私)さんのものですよね?」って真っ青な顔で言われて、こっちも本当に驚いた。私の反応を見て、私が自分から手放したものじゃないと分かったのか、A母に話を聞くことに。
式で私は兄と義姉にむけて手紙を読んだ。兄超号泣、私もかなり泣いた。けど、トイレに行った時に、義姉に足をおもいっきり踏まれた。そこからずっと「恥を知れ」だの「けがらわしい」だの責め立てられ、兄がかけつけたところで義姉絶叫&号泣。
【切ない】昔離婚して引き取られた子供から電話が来た→「もう3日間何も食べてない」と言うので急いで向かうと、荒れ放題の部屋に汚れた子供、本人はマヨネーズを食べて過ごしていたらしい・・・
【戦慄】お母さんと子どもが横断歩道でひき逃げされた。遺体は惨たらしい状態で、白線にべったり血の跡が残ってた。それから数年後……。母「今日事故があったの知ってる!?轢かれたのがね・・・」→なんと!
元旦那の現嫁が「その赤ちゃんですけど、なぜあなたが引き取る事になったんですか。親権は、夫婦どちらでも良かった筈ですよね」と言ってきた。意味を解しかねていると、「今からでも、うちが引き取る事は出来ませんか」→子どもは現夫の子なんですが……。
精神に障害がある兄「頭がイタ…イ…」精神科医の父「あいつは大ゲサだ…放っておけ!」気付いた時には余命1か月のガン→その後の父の行動が・・
【不幸な結婚式】新郎の友人たちいきなり恩師に向かってビールをぶちまけた!!悲鳴が飛び交い振袖姿の女の子たちが一斉に席をたち逃げ始めた!!招待客はあきれ返り、親族一同は「○○君(新郎)のお友達は皆賑やかだから……」と笑いながら目が笑ってない。
昨日元義娘と街で会ってしまった。シミとシワが目立つ服を着て、とても太ってた。私を見たら駆け寄ってきて、あの頃に戻ったみたいに自分のことを話しだした。女の子の後ろでニヤニヤしてるみすぼらしいおじさんがいて、よく見たら元夫だった。
新郎母が披露宴で壮絶スピーチ!「お前は絶対にこんな夫になるな、私は絶対に嫁いびりはしない」→新郎祖母がうなり声をあげ、親族が「新郎母!お前嫁の癖に!!」と咆哮!「こっちにこい!新郎祖母に土下座して謝れ!」と言いながら親族が近寄ってきて……!!
18の時出来婚した。年子状態で四人産まれ25年間毎日戦争みたいだった。でね、健診で要再検査出て、病院行ったらまた再検査。結果はまだ聞きに行ってないけど気づいたんだよ、私が月に四度も高熱出して寝込んでも、旦那も子供たちも何もしてくれなかったって。
姉の旦那が「初孫を抱かせるのは、俺たちの予定だったのに。何でお前が先に子供を作るんだ。非常識だ。おろせ!」そして、披露宴当日。「あいつ、生むの?結婚式でムリしちゃって流れちゃいましたー、とかだったら笑えるのに。」
突如狂った女の襲来に私悲鳴。旦那グーパンチで女をボコボコにして、震え上がる私にキッチンから荷づくり紐を持ってこさせて後ろ手にした女の首と両手首と折り曲げた足に紐をかけて動けなくしてから、再び後頭部に一撃……。女の正体は……。
会場から少し離れた信号の前で新郎と招待客の女を発見。泣きながら抱き合ってるんですけど。泣きながらキスとかしちゃったりしてるんですけど。これが冬じゃなきゃ向こうも「あ、二次会帰りの客。ヤバい」と思い、キスも終了したのでしょうが時は真冬。
トメ「A子さんは立派な公務員。あなたは役立たずを自覚してるなら身をひきなさい。これは相談じゃなくて決まった事だから。」当時小学生の長男「お母さんは役立たずだから」と迷わず元夫側に。その後突然、元夫から長男の学費を出せと連絡が入り……。
【大混乱】あんまりな披露宴に新婦号泣!新郎は怒り狂って父親に詰め寄ったが、その前に新郎母が新郎父を平手打ち!!絶叫!!ついで号泣!!!新婦母が新郎母を支えて言い放った。「いいんです、うちの人は自業自得です!××さんが怒るのは当然です!」
弟の容体が急変。「大丈夫なの?」母に聞くと、泣き声を押し殺しながら首を振る。静かな部屋に、弟の心拍を伝える機械音だけが流れる。僕の声を聞いて、弟が意識を取り戻した。「兄ちゃん?」「発売日やったで。1番で買うたで」
幼なじみの母親「付き合うならあんな子より私子ちゃんみたいな子にしなさい」私「そんなことないですよぉ」幼なじみ「ここにうちの学校のヤツを100人並べたら、男も女も全員ソイツより俺の彼女の方を選ぶわ!!」私「」
トメの口癖は「喧嘩両成敗♪」、で当事者同士のおでこをペチッと叩いて解決させた気になっている→旦那が借金の保証人になり私の個人貯金を持ち出そうとして揉めたとき、トメが出てきて「喧嘩両成敗♪」をやったもんだから・・・
私一家に悲劇の急報!なんと産院による取り違えで姉は家族と血のつながりが一切ないことが判明!!しかももう一人の「姉」はすでに他界!姉の実両親は「言ってはいけない一言」によって私一家の逆鱗に触れた……!
【復讐】新郎「僕は、彼女と4年前に付き合い始めました。その時からこのフリンを知っていて、上司にも彼女にも止めるよう念書を貰いました。けれど、半年後にはこの有様です。尊敬し信頼もしていた上司に裏切られ、愛する人には騙され続けた」その後……。
義理の息子が「お母さんに会いたい」と言う。公園にいくと、そこにはタヒ別したはずの息子の実母の姿が→旦那と義母の畜生っぷりに泣いた。そして、「息子を返してほしい」と懇願する彼女に手を貸すことに……!
コンセントの中に盗聴器が……!警察に相談し、近所にうちに盗聴器があったことを「指紋も採取してもらった」ということを付け加えて言って周った。すると、見事に件のママ友が釣れた。顔を真っ青にして、出来心なの!と家に凸してきた。
友「泊めて!」私「うちは今姉が里帰り出産のため他人に来られては困る」友「他人じゃないじゃなくて友達じゃない(`・ω・´)」 暖簾に腕押しっていうか、返答があさって。これが延々と続き、思わずひっぱたいちゃったよ…。
【原因は……】叔母が結婚する直前に祖父が首を吊った。遺書はありませんでしたが、祖父はなくなる数日前私に「なぁ、お前は親を悲しませちゃいけないぞ」と言って頭を撫でてくれた。母には色々言っていた様で、俺がもし居なくなったら頼むな、とも。
亡夫との結婚生活は本当におままごとのようなもので、厄介ごとは全部義母が引き受けてくれていた。亡夫との楽しいだけの結婚生活の方が特別だと理解していながら二人目の夫との結婚生活も勝手に夢見てしまった。
【酷い】新郎「いや、別に俺やりたくてやってるわけじゃないから。約束だからここにいるだけだから俺の存在は無視して」隣で新婦はうつむき半泣き状態。両親に手紙を読むシーンでも最後に「さっさとこんな茶番劇終わらせて家帰って寝たいです」とか言ってた。
【凶悪託児】実家でクリスマス会。行ったら知らない男の子A君がいて、パーティは阿鼻叫喚!A君パパひたすら謝り続けて半泣き。「俺の見る目がなかった」と項垂れてた。「だからって子供の躾くらいちゃんとしろよ。サル並だぞ」と兄に怒られてた。
玄関前で、「おい!寄越せ!ずるいぞ!」「貰ってやるんだからさっさと持って来い!」警察が到着すると急におとなしくなるキチママ。「PCを貰う約束していたから、ここにいるだけ。叫んでなんかいない」→警察に録音をお渡しした。
【機転】この間電車に乗って、ある駅で降りた途端に女の子が男性を指さして「この人痴漢です!痴漢です!!」って叫んだ。そばにいた彼女だか奥さんだかみたいな女性が男性に向かって「両手を頭の上にあげて!いいから!すぐに上に!!」って。
居酒屋で楽しく過ごしたまではよかったんだけど、じゃあ帰ろうか、と帰り支度を始めた時にAさんが、すご~~~~~~~く気まずそうな顔で「…あのね…悪いけど、貴女達の分は出せないんで……悪いけど」と言ってきた。なんつーか、すごいショックだった。
連れは終始無言で妹含めた女子高生達を睨んでた。俺が連れを促して立とうとした時、妹が「マジキモ。ホ●かよ」って言った。これで連れが切れた。「んだとぐらああああああ!」って叫んで、妹の頭を掴んでテーブルに叩き付けた。
運転手「お、俺の車が!!!弁償しろよ!!!」夫「そっちが突っ込んできたんだろうが!!弁償はそっちだろ!!」運転手「最近までここは更地だった!俺はここを通り抜けに使ってたのに前触れもなく勝手に家を建てたのが悪い!!!」
調子に乗った彼女はさらに、ほら、早くしろよwとか言い出し俺の中で何かがぷっつんした。彼女が?な態度の中、俺はものすごい力で拳を振り上げた…その時の俺の顔は別れた彼女曰く阿修羅のような形相だったという。
【新婦妹乙】新婦が立ちすくんだ。着座を促されて、「違う!この人じゃない!」と新婦が叫んだ。騒然となる会場、「○○さんをどこにやった!」と新郎母に掴みかかる新婦!!実は……!!
つい先日Aから「好きです」と告白された。それと同時に「実は自分は男で、ずっと女と偽ってた」って事もカミングアウトされた。Aは物凄く謝ってきて「リアルで会いたい」「嘘ついてた事を許してほしい、そして今までどおりに接してほしい」と言ってきた。
【悪魔の所業】18でデカい腹と乳飲み子を抱えて地元に帰ってきた友人が男とイチャつきたいからと、子供に大人用睡眠薬を飲ませた挙句真夏のプレハブ倉庫に閉じ込め…次の日の昼にはもう、子供たちは…。
【しつけの意味】生まれて初めて本物のフランス料理食べに行くよ!Yahoo!!!と日記に書いてしばらく放置してたらなんか湧いた。「お前がフランスとか書くから、友達にお土産たのまれた!頑張ってパパとマミィに泣いて頼んで家族でフランスに行った!早く日記に書け!」
【すげぇ】霊視スキルを持つ姉の友人の第一声が「あ、カッコイイ」→俺の憑いてる守護霊のことだそうで…。更に後日「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど……その人、守護霊じゃないの」俺「……はい?」
【教育】遅刻魔を放置して一人で予定地に向かった。1時間後「着いたよ-!待ち合わせ場所にいるよ~」とメール。「××(予定地)にいるけど?」と返事したらパニック→後日逆ギレ。その件で周囲の人も「そうか、置いていっていいんだ」と目が覚めたらしい。
いかに俺の頭がおかしいか、俺がキチ○イか人間のクズかうちの親が人間としていかに最低か、散々怒鳴られ罵られ続けた嫁を精神科に連れて行ったら驚く結果に……!
【アボガドサラダ嫁】夕飯の新米目当てで凸してきた野菜嫌いのトメを撃退した。 それから二週間後…なんとウトメの離婚が決定しちゃった。
トメを無視してバナナの皮を剥き、無言でトメの顎を固定し口に詰めた。小さいトメの抵抗を無視してぎゅうぎゅう押し込む。お前が生後9ヶ月の息子にしたことだ。ねえ、呼吸出来ないってどんな気持ち?あれは不幸な事故なんかじゃないよ?と泣きながらやった。
実家が近所同士の幼馴染兄弟がいる。その兄の方が数年前、交通事故でこの世を去った。慣れない山道で運転操作を誤り、崖に落ちて助からなかった。その話を聞いた時、ああ、とうとう事故ったか、他人を巻き込まなくて何よりだと内心思った。
衰弱したパジャマ姿のA旦那「……一体、どんな風に処理したんですか……」私「包丁やまな板は、熱湯消毒した後、アルコール消毒しています。渡した時は保冷剤と共に云々」A旦那「……A、やぱりお前……!!!」A「私は、貰った物を出しただけ!」
【伝説の結婚式】新郎母「黙ってて下さい!嫁のしつけです!」スタッフ「新郎様、これは…」新郎「あー、やらせてやってください」スタッフ「新婦様は…」新郎「文句は言いませんよ、嫁にもらってやるんですから」新婦父「(;゚д゚)」新婦「(゚Д゚)」
「ドッペルゲンガーと結婚しました(´・ω・`)(´・ω・`)」出会いは大学のときで、 特筆することは何もなく普通に恋愛して、 普通に就職して、普通に結婚した。そしてこの度子どもを妊娠、出産。ところが!
【悲惨】15歳で厨二病を発症した義弟子が妊娠4か月の私を見るなり、いきなりお腹を殴ってきた!!気が付いたら病院のベッドの上。お腹を相当殴られていたらしく、痛々しい跡がお腹いっぱいあった。
数年前、彼氏から「結婚するか」ということで親に会うセッティングをし、予定の日が来た。しかし彼氏は来なかった。連絡したが全く繋がらないままドタキャンされたので「こういう時にすっぽかす男はアカン」と当然の帰結で両親から反対された。
「コトメちゃんの身にもなれ、自分より年上の女が結婚してるなんて、顔がいい女が身近にいるなんてかわいそうじゃないか」巨大な肉塊と化したコトメのために、化粧や服装を制限された私。そんな私を見て嫌気がさした旦那が浮気しやがった!
【オカルト】Aさん「あ……私さんのところも『あっち』から帰ってきたんですね。うちの子も、ほら、手を離しちゃダメですよ?」私「あの、一体何の話を……」Aさん「何って、ほら、ちゃんと息子さん掴んでなきゃダメですってば」私、鳥肌。Aさんは……。
ケーキを食べた友人の一人が悲鳴をあげて痛そうに口を押さえ、何か吐き出した。他の何人かも「私のにも入ってる!」と言い出し、皆ケーキをグチャグチャにして探りはじめた。ケーキ作りを手伝っていた新郎の妹が勝手に入れたものらしく新婦が激怒……。
コトメの娘が風呂場でタヒんでいた。警察「事故として処理します」私『(事故?そんなはずない。何かおかしい……)』 → ある日、泥酔したトメが衝撃の真実を……。
俺「…えーと、どちら様ですか?」女「○○です。あー男性の方だったんですか…私てっきり女性だとばかり」俺「えーと、全然記憶にないのですが、どちら様ですか?」女「ここって、この住所で合ってますよね?で、□□様ですよね?」
中国大地震のとき鬼の形相のトメに横面をひっぱたかれた。トメがひたすらになぜか泣きながら「かわいい息子がタヒんだかもしれない!」と。→私「お父さんは?」トメ「戦時中だったのよ!自分を売って何が悪いの!!」実子全員ポカーン……。
新婦側はポカーンとしていたのだが、新郎親族側からは大拍手がわき起こった。姉の担当教授は以後ずっと微妙な表情で、帰り際に姉に「何かあったら知人の弁護士を紹介するから、頼ってきなさい。あまり我慢しすぎるな」と言っていったらしい。
【報告有】弟嫁「たった一人の孫(姪)を大事にしてくださいよ。子供は叱っちゃいけないんですよ。」幼稚園でもお弁当の時間に、他の子のお弁当に指を入れて、先生に叱られたと悪いことと思ってないみたいに話す弟嫁の神経を疑うよ。
妻は自分で産んだ子供を、息子は不細工、娘も気持ち悪いと打ち明け離婚。両親や周りの助けを経て、ようやく迎えた成人式。そこへ元妻が……、今の息子ならカッコいいし、娘とも夢のペアルックをしてみたいとまくし立て私に親権を頂戴と言う。
【報告者乙】結婚式一ヶ月前に、遠方の友達から「裏切られた…タヒにます」的な電話が!!心の窓口相談室やジサツ予防相談室はアテにならずやっと警察!と思いついて相談するもけんもほろろ!「今からそっち行く!動くな!」と友達に8時間かけて現場へ急行!!
義弟の結婚式で阿鼻叫喚。娘は泣きじゃくり私は「絶対に許さない。おかど違いは解ってるけど許せない」と言い捨てた。あとで旦那に聞いたところによると、子供たちを逃がしたあとは本当に修羅場だったらしい→結果……。
ぞわっとした。私も何回もおばさんに会ってるし。でも顔が思い出せない。あんなに会ってたのに、全く顔が思い出せない。怖い怖い怖いと思ってたら、ふとメモの存在を思い出した。もう怖いんだけど、なぜかその時開いちゃったんだよね。中身は……。
性根の腐ったいじめっ子がまたやりやがった!あまつさえクラスから孤立していじめた子に頼る始末!私にまで!キレた私は「手紙で一生やらないって誓ったよね?今度持ってきていじめてきた子達に見せてあげよう?」って言った。
地元では名家といわれる御家柄の長男と結婚し、義実家で同居して5年。嫁の私はその間ずっと家政婦兼奴隷扱い。何をやっても難癖つけられきたけど我慢→しかし、ある日、結婚前から飼っていた文鳥を猫のエサにされ・・・
ここにいるよーって大声だしながら走っていたのに、ぜんぜん気づいてくれない。一緒にお好み焼き食べてた友達の手をにぎったらその子は「なんだろう、どうしたんだろうね」そのうち、私たちを探し始めて大騒動になってきた。
犬小屋で凍死寸前の同級生(8歳)が寝ていた。霜が降ったみたいに髪が白くなっていたそう。私は犬と部屋にいろと両親に言われ、パニックを起こす暇もなく部屋に入った。すぐ呼んだ救急車に母が乗り込んで、父が同級生の祖父母宅に怒鳴り込んで行った。
震災のドタバタで連絡取れなかった友人からのメールが……待ち合わせ時間ジャストの、「今どこ?」からはじまって「あとどれくらいでつく?」→「何してるの?」→「遅いよ」→「シカトしないで」→「何考えてるの?」→「帰る。すっぽかすとか最低だね。」
「被害届を書かせてください。お願いします。被害届を書かせてください」もうそれしか言えず、K官の腕を引いて交番まで行った。寝巻きのままorz交番に座って、「被害届を……」と言いつづける私はかなり不気味だったらしく、署から応援のK官がすごい人数でorz
「はじめまして○子さん(新婦)、お久しぶりですお父さん。15年ぶりですね。養育費も面会も無しでしたが私はここまで育ちました。○子さん、これからは義理の娘になりますのでよろしくお願いします」場内は凍りつき、その人が出て行ったとたんに騒然!!
彼氏は避妊をしてくれないなどと愚痴ってたら、友達がわたしの彼氏に連絡したいと言ってきた。ラインの画面を開き、友達に渡したら、友達はわたしになりすまして、わたしのことをどう思ってるの?などと聞いてた。
正月は婚約者の実家でうちの両親もお呼ばれして過ごすことになってた。昼頃に「ちょっと出てくる」って言って婚約者が出かけた。でもこの時間になっても婚約者は戻ってこない。皆で心配してたら私の携帯に婚約者からとんでもないラインが来た……。
私の人生最大の修羅場は近所の独身男性がコロされた事件の容疑者として捕まったこと。彼にとっての人生最大の修羅場は私が先日寝てる彼を縛って無理矢理子作りした時だと思う。貞子に食われると思ったらしいけど職場でのあだ名が貞子なので否定出来ない。
妹が「お姉ちゃん、ドア開けて」と涙声。実家に帰りたくないと泣く妹の横に、遠方にいるはずの母が何とも言えない顔で立っていた。母と妹は泣くばかりで意味が分からず、父から「少し話がある。お前の力がいる。」と言われた。
普段はニコニコしてる旦那が無表情になって、スッと立ち上がって台所に消えた。戻ってきた旦那の手には大量のタッパー。「これに料理全部詰めて」と私に半分渡して、唖然とする義母と義妹夫婦の前で黙々と料理を詰めた。
旅行中に現地の女の子に懐かれた。一緒に居るうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間を過ごした。チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。その国の言葉で読めなかったので翻訳を頼んだところ、その内容に絶句……!
新郎はバツイチ、新婦初婚の結婚式。披露宴途中、突然「ここで、新郎新婦にプレゼントがあります」と司会者。スポットライトに照らされて入場してきたのは、新郎の子(6歳♀と4歳♂)。新郎新婦ともに( ゚д゚)( ゚д゚)ポカーン。だってこの子たちは……。
【報告者フルボッコ】結納をするんだけど兄が出てくれない。結婚式にも出ないと言ってる。両親と兄夫婦の絶縁と私の事は関係ないのにどうして私が悩まなきゃいけないんだろう。本当にムカつく。はぁ。どうしよう…。
【衝撃のオチ】姉ちゃんが不貞の末に子供を産んだんだが、姉ちゃんの元彼と不貞相手とその嫁が乗り込んできて、病室で取っ組みあいのケンカが勃発!そこに俺の嫁がモンブランぶん投げて「止めましょうよ!ね!とりあえず落ち着いて!」と必死で止めてた。
幼稚園の先生が結婚することになった。式の後、扉を開けると園児達が並んで「せんせい、おめでとー」と声をそろえてくれるのを想像して先生は園児用にとお菓子をたくさん用意していたのだけど……園児は1人も来なかった。
中学時代に女子による“喪川さん(私)を無視する会”が結成!男子からはばい菌扱い、フォークダンスでも一切触れられなかった。周りの女子は聞こえるように囁きながら笑ってる。私「(´;ω;`)」金髪DQNのN本君「……(`・ω・´)」
【これぞ修羅場!!】結婚式場で付き人が「お願いします、もう許してください」といきなり泣き崩れた。奥様は満面の笑みで、「選んだのはあなたでしょ、私は他の選択肢もあげたじゃない。1億円払ってくれたって、事務所に連絡して裁判をしたってよかったのよ。」
【大混乱】あんまりな披露宴に新婦号泣!新郎は怒り狂って父親に詰め寄ったが、その前に新郎母が新郎父を平手打ち!!絶叫!!ついで号泣!!!新婦母が新郎母を支えて言い放った。「いいんです、うちの人は自業自得です!××さんが怒るのは当然です!」
友よ、あなたはいつも「私の友達」ということでサービス料金免除されてたがこの店は高いです。友人はママにいろいろ叱り飛ばされ、反論を試みたが「やかましいっ!そこまで自信あるなら自分自身の魅力だけで金を稼げ」と怒鳴りつけられ泣きながら帰ったそう。
双子の弟が「こんな貧乏なのに6人も子供作るなんて計画性ないよな。頭弱過ぎ」父がキレて弟をぶっ飛ばした。台所にいた母と姉たちが飛んできて、説明すると母がもう一度ぶっ飛ばし、長女がお盆で弟をぼっこぼこに叩いた。
兄が「ごめん。お袋。我慢出来んかった」ある日高校生の兄がボロボロになって帰って来た。喧嘩ばかりで生傷の絶えない兄だったので別段珍しい事では無かったが、その日は何と小学校低学年位の子供の手を引いて帰って来た。
「てか障害者は大人しくうちらの言うこときいてりゃいいんだよ」 私は事故で右足が義足。友人が何か言ってくれるか期待したが、友人も黙ったまま。ちと悲しくなった。友人が元友人に格下げされた瞬間だった。その時部屋でそれを聞いてた兄がいきなり出てきて……。
醜悪な兄に姉が暴行を受けフローリングが血の海!!前歯の上と下、計8本全滅。夜中、私は包丁を手に兄の部屋の前に立っていた。滅多刺しにしてやる!!そんな私を母が止め、ある約束を交わすことに→そしてその約束の日が訪れた!
【壮絶】4年ほど前にウワキされてたことがわかり、子供のDNA鑑定をしたところ、子供も自分の子でなかったこともあり離婚をした。その後嫁は子供の父親の嫁に返り討ちを食らい頭が狂ったらしく、原因である俺をコロすと言って俺を包丁で刺し逮捕されたが……。
嫁が「子供がなつかない、男の子の育て方はわからない、私は役に立たない」と子どもが生まれてから様子がおかしくなり、ある日嫁実家へ行くと言い争う義父と嫁姉が。嫁姉「俺さん、これから全部話すからちょっと出かけよう!!」
新婦「…お葬式の日って変えられないの?私はずっと前から準備してたのに、不幸なのは判るけどそっちは急でしょ!」私「……」その後、祝儀だけは送った。実は当日、結婚式に行ってるはずの友人4人が何故か父の告別式に来てくれて……。
私ちゃん「DQNなお父さんキライ!!お母さん離婚しなよ(`・ω・´)!!」母「うん」兄姉「確かにDQNだが離婚するなら父につくわ」離婚→私ちゃん「あれ、車は?ワンコは?毎年のハワイ旅行は?えっ(´・ω・`)?」
元彼「おまえと結婚すればよかった。あの時の子供を産んでもらっていたら、今頃俺は幸せな家庭を築けていたのに」「だからなに?」 と聞いたら、「え…」と電話の向こうで絶句。私「あの時、私は産みたいって言ったよね?」
十数年ぶりに母と再会した。いつの間にか母は車いすになってすっかり老け込んでいた。付き添いで義妹が来てくれた。3人とも心の中では楽しんでなかったと思う。義妹が電話するっていって席を外した隙に母が怯えるように私に相談してきた。
離婚届出してきた。そして夜になり、大好物のシーフードグラタン作ってビール飲んでたら「元」旦那がご帰宅。「あ、グラタンだ!俺も貰おうかな~☆…んっだよ!エビ入ってんじゃん!いらねーよ、ったくふざけんな!」
父がキレて叔父を殴り飛ばした時、今までずっと黙っていた叔母がキレた。父に、ではなく私に。叔母も父に殴られた。母は泣いてた。もう絶句したね。そんな風に思っていたのかと。私と叔母は本当に仲が良かった。そんな1番の理解者を目の前で失った。
義父は実妹(双子!)と関係を持っていた。目玉どころか魂が飛び出そうな義父の発言で、義弟嫁は吐くし、義弟はひたすら唸るし、夫は何故か前後にゆっくり揺れ続けるし、義母は泣き崩れるし……義妹だけが冷静だった。
【モンスター】私が風呂に入ってると兄の怒鳴り声がして慌てて飛び出した。居間には泣きじゃくる友人Aとキレまくってる兄。キレた兄に何故かAが逆切れして、「ここは(私)の家なのに客人のアンタがでかい顔するな!」と説教。ここは元々兄の継いだ家です!!
新郎母が披露宴で壮絶スピーチ!「お前は絶対にこんな夫になるな、私は絶対に嫁いびりはしない」→新郎祖母がうなり声をあげ、親族が「新郎母!お前嫁の癖に!!」と咆哮!「こっちにこい!新郎祖母に土下座して謝れ!」と言いながら親族が近寄ってきて……!!
「そういう倫理に反する行為って俺嫌いなんだ。当り前だろ?」可愛がってくれた義父母には申し訳ないとは思った。でもこればっかりは無理。怒った義父が夫を凹殴り。私には平謝り。義母は号泣。 相手の女の自宅を夫に白状させて、玄関前で大声で罵ってやった。
Aちゃんからは学校でたびたび「あんたはあそこの家の子じゃないんだから早く交代してよね」と言われた。Aちゃん自体、言動がちょっと変わってて女の子の集団に溶け込めるような子じゃなかった。連日連夜のそれがあんまり気持ち悪くて、担任にそれを言った。
当時小5だった弟に、俺が血が繋がらない兄だとばれた。俺に引っ付いてしゃくりあげる弟。俺は脱力。両親も目が泳いでた。俺の血液型は、母親からも父親からも生まれない。子供向け百科辞典出してきて弟に説明。俺の出生もライトにばらした。
数年前、彼氏から「結婚するか」ということで親に会うセッティングをし、予定の日が来た。しかし彼氏は来なかった。連絡したが全く繋がらないままドタキャンされたので「こういう時にすっぽかす男はアカン」と当然の帰結で両親から反対された。
義兄の再婚相手が、いじめっこで有名で前科がある私の同級生だった。甥は二年後に複雑骨折で入院。言うこと聞かないからと、二階のベランダから突き飛ばされたそう。義兄嫁は懲役がつき、甥は父親の義兄をみてもおびえるので、私達が引き取った。
元婚約者が新婦だけ変更して挙式をそのまま行った。それを聞かされた時の私の心境は「……マジ?」だった。正気か、という意味で。当然、式場は修羅場化。新郎新婦がここまでやらかしたので当たり前だが、新しい人生の門出と同時に孤立街道まっしぐら。
非常識な義兄嫁が原因で大変なことになった。夫の父方と母方の実家両家、伯母様の嫁がれた家、従兄妹の嫁ぎ先の家に話がまわり、そこに私の家が含まれて五家での話し合いに発展……!何をトチ狂って朱書きで恨みつらみを書いたのかと騒動に。
姑は父の兄弟を従えて我が家へ突撃してきた。「お父さんがタヒんだからって、金がないとか言わないでよ。私へは今まで通り30万払ってもらうから。その確認をしにきたのよ」→私「入ってくるな!触るな!よるなくるな二度と顔を見せるな!お前ら全員敵だ!!」
高校生の頃、8月31日。遊びに出かけようと思ったら、近所の八百屋の奥さんが「怖いよー、怖いよー」とまるで園児のように泣いていた。奥さんが言うには、「部屋に知らない男がいる」とのことでそれが普通の人間ではないらしい……。
キチ母が「分かった、今このお姉ちゃんに も ら う からねぇ~。(振り向いて)子供が欲しがってるので下さい」と傘を奪おうとした。友達「いいよいいよ、あげようよ(ヘラヘラ)」私「ふざけないで、何でこんなクソガキとコジキババアに物恵まなきゃなんないの?」
【復讐】ふとみると骨壺の包みが乱れている。恐る恐る開くと、桐箱に入っているはずの骨壺がなくなっていた。Aに電話すると「お骨は今私が預かっているの。B(私)さんにサプライズしようと思って!」→数日後、お骨はメール便で我が家に帰ってきた。無残な姿で。
ドラマのような略奪劇を見た。まじでびびった。新郎が出てったから新婦はポツリ…泣いた。俺は新郎の友人。新郎は最後まで結婚悩んでたし、モトカノが気になってたから新郎的には結果オーライ。結局新郎はそのまま結婚した。
【衝撃の事実】A母がいきなり般若の顔になった。「Aちゃん?!この馴れ馴れしい女誰よ!」フロア中に響く大声でびっくりして固まる私に、A母、近くにあった店の商品を手当たり次第投げる投げる。バーサーカー状態。しかもA母、実は……。




△ページトップへ戻る
スポンサードリンク
最新記事
毎日更新


a href=/ul