FC2ブログ

---スポンサードリンク---

仕事は褒められはするけど、事務方だから昇給も昇進もなくて認められた気にもならない。自分でも自分の出来ることは他人もできる事だから出来ない方がおかしいと思ってしまう。この考えをやめたい、辞めよう辞めよう意識しても治らない。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1564584166/
スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part116


93 :名無しさん@おーぷん : 19/08/04(日)17:00:00 ID:d0.o0.L1

自分が年齢だけ重ねた子供のような気がして嫌だ
親から褒められた経験がない、何をしても「出来て当たり前」と言われ続けた
それを未だに引きずっている
そのせいなのか、自分の言動全てに自信がもてない
他人に褒められるのも慣れないし信じられない
数値として提示してくれないと理解できない




---スポンサードリンク---


仕事は褒められはするけど、事務方だから昇給も昇進もなくて
認められた気にもならない
自分でも自分の出来ることは他人もできる事だから出来ない方がおかしいと思ってしまう
この考えをやめたい、辞めよう辞めよう意識しても治らない
どうしたらいいか教えてください




94 :名無しさん@おーぷん : 19/08/04(日)17:12:25 ID:vQ.pv.L15

>>93
他人をほめるといいと思うよ



98 :名無しさん@おーぷん : 19/08/04(日)19:03:12 ID:P6.0t.L29

>>93
カウンセリングにかかってみた?
話を聞くだけじゃなくて認知行動療法とかEMDRとか交流分析とか
具体的な療法やってくれるところに。
あなたに必要なのは、何かを我慢したり何かをしないようにする事ではなく
何かを「する」事だと思う。
数値しか信じられないなら誰かから誉められたら
正の字を書いてカウントして数字化して認識出来るようにするとか
そういう何かを「する」方のテクニックを学んでみたらどうかな



101 :名無しさん@おーぷん : 19/08/04(日)22:09:00 ID:d0.o0.L1

>>94,98
他人を褒めることも何かをする内に入るんでしょうか
他人は自分の鏡だというから他人の良い所探しをして、伝えたりしています
ですが、返ってくるかと言えばほぼ返ってこないし、
伝えながら、なんで自分にはかけてもらった事もない言葉を
他人にかけなければならないのかという気持ちでいっぱいになってしまって
胸がざわついて涙が止まらなくなる時がおおいです

山を越えた隣の市まで行かないと大きな病院がない田舎なので
そういったちゃんとした診療をしてくれる所があるか分かりませんが
折を見て行ってみたいと思います
ありがとうございました



103 :名無しさん@おーぷん : 19/08/04(日)22:52:03 ID:P6.0t.L29

>>101
辛いなら無理することないよ。まずは自分のケアを考えて。
誰かを誉めると良いのは、嫌なところばかりが気になる環境だと疲れるから。
どうせなら素敵なところもあると思える人と一緒に働いた方が、気持ちが楽になるから。
でもって良いとこ探しをすると、他人からの誉め言葉も嫌いな人から言われたらケッてなるけど、
まぁ良いとこもある人から誉められたら素直に受けとる気持ちになれるから。
そして、他人のあら探しばかりしてる人間より、
良いところを見つけられる人間の方が良い人間とされているので、
良い人間でいる自分に誇りを持てるようになるから。
そういう自分の心の中で良い循環を生むから他人を誉めることは良いこととなる。
他人の良いとこを見つけることは出来てるようだから、無理して他人に声かけすることない。
声かけてあげたい伝えたいと思った時にすれば良い。
他人に誉められたいなら遠回しじゃなくストレートに他人から誉められる行動をした方が良いと思う。
というか、誉められた事がないわけではなく、
誉められても素直に受け取れないけど誉められたいという矛盾に苦しんでいるようだけど、
自分が満たされたか満たされないかという感情だけでジャッジするのは諸刃の剣だ。
餓鬼のように際限がない。
ここまで行けたらいったん満足としよう、という数値目標を設定して感情ではない部分でも
満たされる方法を取り入れてみて。
さっきも言ったけどありがとうと言われた回数を記録したりとか。
いっそ資格を取って転職してカウンセリングルームがたくさんある都会への移住を考えるとか。
まだ方法は大小いろいろあるから詰みじゃないよ

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon

【事実は小説より……】旦 那 が 座 っ て い た。一瞬で頭の中は真っ白、座っている男性を凝視。顔・髪型・体系・どれをとっても、今朝九州出張に送り出した旦那だった、何かを察して顔を上げる旦那。ゆっくりと驚いた表情に変わっていった。
「わかりました!!同居しましょう!!ただ、私は夫ちゃんの学資ローンを払い終わるまで仕事はやめられませんし、日中お母様一人です。いったん同居して生活保護止められたらまた申請するのも大変ですから、シミュレーションしましょう!!」
夫は私の顔を見ると、子供のように泣いて謝ってきたが「で?だから何?感謝して反省しているから何なの?また私一人に全部押しつけて自分は知らんぷりで過ごしたいから、また全部背負ってくれって事?嫌よ。私、明日は美容院に行くの。一年半ぶりの美容院」
トメさん、しばらくじーっと年賀状を見てた。「トメさんのまわりの優秀な女の人が結婚してないのは、親が全部やっていてあげてるからです。給料は全部お小遣いの甘えきった女の人が、らくちんな生活捨てて苦労するとわかっている結婚なんかするわけないでしょ」
【奇跡の出会い】担任が養親の家にいきなりやってきた。昭和の映画に出てくるみたいな壊れかけた長屋だったので、しばらく絶句してたらしい。あんな狭い家に日本語もろくに通じない怪しい人間が20人くらい住んでたから、普通の人は驚くよなって今ならわかる。
五人姉妹の四女が旦那にDVを受けていた!糞旦那を姉妹全員で追いつめたが、妹旦那「殴るわけないでしょうが!こんなに愛してるのに!」「違うう!!」四女は叫びながら下半身の無残な傷跡を見せた!父「お前ーーー!!!」
コトメ「そういうつもりなら、うちの息子を頼れると思わないで」なんかもう、私も夫もすっかり疲れてしまって、夫はついに「そちらがそう言うなら、仕方ない。今後の付き合いもなしで結構」と言い渡した。コトメ、目をまんまるにしてぽかーんとしてた。
再生終わったあと、ウトが静かに「私ちゃん、本当にごめんな、今日は帰ってもらっていいかな」と。入って、コトメの腕つかんで奥のウトの部屋に文字通り引きずっていった。トメに「悪いけど旦那君と私ちゃんは今日は帰って、また連絡するから、ね」
【逆襲】T子、静かに泣き始める。女子グループ微妙な顔。「私もうあんたみたいな人間のクズに関わるのイヤなんだよね。同じ空気吸ってんのもイヤ。こっちはあんたのこと無視してんだから、これ以上余計な真似して関わってくんな。気持ち悪いわ」
旧友「あの子は気付いてないから大丈夫。私が勝手にスカっとしてるだけー」私「気付いてないわけがないでしょう!言っとくけど、自分だけじゃなくて親まで貶められた悔しさは、絶対消えないよ。忘れたとか、悪気はなかったとか、通用しないからね!」
姪17才が土下座!「おじさんおばさん、私を大学に進学させてください。少しでいいので援助してください」夫「実の母親である義姉本人と意見が違っているなら貸せない」→姪「おばさんちの子は何もしてないのに大学まで行けてずるい!!!」
義父「そんな顔腫れるもんなのかーこうしてみると冗談みたいで面白いな!、義母「もう一回抱かせたらもっと赤くなるのかしら?」義父「おお、それ面白そうだ。まぁもう一回くらい触っても大丈夫だろ」その瞬間、嫁が義父の顔を殴った。



△ページトップへ戻る
スポンサードリンク
最新記事
毎日更新


a href=/ulspan style=color:#FF0000