FC2ブログ

---スポンサードリンク---

片親が生きてた当時の私は10代の子供だったけどせめて精神的に、なにかできたんじゃないかって思う。私にとっていい親に変わりない。親の友人たちも、優しい人ばっかりだった。身内はクソだけど。 ずっと親の自死が私の心に引っかかってる。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551682888/
何を書いても構いませんので@生活板73


447 :名無しさん@おーぷん : 2019/03/17(日)19:42:21 ID:eVZ.ri.ns

吐き出させてください。
私は現在、30代になりました。10代の時、片親を自サツで亡くしました。
元々、親の家庭環境じたいが悪かったため私を引き取る親族はなく、
兄弟はいますが、親の家庭環境に疲れ果て、成人してすぐにどこかへ行きました。
保護施設に行った時、私の強い要望で養護施設に、
数年ですがそこで暮らすことになりました。




---スポンサードリンク---

両親の友人、養護施設の人、自分が就いた職場の先輩方、友人。
色んな人に支えられて生きてこれました。
どれか一つでも欠けていたら、私自身、早々にさよならしてたと思います。

色んな人に支えられて来たけども、未だに親の自死は胸に来ます。
遺書を見るたび泣いてしまう。歳をとった今こそ、
親の気持ちが、なお分かって辛い。
自分の辛い気持ちと、支えないといけない家族、仕事やらなんやらに挟まれて。
ほんとに辛かったんだ・・て。昔以上に今が辛い。

片親が生きてた当時の私は10代の子供だったけど
せめて精神的に、なにかできたんじゃないかって思う。
私にとっていい親に変わりない。親の友人たちも、優しい人ばっかりだった。
身内はクソだけど。
ずっと親の自死が私の心に引っかかってる。
死ぬ直前に書いただろう遺書を読むたび、申し訳なくなる。
ほんと、ずっと、辛い。誰か助けて欲しい・・



448 :名無しさん@おーぷん : 2019/03/17(日)20:52:31 ID:trO.d1.dk

>>447
“どう助かりたいか”によって助けを求める先も違うが
それを洗い出してくれるのはカウンセリングだと思うよ



450 :名無しさん@おーぷん : 2019/03/17(日)21:18:46 ID:vup.pp.n6

>>447
これまで何度も周りの人に言われたと思いますが、
何もご自分を責める必要は無いです。
いや、責めてはいけないです。

親御さんは辛かったのは事実でしょうが、
遺されたご家族への自分の自死の影響については
視野狭窄で深く考えておられなかった、もしくは
心的疲労で深く考える力がなかったと思います。
子供にこんなに長い間苦しい思いを
させた親御さんは、罪深いと思います。
不愉快に感じられたら申し訳ありません。

447さんが親御さんの死で自分を責めれば責める程、申し訳ないと苦しめば苦しむ程、
親御さんの罪は深くなります。
親御さんも自分の事で我が子を不幸にしたいとは
願っていないと思います。
>私にとっていい親 だった親御さんの願いは
>>447さんが幸せに生きる事だと思います。
>>447が不幸、それも自分が原因でそうなるのは
決して望んでいないと思います。

親御さんの供養の為にもご自分を責めるのをやめて
前向きに生きて下さい。



475 :名無しさん@おーぷん : 2019/03/18(月)19:02:48 ID:PFc.pv.cj

>>448
どう助かりたいか・・。
もう無理なことですけど、私はやっぱり親の助けになりたかったです。
色々と過ぎたことで、叶わないことなの分かってます。でも、なんか出来たんじゃないかと。
綺麗事に聞こえるかもしれませんが、私にとっての救いはやっぱり・・
親に生きてて欲しかったな。
親はもう手詰まりで、どうしようもなくてそういう選択したっていうのも分かっていますし。


>>450さん
ありがとう
あなたの言う通り、片親は自分の苦しさと残される人の気持ちと挟まれて。
最後まで苦しかったんだろって。今の自分ならなんとか出来るの
むしろ、子供なりになんか精神的に支えになるなにかが出来たのではと・・。
でも、それすらも重荷になってしまうのでしょうね。
私が健やかに生きていく事が両親への、お返しかもしれません。
両親もそう望んでくれてると、私自身、これまで見てきた両親を思い返して、そう信じています。

もういない人達ですし、答えなんて返って来ませんしね。
自分で気持ちの整理をして生きていくしかないと分かっています。
ただ、うん。納得できてないのかな親が残した言葉と気持ちに。
聞いてくれてありがと。ありがとう、聞いてくれる人がいて
少し気持ちが楽になりました
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul