FC2ブログ

---スポンサードリンク---

交通事故の事情聴取で数名の警察官に囲まれ怒鳴られた。私は胸が苦しくなり、机に突っ伏したが警察官に放置され、数日後に、急性心筋梗塞発症で救急搬送された。因果関係は証明できないので泣き寝入り……。

今までにあった修羅場を語れ 12
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1388718561/

645: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/20(月) 23:40:17.57 ID:i/uim0Cw

交通事故の事情聴取での苦情を
公安委員会に出したことがあるけど、
2ヶ月後くらいに
「調査の結果、適正でした」の一文で終わりだった。

実況見分の書類に明らかな誤りがあった。
事情聴取の冒頭で、誤りがあれば何度でも
実況見分をやり直すと伝えられており、また、
私からすると重大な誤りだったので、再見分を求めた。

担当の警察官が「他の者と相談する」と出て行った数分後、
数名の警察官が飛び込んできて、
至近距離で取り囲み、耳元で

「あんたが、そう説明したんだろうが!」

といったことを怒鳴り始めた。
予想外のことで、胸が苦しくなり数分間、机に突っ伏していたが、
その間、警察官達は何ら介抱することもなく放置。




---スポンサードリンク---


数日後に、急性心筋梗塞発症で救急搬送された。
因果関係は証明できないので泣き寝入りだけど、
警察での出来事が関係していると思う。

ちなみに、事故自体は駐車車両の横を通過する際に、
その車両に乗り込もうと歩道側から
飛び出してきた運転手の腕に、こちらのミラーがかすったものだった。

気付いてすぐに停車したのだが、
たまたま後方を走行していた警察車両(刑事課の捜査車両らしい)が、
なぜか私がかなり先まで進んで信号待ちで止まった
と報告したまま立ち去ったため、ひき逃げ前提の実況見分となった。

警察官からは実況見分で

「ひき逃げするような人には運転してもらいたくない!」

などと罵られ、
初めての事故という心労もあって抑鬱状態になり、
事情聴取の際には、
心療内科の診断書を提示して、配慮も求めていただけに、
取り囲んで怒鳴りつけるということがどうにも許せなかった。

そういったことを含めて、公安委員会に苦情を申し立てたが、
回答は

「適正だった」

の一言。
電話で「ひき逃げと決めつけて罵ることも、
取り囲んで怒鳴りつけることも適正ということか?」

確認したが、それ以上の説明は一切行わないとのことだった。


        
648: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/20(月) 23:51:59.17 ID:Mp1NN1lM

>>645
それはどこの都道府県警の話?酷くね?

    
650: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/21(火) 00:25:11.72 ID:I86Vztk/

>>648
東京の横のC県です。
最初は交通課長あてに電話で苦情を伝えたのですが、
そういう報告はあがっていないと
いうことで不信感を持ち、公安委員会宛に文書を出しました。
あの場で救急車を呼ぶなど、記録に残るようにしておけば良かった。

公安委員会の担当者からは、承服できないならば訴訟を起こすなり、
被害届をだすなりすればいいといわれました
(助言というよりは「どうぞ、お好きなように」的な感じで)。
刑事課に被害届の相談に行ったのですが、
被害届を受け付けるかどうか、署内で検討するといわれ、
その後、電話があり、柏警察署としては被害届は受け付けないと
口頭のみで返答がありました(文書では回答しないと)。

          
651: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/21(火) 01:05:00.54 ID:lxvs1jpZ

>>650
そういうケースだと社会派の弁護士と朝日新聞とか赤旗が役に立つ
遣り取り録音していたなら、そのまんまネットに流すって荒業も
使えたんだけどねぇ


          
655: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/21(火) 08:09:09.57 ID:I86Vztk/

>>651
実際、録音は必須だと思った。
後から苦情を言っても

「はあ? そんなこといいましたぁ?」

的な人を馬鹿にしたような対応。

修羅場とは微妙に違うかも知れないが、
当時、急性心筋梗塞で倒れた時の話。

朝、起床してベッドを抜け出すときに、
胸の真ん中あたりにちょっと大きめの痛みを感じた。
しばらくすると、痛みは軽くなり、朝食も普通に食べられた。

一日中、熱っぽく体もだるい感じで、
夜になって痛みが増してきたので、救急外来に出向いて
診察を受けたら、急性心筋梗塞の疑いで、
そこでは処置できないとのことで、
別の病院に救急搬送されることになった。

すぐに手術室に運び込まれ、処置してもらったが、
もうちょっと遅くなると深刻な後遺症が
残るか、最悪では死んでいたかも知れないとのことだった。

急性心筋梗塞なんていうと、ドラマのように胸を押さえて
その場で意識を失うようなイメージを持っていたので、
どうにも実感が湧かないまま、
集中治療室で完全固定されたまま眠れぬ一夜を明かした。

関連記事


コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


---スポンサードリンク---


△ページトップへ戻る
最新記事
毎日更新


a href=/ul