FC2ブログ

---スポンサードリンク---

数年前のこと、昼過ぎの国道の歩道(植え込みもあり、広い)を駅に向かって歩いていた。いろいろなものが点々と散乱していた。革靴が一個、更に向こうにもう1個。靴下。ネクタイ。ワイシャツ。

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1564796648/
何を書いても構いませんので@生活板78

96 :名無しさん@おーぷん : 19/08/07(水)20:35:57 ID:ig.93.L4

数年前のこと、
昼過ぎの国道の歩道(植え込みもあり、広い)を駅に向かって歩いていた。
いろいろなものが点々と散乱していた。
革靴が一個、更に向こうにもう1個。靴下。
ネクタイ。ワイシャツ。




---スポンサードリンク---


鞄。
くつした。
丸首肌着。
ぱんつ!!!!
歩道の数十メートルにわたって、点々とあった。

更に先の植え込みの中に本体とおぼしきシ.リが見えた。

いろいろと気になったが
待ち合わせの時間に遅れそうだったので通報もできず通り過ぎた
所要は30分ほどで済んで、待ち合わせた子どもも回収でき、帰路につく途中で
「さっきあったビックリなこと」を思い出して話しながら、現場付近に到達した
そこではおまわりさんが一生懸命声かけをしながら、
ぱんつを着用させようとしていた。

国民の平和と安全を守ろうとして就業しているはずなのに
どうやら酔っ払いらしい男にぱんつ履かせなくちゃいけないなんて、
申し訳なさ過ぎる

でも、丸出しの人が駅の近くの国道で転がっているのは、
市民として困るし助けて欲しいところだ。
一般的な町民としては、こんな泥酔と関わりたくないし。
おまわりさん、ごめん。ありがとう。



97 :名無しさん@おーぷん : 19/08/07(水)21:51:19 ID:2r.w9.L1

>>96
>本体とおぼしきシ.リ
まあそうだろうなとは思いつつここで噴いたw
ヘイ尻!
関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


999:やすらぎのななしさん:00/00/0 00:0 ID:yasuragon

【事実は小説より……】旦 那 が 座 っ て い た。一瞬で頭の中は真っ白、座っている男性を凝視。顔・髪型・体系・どれをとっても、今朝九州出張に送り出した旦那だった、何かを察して顔を上げる旦那。ゆっくりと驚いた表情に変わっていった。
「わかりました!!同居しましょう!!ただ、私は夫ちゃんの学資ローンを払い終わるまで仕事はやめられませんし、日中お母様一人です。いったん同居して生活保護止められたらまた申請するのも大変ですから、シミュレーションしましょう!!」
夫は私の顔を見ると、子供のように泣いて謝ってきたが「で?だから何?感謝して反省しているから何なの?また私一人に全部押しつけて自分は知らんぷりで過ごしたいから、また全部背負ってくれって事?嫌よ。私、明日は美容院に行くの。一年半ぶりの美容院」
トメさん、しばらくじーっと年賀状を見てた。「トメさんのまわりの優秀な女の人が結婚してないのは、親が全部やっていてあげてるからです。給料は全部お小遣いの甘えきった女の人が、らくちんな生活捨てて苦労するとわかっている結婚なんかするわけないでしょ」
【奇跡の出会い】担任が養親の家にいきなりやってきた。昭和の映画に出てくるみたいな壊れかけた長屋だったので、しばらく絶句してたらしい。あんな狭い家に日本語もろくに通じない怪しい人間が20人くらい住んでたから、普通の人は驚くよなって今ならわかる。
五人姉妹の四女が旦那にDVを受けていた!糞旦那を姉妹全員で追いつめたが、妹旦那「殴るわけないでしょうが!こんなに愛してるのに!」「違うう!!」四女は叫びながら下半身の無残な傷跡を見せた!父「お前ーーー!!!」
コトメ「そういうつもりなら、うちの息子を頼れると思わないで」なんかもう、私も夫もすっかり疲れてしまって、夫はついに「そちらがそう言うなら、仕方ない。今後の付き合いもなしで結構」と言い渡した。コトメ、目をまんまるにしてぽかーんとしてた。
再生終わったあと、ウトが静かに「私ちゃん、本当にごめんな、今日は帰ってもらっていいかな」と。入って、コトメの腕つかんで奥のウトの部屋に文字通り引きずっていった。トメに「悪いけど旦那君と私ちゃんは今日は帰って、また連絡するから、ね」
【逆襲】T子、静かに泣き始める。女子グループ微妙な顔。「私もうあんたみたいな人間のクズに関わるのイヤなんだよね。同じ空気吸ってんのもイヤ。こっちはあんたのこと無視してんだから、これ以上余計な真似して関わってくんな。気持ち悪いわ」
旧友「あの子は気付いてないから大丈夫。私が勝手にスカっとしてるだけー」私「気付いてないわけがないでしょう!言っとくけど、自分だけじゃなくて親まで貶められた悔しさは、絶対消えないよ。忘れたとか、悪気はなかったとか、通用しないからね!」
姪17才が土下座!「おじさんおばさん、私を大学に進学させてください。少しでいいので援助してください」夫「実の母親である義姉本人と意見が違っているなら貸せない」→姪「おばさんちの子は何もしてないのに大学まで行けてずるい!!!」
義父「そんな顔腫れるもんなのかーこうしてみると冗談みたいで面白いな!、義母「もう一回抱かせたらもっと赤くなるのかしら?」義父「おお、それ面白そうだ。まぁもう一回くらい触っても大丈夫だろ」その瞬間、嫁が義父の顔を殴った。



△ページトップへ戻る
スポンサードリンク
最新記事
毎日更新


a href=/ulspan style=color:#FF0000