FC2ブログ

---スポンサードリンク---

ごめんなさい。恩を仇で返してしまった。私達を助けた事、心から後悔したんじゃないかと思う。どんなに痛かったか、怖かったか。そんな目に合わせておいて、私は彼がどこの誰かも知らない。本当にひどい話だと思う

http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1528260764/
奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.5

421: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:39:54 ID:bCn

四十年以上前の話。
懺悔です。
フェイクは入れない。
関係者はほぼ鬼籍な上、当時6歳の私の記憶なんてたかが知れてる。

母が再婚した。
母の再婚相手Aと私は養子縁組をした。
Aはヤクザだったので、私はヤクザの養女になった。
小学生になったばかりの私は、
ヤクザという職業がどんな物か知らないどころか、
その存在すら理解はしていなかったけれど。

Aは私には優しかったし、
家に出入りする若い衆達には「お嬢」と呼ばれて可愛がってもらっていた。
Aは一緒にお酒を飲んだ人とすぐに兄弟になるという不思議体質で、
大量の弟がいて、私には見分けのつかない弟達も皆、優しくしてくれた。




---スポンサードリンク---
422: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:41:08 ID:bCn

今考えれば一般的な家庭とは言い難いのだが、
当時は分からなかった。
ぼんやりした子供だったのだろう。

後々母が言うには、
「娘(私)がいれば狂犬(A)がご機嫌な飼い犬になるから、周囲は私をお姫様扱いしていた」そうだ。
かなり幸せな時期だったと思う。

母とAの間に何があったのかは分からないが、
ある日、母は私を連れて家出をした。
正確な日時は覚えていないが、秋だった。
結婚期間半年。
Aは当然若い衆を使って追って来た。
母と私は、関東地方内を転々とした。
私の義務教育より、逃げる事が優先になった。


423: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:46:04 ID:bCn

逃避行が始まってすぐの頃、
母は「きゅうちゃん」という男性を頼って匿ってもらっていた。
きゅうちゃんの本名は知らない。年齢も容姿も覚えていない。
私もきゅうちゃんと呼んでいた。

きゅうちゃんは一人暮らし。
パチンコ屋と蕎麦屋のお店を持っていた。
私は学校には行かず、
蕎麦屋の二階で寝起きしてパチンコ屋のはじっこで遊んだ。
多分、一週間か二週間くらい。
友達に会えず、いつも遊んでくれるAも若い衆もAの弟達もいなくて、
淋しかったのだと思う。
(母は子育てが苦手で、
私の為の料理もお風呂や歯磨きの世話も宿題を見るのもAの担当だった。
考えるとAの女子力が高すぎる)


424: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:47:52 ID:bCn

私はあっという間にきゅうちゃんになついた。

きゅうちゃんの膝で読書したり昼寝したり。
正直鬱陶しかったと思う。
でも、彼はすごく温厚な人物らしく、嫌な顔一つしなかった。

きゅうちゃんとの別れは突然だった。
早朝急に起こされ、今から出掛けると母に言われた。
着替えだけして車に乗せられた。
読みかけの本も、塗り絵もまとめる時間がなかった。
きゅうちゃんともさよならだと言われて、私は嫌だと泣き喚いた。
普段文句を言わない私の反乱に困惑する母を見兼ねたのか、
きゅうちゃんが頭を撫でてくれた…ような気がする。

平日、小学校低学年の子供が学校に行かずに号泣していたら、
目立つと思う。
きゅうちゃんはそれを考えたのだろう。
一生懸命宥めてくれた。

「ごめんねお嬢。きゅうちゃんはお仕事があるから、一緒に行けないんだ。
でも、また会えるから泣かないで。きゅうちゃんは、お嬢の笑っている顔が好きだから、笑って」

もっといっぱい言ってくれたけれど、一部分しか覚えていない。
私は泣きながら必死で笑顔を作った。
きゅうちゃんは可愛い笑顔だと誉めてくれた。
こんなぐしゃぐしゃの笑顔可愛い訳ないじゃんと思ったけど、
また会えるように指切りげんまんをした。


425: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:49:52 ID:bCn

車に乗っていたのは、途中までだったと思う。
電車、バス、最後は徒歩で、古い感じの旅館に着いた。
母が宿泊できるか聞いているのをボーッと眺めながら、
ここで泊まれなかったらどうしようと思っていた。
いつも寝る時間はとっくに過ぎて、寒くて疲れていた。
朝からほぼ飲まず食わずだったと思う。
旅館に着くまではしっかり歩いていたのに、
もう一歩も歩きたくなかった。

幸い泊まる事が出来た。
食欲がなかったので、お風呂に入っただけですぐに休んだ。
少しでも何か食べるように言われけれど、
お茶をちょっと飲んだだけで何も飲み込めなかった。
一人で髪を乾かしている時に、
あまりの眠さでドライヤーを落としてしまい、母に怒られた事を覚えている。


426: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:50:56 ID:bCn

夜中に目を覚ましたら、隣に母がいなかった。
知らない部屋で一人で寝るのは怖かった。
部屋の戸を開け、廊下の隅に母の後ろ姿を見つけ、すごくほっとした。
母の方に歩きかけ、彼女が電話をしている事に気付き、
足音を立てないようにゆっくり静かにに歩いた。
母の口から「きゅうちゃん」というのが聞こえ、
きゅうちゃんに会えるのかと期待しながら声を聞いた。
ちゃんとした言葉は覚えていない。
後ろ向きだったし、すごく小声だった。
単語を繋ぎ合わせて、
きゅうちゃんが死んだ事が分かった。死ぬまで殴られたって。
朝、また会えるって言われて、一生懸命笑って別れた。
でも会えなくなった。
あんなに大好きなきゅうちゃんを、誰がどうして殴ったんだろう。
私はそっと部屋に戻り、布団に潜り込んだ。
あまり涙は出なかった。朝はあんなに泣いたのに。

この時から今まで、
きゅうちゃんの名前を口に出した事はない。
母からも聞いた事がない。


427: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:52:40 ID:bCn

今、当時の母の電話を聞けば、
多分どういう立場の人がやったのか分かると思う。
多分、母と私を匿った事がバレたのだろう。
彼の死が、どういう扱いになったのか、私は知らない。
撲殺事件になったのか、行方不明になったのか。
本名も年齢も容姿も住所も分からない。
ただ、きゅうちゃんと呼ばれた男性が、
おそらく母と私のせいで殴り殺されたってことだけ。

きゅうちゃん、ごめんなさい。
本当に申し訳なく思います。
きゅうちゃんにも、親兄弟がいたと思う。
どんな思いをしたことか。
ごめんなさい。恩を仇で返してしまった。
私達を助けた事、心から後悔したんじゃないかと思う。
どんなに痛かったか、怖かったか。
そんな目に合わせておいて、私は彼がどこの誰かも知らない。
本当にひどい話だと思う。
ごめんなさい。
許して貰えるなんて、思っていません。
そして、このまま誰にも言わずに地獄まで持って行くと決めています。
泣く資格もない。
ごめんなさい。


428: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)20:16:09 ID:322

その後どういう人生を送って今奥様なのかすごく気になる
ここがスレ違いならどっかに書いて欲しい


関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul